また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1170344 全員に公開 ハイキングヨーロッパ

★霊山グレンダロッホをハイキング アイルランド西海岸ケルト文化とフラワーハイキング10日間3日目 Glendalough

日程 2017年06月07日(水) 〜 2017年06月16日(金)
メンバー , その他メンバー8人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー
ダブリン空港から専用車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

遠くからでもひときわ目立つのはグランドタワーです。
石造りの教会跡などの建築物がひっそりと残るこの地にしばらくたたずんで、修行僧が暮らした時代や風景を想像していただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くからでもひときわ目立つのはグランドタワーです。
石造りの教会跡などの建築物がひっそりと残るこの地にしばらくたたずんで、修行僧が暮らした時代や風景を想像していただきました。

感想/記録

公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージ気如∧發エコツアーデザイナーの有吉寿樹です。
アイルランド西海岸ケルト文化とフラワーハイキング10日間3日目
アイルランドの霊山グレンダロッホ
Glendalough
の引率が無事に終わりました。
皆様のご協力に感謝です。

グレンダロッホは、アイルランドのキリスト教の聖地です。
ここグレンダロッホで修行を行い、瞑想をしたというケヴィン聖人。
それ以降のキリスト教初期の教会があります。
ヨーロッパ中から修行僧が集まり修行をしたそうです。
まるで日本の高野山のようです。

「7つの教会の街」とよばれ宗教的に何回か栄枯盛衰がありました。
バイキングなどの侵入があったり、イギリスのアイルランド支配があったりしても、石造りの建築物が残っているのは驚きです。

石造りの教会跡などの建築物がひっそりと残るこの地にしばらくたたずんで、修行僧が暮らした時代や風景を想像していただきました。

遠くからでもひときわ目立つのはグランドタワーです。
高さ33メートル、近くに行くと約3メートルほどの高さに入り口があります。
これは侵入者があった時にはしごをかけてここから塔内に入り、避難したそうです。

ケヴィン聖人教会大聖堂跡では、当時の屋根が石造りでなかったために、今では屋根の痕跡がありません。
内部入って様子を観察していただきました。
残ったアーチの一部にロマネスク様式の特徴なども見ることができました。
周辺にはアイルランド独特の石碑ハイクロスの姿も見ることができます。
シャクナゲも最盛期でした。

現在でも庶民の信仰の場所としてあり、墓地として利用されていました。

アイルランドはイギリスの西隣の島国ですが、その雰囲気はむしろラテンに近く、独特の文化を皆様に歩いて楽しんでいただきました。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テン タワ シャクナゲ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ