ヤマレコ

記録ID: 1168570 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

青苔荘〜ニュウ〜中山〜白駒荘〜青苔荘

日程 2017年06月11日(日) 〜 2017年06月12日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒の池(500円/24時まで)利用。
麦草峠の方は満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
16分
休憩
2時間46分
合計
3時間2分
S白駒の池 駐車場12:3212:45青苔荘15:3115:34宿泊地
2日目
山行
4時間52分
休憩
4時間13分
合計
9時間5分
宿泊地05:3007:03ニュウ07:0508:24中山08:28中山展望台09:0509:58高見石小屋10:1810:19高見石10:2010:46白駒荘11:4912:02白駒の池12:09青苔荘14:1914:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報奥蓼科温泉へ。日帰り温泉1,500円は少し高く、車で30分なので遠いが、それを払拭するだけの価値はあったと思う。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 メリノスピン®ソックス EXPロング スキンメッシュ®ソックスレギュラー メリノスピン®グローブ ポリゴン2ULジャケット スペリオダウンパンツ エバーブレス®フォトン レイルオンハット バルトロ75 ストック テント コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット リップクリーム スマートフォン プロトレック サングラス パックタオル プリムスシングルバーナー ガス缶 ライター ライテックトレックケトル&パン シェラカップ カラトリー プラティバス ウイスキー 飲料 寝袋 サーマレスト ランタン 朝食 昼食 夕食

写真

テン場
2017年06月11日 13:18撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場
3
おでん
2017年06月11日 13:32撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おでん
3
2017年06月12日 05:36撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2017年06月12日 05:40撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒湿原
2017年06月12日 05:57撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒湿原
2
にゅう山頂
2017年06月12日 07:06撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にゅう山頂
3
中山峠と中山山頂の中間
2017年06月12日 08:11撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠と中山山頂の中間
中山山頂
2017年06月12日 08:38撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山山頂
高見石小屋
2017年06月12日 09:59撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋
1
白駒荘のカレー
2017年06月12日 11:11撮影 by SO-04H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白駒荘のカレー
1

感想/記録

今回のテン泊、非常に充実した山行だった。
まず青苔荘。日・月曜日だったので、テン場がガラガラ。季節もあるのかもしれないが、ほぼ貸切状態。青苔荘の方も非常に親切な方々だった。
特筆すべき点は、トイレ。非常にキレイ!過去行った山小屋、キャンプ場の中で、ダントツの1位です。この状態を利用者みんなで維持できれば、最高だと思います。
翌日ニュウへ。途中看板で、「ニュウ」、「にう」とか書き方がバラバラなので、統一すれば良いのにと思いながら、最初は苔が新鮮で見ながら歩いていたが、2時間弱森の中でその状態が続くので、多少飽きてくるが、「にゅう」に到着すると、良い天望が待っていたので、非常に満足度が高かった。
そのまま中山峠、中山へと向かうが、中山へ到着した際は冷たい風が吹いていて、あまり長いが出来なかった。
そこから高見石小屋へと向かうが、なぜか人が通る道だけ雪が残っており、軽アイゼンがあればもっと早く下山出来たかもしれない。無くても特別危険ではないが、その部分だけポールと使うと余計は気配りをしないで下山出来ると思う。
そのまま白駒荘へ向かい、早めの昼食。青苔荘は下町、白駒荘は山の手のイメージで、白駒荘はちょっとオシャレな感じだった。

6月10or11日が入梅だったので、天候が非常に心配だったが、天候にも恵まれた非常に充実した山行だった。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ