ヤマレコ

記録ID: 1170088 全員に公開 アルパインクライミング谷川・武尊

谷川岳 一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜

日程 2017年06月15日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りガスのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間48分
休憩
3分
合計
9時間51分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ05:0305:24巌剛新道登山口05:2506:05一ノ倉沢13:59一ノ倉沢14:34巌剛新道登山口14:3514:53土合口駅/谷川岳ベースプラザ14:5414:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

出合より一ノ倉沢
ガス!
2017年06月15日 06:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出合より一ノ倉沢
ガス!
1
衝立岩
2017年06月15日 06:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衝立岩
2
中央稜取り付き
見送ります
2017年06月15日 07:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜取り付き
見送ります
南稜へ向けトラバース
2017年06月15日 07:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜へ向けトラバース
順番待ちし登攀開始。1Pはtanukigo妻リード
2017年06月15日 08:23撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順番待ちし登攀開始。1Pはtanukigo妻リード
1
先行パーティーが詰まっています
2017年06月15日 08:27撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行パーティーが詰まっています
右上した後、直上
2017年06月15日 09:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上した後、直上
3P
草付。コンテで抜ける
2017年06月15日 09:19撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P
草付。コンテで抜ける
4P
上部ハング下を左から回り込みます
2017年06月15日 09:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4P
上部ハング下を左から回り込みます
フォローのT妻
2017年06月15日 09:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローのT妻
5P
馬の背リッジへ
2017年06月15日 09:52撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5P
馬の背リッジへ
1
フォローのtanukigo
高度感が気持ち良い
2017年06月15日 10:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローのtanukigo
高度感が気持ち良い
1
6P
リッジから上部チムニーへ。
快適
2017年06月15日 10:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6P
リッジから上部チムニーへ。
快適
この区間のみ快適
2017年06月15日 10:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この区間のみ快適
7P
核心ピッチ。
2017年06月15日 10:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7P
核心ピッチ。
出だしより濡れ濡れでかなり嫌らしい
2017年06月15日 10:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしより濡れ濡れでかなり嫌らしい
滝沢スラブ
いずれヤル
2017年06月15日 11:03撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝沢スラブ
いずれヤル
1
終了点より烏帽子岩
出合より望む要望よりは思いのほかキャシャ
2017年06月15日 11:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点より烏帽子岩
出合より望む要望よりは思いのほかキャシャ
下降は6ルンゼ側へ
2017年06月15日 11:20撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降は6ルンゼ側へ
1
下降開始
2017年06月15日 11:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降開始
下降2P
空中気味になる区間も
2017年06月15日 11:35撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降2P
空中気味になる区間も
2
振り返って衝立岩
2017年06月15日 13:40撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って衝立岩
1
一ノ倉沢出合より
2017年06月15日 14:03撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢出合より
1

感想/記録

05:03  ベースプラザ
06:05  一ノ倉沢出合
07:23  南稜取り付き(順番待ち)
08:22  1P(登攀開始)
09:01  2P
09:13  3P
09:32  4P
09:51  5P
10:30  6P
10:46  7P
11:12  登攀終了
11:27  下降開始
12:49  南稜取り付き
13:59  一ノ倉沢出合
14:54  ベースプラザ

梅雨入りしたにも関わらず梅雨空らしくは無い晴天が続く中、まだ雪渓が残り容易にアプローチが出来る一ノ倉沢南稜へ行ってきました。
前夜、水上の道の駅まで入ります。天気予報では夜半から快晴の予報でしたが、天気予報に反し、断続的では無いものの雨。翌朝の登攀に不安を感じながらも、仮眠を取り起床。
心配していた雨は上ったものの、谷川連峰には分厚いガスが掛かり、アプローチ敗退覚悟で一ノ倉沢出合を目指します。 出合より天候兆しはあまり期待を持てないまま、天気予報を信じ南稜取り付きへとテールリッジを詰めて行きます。濡れたテールリッジは、予想以上にフリクションが効かず慎重に進み取り付きへ。
驚く事に、すでに取り付きには3パーティーが準備中。順番待ちをしている内にもう1パーティー合流し計5パーティーが平日にも関わらず南稜を登攀する事になりました。
順番待ちの時間を利用し、ゆっくり準備をし登攀開始。

1P  スラブから左上した後、下部核心であるチムニーを登る。
出だしより岩は濡れ、フリクションは効かず慎重に高度を上げチムニーへ。ビショビショに濡れたチムニーはグレード以上の難易度に感じた。
2P  急なフェースを右上気味に進んだ後、直上。 残置が少なく、ランナウト気味に高度を上げる。相変わらずフリクションの効きは甘いが、ホールドスタンスは豊富。
3P  草付。  コンテで進む。
4P  頭上のハング下を左から回り込み、上部リッジ末端でピッチを切る。
5P  出だし残置が少なくランナウト気味に高度を上げ、馬の背リッジへ。ホールドスタンス豊富なピッチで、高度感が気持ち良い。
6P  リッジから短いチムニーへ。ホールドスタンス豊富で快適。
7P  核心ピッチの垂璧。細かいながらホールドスタンスは豊富に有り、おそらく乾いていれば快適なフェース。
しかし本日は濡れていて、ホールドは有るもののスタンスが取れなくもたつきながらも抜け、登攀終了。

下降は6ルンゼを2P懸垂した後南稜へ戻り、細かく3P懸垂し取り付きへ戻りました。
ルートグレード的には、難しくはないものの岩全体が濡れていて快適な登攀とはかけ離れ、再び好条件の際に訪れ、次回は国境稜線を目指します。

訪問者数:450人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ