ヤマレコ

記録ID: 1171501 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳〜横岳〜硫黄岳

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やまのこ村駐車場利用。
1日1000円。ここまでの道のりはかなり悪路。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
2時間33分
合計
9時間56分
Sやまのこ村05:2405:31美濃戸山荘06:26中ノ行者小屋跡06:2807:11行者小屋07:2907:37阿弥陀岳分岐08:27文三郎尾根分岐08:2808:43赤岳08:4608:47竜頭峰08:47赤岳09:0209:06赤岳頂上山荘09:2409:46赤岳天望荘09:4709:50地蔵の頭09:56二十三夜峰09:5910:07日ノ岳10:1010:15鉾岳10:1710:18石尊峰10:2110:28横岳(三叉峰)10:3410:41無名峰10:4410:49横岳(奥ノ院)11:4111:51台座ノ頭12:07硫黄岳山荘12:0812:31硫黄岳12:45赤岩の頭12:4713:39ジョウゴ沢13:4013:43大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:4413:49赤岳鉱泉14:0414:37堰堤広場15:09美濃戸山荘15:12赤岳山荘15:1515:19やまのこ村15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
くさり場、はしご多々ありますが、特になし
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

やまのこ村。人のよさそうなオーナーさんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまのこ村。人のよさそうなオーナーさんでした。
5時過ぎに到着。かなり満車だけど続々と入ってきてた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時過ぎに到着。かなり満車だけど続々と入ってきてた。
今日は赤岳から攻めるので、右側の南沢から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は赤岳から攻めるので、右側の南沢から。
行者小屋までの道のり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋までの道のり。
北アルプスとはまた違う雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスとはまた違う雰囲気。
行者小屋までの道のり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋までの道のり。
行者小屋までの道のり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋までの道のり。
やっと日差しが当たり始めた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと日差しが当たり始めた〜
日が当たると綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たると綺麗。
河原に出た〜。風がキンキンに冷たかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に出た〜。風がキンキンに冷たかった。
ここにヘリポート?誰のためなんだろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにヘリポート?誰のためなんだろ。
1
ここまで来ると行者小屋はもうすぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると行者小屋はもうすぐ
行者小屋。思いっきり逆行…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋。思いっきり逆行…
1
行者小屋からの赤岳。すぐそこって感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋からの赤岳。すぐそこって感じ。
1
地蔵尾根か文三朗尾根か悩んだ挙句、文三郎尾根を選択。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根か文三朗尾根か悩んだ挙句、文三郎尾根を選択。
ぐんぐん高度を上げていきます。行者小屋ももうあんな下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐんぐん高度を上げていきます。行者小屋ももうあんな下。
階段コースとは知っていたものの…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段コースとは知っていたものの…
天国への階段ってよりも、地獄の階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天国への階段ってよりも、地獄の階段
けど、この景観がずっと見えるから頑張れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けど、この景観がずっと見えるから頑張れる
蓼科山も見えてきた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山も見えてきた〜
阿弥陀岳も目の前。あっちもすごいところを登ってるのが見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳も目の前。あっちもすごいところを登ってるのが見える
1
これから向かう横岳と硫黄岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう横岳と硫黄岳
でも、あの分岐まで階段が続く…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、あの分岐まで階段が続く…
マムート階段!危うく気が付かずにスルーするところだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムート階段!危うく気が付かずにスルーするところだった
4
天狗岳も見えました〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳も見えました〜
稜線出た〜!阿弥陀岳までも気持ちよさそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線出た〜!阿弥陀岳までも気持ちよさそう。
2
文句なしの天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文句なしの天気
ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド赤岳!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド赤岳!
6
ここから岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから岩場
これに癒された〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これに癒された〜
3
まだ頂上じゃないのかよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ頂上じゃないのかよ〜
1
けど、ここで富士山!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けど、ここで富士山!!!
最高の眺めです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の眺めです
来た〜!!!赤岳頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た〜!!!赤岳頂上
4
ピークは人が沢山なので、赤岳頂上山荘で一休み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークは人が沢山なので、赤岳頂上山荘で一休み
北八ヶ岳方面。それにしても最高の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳方面。それにしても最高の眺め。
硫黄岳まで行くので、休憩もそこそこで一気に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳まで行くので、休憩もそこそこで一気に下ります。
ここまでの下りがきつかった〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでの下りがきつかった〜。
次は横岳目指していきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は横岳目指していきます
え?あそこ登るの?崖よじ登ってない?って感じでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え?あそこ登るの?崖よじ登ってない?って感じでした
2
後ろを振り返って、赤岳と阿弥陀岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返って、赤岳と阿弥陀岳。
また振り返って赤岳。さすが主峰って感じの佇まい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また振り返って赤岳。さすが主峰って感じの佇まい。
さっき見えてた崖。そんなでもないけど結構急。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき見えてた崖。そんなでもないけど結構急。
登り切ったけど、横岳はもっと先〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったけど、横岳はもっと先〜
久しぶり高度感を感じた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶり高度感を感じた
1
中央アルプスと南アルプス方面(多分)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスと南アルプス方面(多分)
八ヶ岳ってこんな看板がいっぱいある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ってこんな看板がいっぱいある
振り返ると赤岳は雲の中。早く登っておいて良かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると赤岳は雲の中。早く登っておいて良かった〜
1
横岳到着!ここでランチタイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳到着!ここでランチタイム。
4
あれ?硫黄岳方面も雲が上がって来てる?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?硫黄岳方面も雲が上がって来てる?
お腹も満たされたし、最後の目的に硫黄岳へ出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹も満たされたし、最後の目的に硫黄岳へ出発
またこれまでとは違った雰囲気になってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またこれまでとは違った雰囲気になってきます
ゆる〜い丘みたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆる〜い丘みたい
1
不思議な山肌。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な山肌。
こんなとこを通過して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなとこを通過して
1
硫黄岳への最後の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への最後の登り
え?ここがピーク???だだっ広い石の丘。不思議な山。
あまりにもあっけとられて、早々に下山を開始。笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え?ここがピーク???だだっ広い石の丘。不思議な山。
あまりにもあっけとられて、早々に下山を開始。笑
4
あとは下るだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下るだけ
さっきの分岐からはひたすら樹林帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの分岐からはひたすら樹林帯
鉱泉だけあってすごい色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉だけあってすごい色。
赤岳鉱泉到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着
ここからもいい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからもいい眺め
あとは駐車場目指して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは駐車場目指して
やまのこ村到着。もちろんソフトクリーム!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまのこ村到着。もちろんソフトクリーム!
2

感想/記録

初めての八ヶ岳。天気にも恵まれて最高の山行でした。

行者小屋まではダラダラと登って行く感じで体を温めるにはちょうどいい。案外高度も上げていて行者小屋から赤岳はすぐそこって感じ。

赤岳まで地蔵尾根か文三郎尾根か悩んだ挙句文三郎尾根を選択。階段とは聞いてたもののホントに凄い階段。下りはここを使いたくないと思うほどの急な階段。けど景色は抜群。登りならまた登ってもいいかな。
赤岳から地蔵の頭もこれまた急な下り。結果として文三郎尾根を登って来て良かった。ここのピストンは心が折れそう。。。
横岳までの登り返しもこれまた急な岩場。でも怖くもなく面白い。
硫黄岳のピークは、ピーク感が全くなくだだっ広い岩の広場。達成感もなくほとんどスルー状態でした。笑

横岳に着く前からは赤岳に雲がかかり始め、先に赤岳から登っておいてホントに良かった。逆回りしてたらきっと地蔵の頭から下山してる。笑

比較的短時間で稜線に出られて日帰りで縦走まで出来て、北アルプスとはまた違った雰囲気で、山登りを始めた頃の感動を思い出しました〜。
訪問者数:490人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ヘリポート 山行 ピストン 地蔵 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ