また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1168171 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

伯耆大山ユートピア6月の花 砂滑り↑↓1636ピークまで

日程 2017年06月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候気温 博労座≒5:00 12℃、ユートピア≒8:00 6.5℃ 下界晴れ 大山上部ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
豪円山キャンプ場(美化センター)駐車
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
15分
合計
6時間45分
S豪円山駐車場04:5505:25元谷07:57上宝珠越08:10ユートピア小屋08:2009:501636ピーク09:5510:30上宝珠越11:15元谷11:40豪円山駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行きは写真撮りながらゆっくり歩きました
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

北壁に朝日
天気予報は晴れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北壁に朝日
天気予報は晴れ
2
変な雲が近づいてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変な雲が近づいてきた
雪渓は曲がり角あたりまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓は曲がり角あたりまで
雪渓終点 といっても砂利の下に埋まっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓終点 といっても砂利の下に埋まっている
1
状態良好です 下りが楽しみ
いつものとおり左際を登ります
落石は起きませんでしたが要注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
状態良好です 下りが楽しみ
いつものとおり左際を登ります
落石は起きませんでしたが要注意
2
上宝珠越への登り口に着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上宝珠越への登り口に着いた
1
取りつき部は足場少ないのでロープに掴まって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取りつき部は足場少ないのでロープに掴まって
1
上宝珠越に着きました
降り口には立ち入り禁止看板が・・
大雨が降って雪が溶ければ岩盤が露出しますが当分は大丈夫と思われます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上宝珠越に着きました
降り口には立ち入り禁止看板が・・
大雨が降って雪が溶ければ岩盤が露出しますが当分は大丈夫と思われます
3
宝珠尾根と剣谷
ガスがやって来る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝珠尾根と剣谷
ガスがやって来る
今年は少し寝ています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は少し寝ています
1
満開ちょっと過ぎたかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開ちょっと過ぎたかな
1
ユートピア小屋外の温度計は6.5℃
西風が吹いて寒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋外の温度計は6.5℃
西風が吹いて寒い
このガスは冷たい空気とともにやって来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このガスは冷たい空気とともにやって来た
1
ダイセンクワガタ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイセンクワガタ
1636ピークを50mほど通過してここで折り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1636ピークを50mほど通過してここで折り返し
1
ツガザクラ
もう終わったかと思っていたけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
もう終わったかと思っていたけど
1
今年は遅い、ほとんど蕾で数株のみ1番花が開花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は遅い、ほとんど蕾で数株のみ1番花が開花
1
危険地帯
墓場尾根付近、登山道が崩れています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯
墓場尾根付近、登山道が崩れています
1
真っすぐ行くと崖に
下り方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っすぐ行くと崖に
下り方向
1
危険地帯
1636ピークの先の曲がり角、元谷側が崩壊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯
1636ピークの先の曲がり角、元谷側が崩壊
1
元谷側草付きが落ちてエッジ状に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷側草付きが落ちてエッジ状に
2
写真左側が大きく崩落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真左側が大きく崩落
危険地帯
ここも崩れたか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯
ここも崩れたか
なぜか象ケ鼻の石は堅い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか象ケ鼻の石は堅い
カメラの水準器で水平に合わせた砂滑りの斜度です
斜度が有るので砂利が流れてエスカレーターのように楽に下れます


拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラの水準器で水平に合わせた砂滑りの斜度です
斜度が有るので砂利が流れてエスカレーターのように楽に下れます


1
下宝珠越ユートピア登山口通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下宝珠越ユートピア登山口通過
治山道路下山中に遭遇
たぬき?あなぐま?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山道路下山中に遭遇
たぬき?あなぐま?
4

感想/記録

寒気が入ったのか上部はガスに包まれ早春並みの寒さでした。
2013.6.10チドリ開花、オダマキつぼみ
2014.6.15チドリ開花、オダマキ開花
2015.6.13チドリ終了、オダマキ開花
2016.6.20チドリ終了、オダマキ開花末期
2017.6.12チドリ開花、オダマキ開花初期
記録を辿って見ました。年によっていろいろです。

訪問者数:435人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/30
投稿数: 600
2017/6/13 19:56
 オダマキ
毎年楽しみにしています。オダマキ情報ありがとうございます。
まだ固い蕾ですね。でも数日後に行ってみようと思います。
イワカガミやツガザクラもたくさんですね。
もしかしてノビネチドリに会えればラッキーですね(^^♪
登録日: 2010/12/30
投稿数: 241
2017/6/13 21:21
 Re: オダマキ
aoitori さん こんにちは
真紅のサラサドウダンがきれいに撮れていましたね
オダマキをきれいに写そうと思うのですがうつむいているのでうまく撮れません
数日もすれば順次開花しているのではと思いますよ
いろいろな花が真っ盛りですので楽しんでください
登録日: 2016/12/1
投稿数: 13
2017/6/16 7:41
 ノビネチドリ
ご無沙汰しております。
二、三年前この付近の大きなノビネチドリがなくなったとききました。
詳細はよくわかりませんが
saeki様はgps機器なしのアナログ派でしょうか?

この時期になると一ノ沢の件が思い出されてしかたありません。
改めてsaeki様の当時の記録をみると記憶が鮮明になります。
登録日: 2010/12/30
投稿数: 241
2017/6/16 21:11
 Re: ノビネチドリ
hennahone さん ご無沙汰しております
2013年に初めて見てから今年で5回目、ここのは毎年見れています。
2013年はいくらか先のほうに小さめのがもう2株有ったのですが翌年には見えませんでした。足場が崩れたのかもしれませんけど・・
大事に育ってほしいものです

gpsは持ってないです。山歩きは五感に頼るアナログ派です。不安なところは地図を持参します。ウォッチの標高計とコンパスで確認することもあります。レコの赤線は手書きであまりあてにはなりません。
大山周辺では少しずつエリアを広げながらしょぼい脳内メモリーに地形や映像を蓄積しています。しかし視界の利かない平坦な林に入ると方向感覚が無くなることは体験していますので太陽が見えない日やガスの日はそういうところに入らないようにしています。

一ノ沢、この季節でしたね・・ 
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ