また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1171658 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

横岳(杣添尾根ピストン)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆登山口までのアクセス☆
国道141号から八ヶ岳高原ロッジを目指せばすぐに着く。
全体的に広くて路面状況も良い舗装路。


☆駐車スペース☆
登山口付近に駐車場あり(10台程駐車可)。
路肩にスペースがあるが"私有地のため駐車禁止"の立て札がある場所は避けたほうがよさそう。

朝7:30到着時点で満車状態で路駐も多数してありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
1時間35分
合計
6時間37分
S海ノ口自然郷 横岳登山口07:3707:55東屋07:58沢の木橋08:51「ここが中間点」標識08:5309:36横岳展望地点10:31無名峰10:36横岳(奥ノ院)11:0411:10無名峰11:17横岳(三叉峰)12:1912:48横岳展望地点12:5013:13「ここが中間点」標識13:1413:50沢の木橋13:54東屋14:12海ノ口自然郷 横岳登山口14:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆コース全体☆
樹林帯には所々に残雪があるので踏み抜きや転倒に注意。
踏み抜くと足首以上は埋まるのでゲイターは装着したほうが良さそう。
またアイゼンやピッケルは必要無い。


1. 杣添尾根登山口~森林限界迄
●樹林帯の急登。
●2,300m付近から徐々に残雪が出てくる。
●積雪期のものと思われるピンクテープがあったので追わないように。
●トラバース道は所々夏道が埋まっているが踏み跡が濃いところを追えば基本問題ない。

2. 森林限界越え~横岳(三叉峰)
●ハイマツ帯の急登。
●残雪は無かった。

3. 横岳(三叉峰)~横岳(奥ノ院)
●稜線上の縦走路。
●西側は断崖絶壁だが道幅は広く危険箇所は無い。
●鎖場は無いが二箇所だけ短い梯子がある。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

殆ど車は無いだろうと思っていたのが甘かった…。
多数の路駐車が出るほどの盛況ぶりでした。
2017年06月17日 14:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殆ど車は無いだろうと思っていたのが甘かった…。
多数の路駐車が出るほどの盛況ぶりでした。
1
登山口からスタート。
2017年06月17日 07:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からスタート。
富士見岩遊歩道を通って行く。
2017年06月17日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見岩遊歩道を通って行く。
しばらく歩くと富士見岩と杣添尾根の分岐がある。
2017年06月17日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと富士見岩と杣添尾根の分岐がある。
開けた所から横岳が見えた!
2017年06月17日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた所から横岳が見えた!
東屋のある広場に到着。
2017年06月17日 07:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋のある広場に到着。
ここから登山道っぽくなる。
2017年06月17日 07:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道っぽくなる。
沢の木橋を渡ると急登の始まり。
2017年06月17日 07:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の木橋を渡ると急登の始まり。
樹林帯の急登。
そこまで長い区間ではないけれど目印になるものが無いのが辛い。
2017年06月17日 08:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の急登。
そこまで長い区間ではないけれど目印になるものが無いのが辛い。
標高が上がるにつれて植生が変わっていく。
2017年06月17日 08:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれて植生が変わっていく。
残雪が出てきた。
2017年06月17日 09:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が出てきた。
この辺りから尾根をトラバースするように道がつけられている。
2017年06月17日 09:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから尾根をトラバースするように道がつけられている。
傾斜があるけどグズグズの腐れ雪なので滑落することは無いか。
2017年06月17日 09:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜があるけどグズグズの腐れ雪なので滑落することは無いか。
1
午前中はこのように踏み抜くことなく進めた。
2017年06月17日 10:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中はこのように踏み抜くことなく進めた。
横岳の稜線が見えてきた!
2017年06月17日 10:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の稜線が見えてきた!
ハイマツのトンネルを抜けると踊り場のような場所にでた。
2017年06月17日 10:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツのトンネルを抜けると踊り場のような場所にでた。
赤岳の展望。
頂上がガスっていて残念。
2017年06月17日 10:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の展望。
頂上がガスっていて残念。
三叉峰まではハイマツの道。
キチンと道ができており藪漕ぎするような感じではない。
2017年06月17日 10:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰まではハイマツの道。
キチンと道ができており藪漕ぎするような感じではない。
ハイマツと岩場の急登。
2017年06月17日 10:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツと岩場の急登。
ようやく分岐の道標が見えてきた。
2017年06月17日 10:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく分岐の道標が見えてきた。
三叉峰の分岐に到着。
2017年06月17日 10:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰の分岐に到着。
三叉峰最高地点。
特に標識などは無かった。
2017年06月17日 11:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰最高地点。
特に標識などは無かった。
南側には石尊峰(手前)と赤岳~中岳~阿弥陀岳。
2017年06月17日 10:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には石尊峰(手前)と赤岳~中岳~阿弥陀岳。
阿弥陀岳の向こうには中央アルプス。
2017年06月17日 10:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の向こうには中央アルプス。
北側には横岳最高峰の奥之院まで続く稜線。
この日は北アルプスまで眺めることができた。
2017年06月17日 10:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には横岳最高峰の奥之院まで続く稜線。
この日は北アルプスまで眺めることができた。
奥之院までは少しガレているが特に危険な所も無く進める。
2017年06月17日 10:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥之院までは少しガレているが特に危険な所も無く進める。
二箇所階段があるので少し渋滞するかも。
2017年06月17日 11:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二箇所階段があるので少し渋滞するかも。
横岳(奥之院)登頂!
2017年06月17日 11:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳(奥之院)登頂!
1
北側には硫黄岳まで続く稜線。
進みたいけど戻ってくるのが面倒なので次の機会に。
2017年06月17日 10:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には硫黄岳まで続く稜線。
進みたいけど戻ってくるのが面倒なので次の機会に。
南側は赤岳まで続く稜線…が見えるはずだけどガスって見えなくなった。
2017年06月17日 11:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は赤岳まで続く稜線…が見えるはずだけどガスって見えなくなった。
ミヤマキンバイ。
2017年06月17日 11:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
オヤマノエンドウ。
2017年06月17日 12:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ。
赤岳が頭を出してくれたのでパチリと。
2017年06月17日 12:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳が頭を出してくれたのでパチリと。
杣添尾根を下って帰る。
下りでも沢山の人達とすれ違った。意外と人気があるんだな。
2017年06月17日 12:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杣添尾根を下って帰る。
下りでも沢山の人達とすれ違った。意外と人気があるんだな。
帰りの残雪地帯は踏み抜き多発で厄介だった。
2017年06月17日 12:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの残雪地帯は踏み抜き多発で厄介だった。
撮影機材:

感想/記録

八ヶ岳の横岳に登ってきました。

赤岳~硫黄岳の稜線は西側にある赤岳鉱泉を起点に縦走するのが一般的だと思うけど、敢えて東側の杣添尾根から登ってみました。
チェックポイントが無いので樹林帯の登りは長く感じますが、その分展望が開けたときの喜びは大きいですね。
訪問者数:263人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ