また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1171747 全員に公開 沢登り中国山地西部

20170617 大谷右谷(十方山)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瀬戸滝登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
40分
合計
7時間54分
S瀬戸の滝登山口 駐車場07:1907:45大谷橋08:0513:00論所(十方の湧水)13:15十方山13:3513:58十方山登山道合流14:18三ッ倉遭難碑下15:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢登り
その他周辺情報お風呂:魅惑の里600円
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 カメラ ロープ30m ハーネス ヘルメット ATC ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング 渓流シューズ キャメロット(0..75 1 2)

写真

熊鈴と意味不明な独り言を叫びながら県道を歩く。
2017年06月17日 07:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊鈴と意味不明な独り言を叫びながら県道を歩く。
1
早めに沢に降りたがまだ体が登れる気がしなかったので、踏みあとに戻った。
2017年06月17日 08:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早めに沢に降りたがまだ体が登れる気がしなかったので、踏みあとに戻った。
3
水が少ない。
2017年06月17日 09:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が少ない。
コスギナエの滝。
2017年06月17日 10:15撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コスギナエの滝。
1
水流はチョロチョロ
眺めるだけ。
2017年06月17日 10:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流はチョロチョロ
眺めるだけ。
ゴルジュの突き当たりの滝。
前回どおり、滝の右の大岩の隙間を登った。
2017年06月17日 10:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュの突き当たりの滝。
前回どおり、滝の右の大岩の隙間を登った。
2
プレートが付けてあるトチの巨木。
2017年06月17日 10:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレートが付けてあるトチの巨木。
1
水芯から右に抜ける。
2017年06月17日 12:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芯から右に抜ける。
最後の分岐右俣へ。
2017年06月17日 12:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の分岐右俣へ。
登山道に合流。
2017年06月17日 13:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に合流。

感想/記録

昨年、大谷右谷を遡行した際、詰めを誤って論所に抜けることが出来なかったのが心残りだった。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-848583.html

今回は、最後の小さな二俣の右が細い倒木に覆われており、そこを少し辿ると堀割かあり、無事に論所に出ることが出来た。

二週間前、比婆山を歩いていたら急に左足腓骨の頭が痛み始め、途中下山した。

翌日、整形外科へ行った。

わたし「スキーばっかりしてました。疲労骨折でしょうか??」
医者「そこも膝の関節だ。レントゲンとってみよう」

医者「なんともない。そういう年齢だ。サポーター巻くなり工夫しなさい。湿布だそうか?」
わたし「市販の湿布買いました。結構です」

フェルビナク5.0貼ってサポーター巻いて登り、ヨチヨチ下山した。
登りはなんともない。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

熊鈴 右俣 倒木 ゴルジュ スギ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ