また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172307 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

東おたふく山

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路・復路:阪急芦屋川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
3時間9分
合計
8時間10分
Sロックガーデン入口10:3010:34高座の滝10:48芦屋地獄谷10:4910:53小便滝10:5411:03Aケン11:10Bケン跡11:20万物相11:40キャッスルウォール(基部)11:4411:55ブラックフェース(基部)12:00ボルダー群上部12:1012:25荒地山13:12雨ヶ峠13:25東おたふく山15:5016:51荒地山への分岐17:09荒地山17:1817:22黒岩17:2617:28プロペラ岩17:3318:02キャッスルウォール(基部)18:0318:26高座の滝18:3518:40ロックガーデン入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本、よく整備された登山道です。(荒地山周辺は、道迷いに注意)
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

ロックガーデン入口。今日は、ここから東おたふく山を目指します。
2017年06月17日 10:29撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデン入口。今日は、ここから東おたふく山を目指します。
まずは護摩堂にお詣りしました。
2017年06月17日 10:32撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは護摩堂にお詣りしました。
地獄谷の入口で準備を整え出発!
2017年06月17日 10:38撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷の入口で準備を整え出発!
小滝郡を乗り越えて進む。
2017年06月17日 10:44撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝郡を乗り越えて進む。
3
途中の滝で、渋滞中。
2017年06月17日 10:48撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の滝で、渋滞中。
3
今日の小便滝。(チョロチョロでした。)
2017年06月17日 10:55撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の小便滝。(チョロチョロでした。)
3
見晴らしが良い。
2017年06月17日 10:59撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしが良い。
6
A懸上部から万物相方面の展望。
2017年06月17日 11:02撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A懸上部から万物相方面の展望。
3
A懸上部から大阪方面の展望。今日は霞もなく、対岸の金剛山が良く見えていました。
2017年06月17日 11:02撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A懸上部から大阪方面の展望。今日は霞もなく、対岸の金剛山が良く見えていました。
5
万物相の奇景。
2017年06月17日 11:20撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万物相の奇景。
6
青空に映えます。
2017年06月17日 11:21撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えます。
5
対岸にキャッスルウォールが見えました。
2017年06月17日 11:37撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸にキャッスルウォールが見えました。
3
キャッスルウォール方面へ進む。
2017年06月17日 11:40撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャッスルウォール方面へ進む。
今日もドデカイ、キャッスルウォール。立派です。
2017年06月17日 11:42撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もドデカイ、キャッスルウォール。立派です。
5
ブラックフェース。
2017年06月17日 11:56撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラックフェース。
1
ビックボルダー。
2017年06月17日 12:06撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビックボルダー。
2
ウツギ。
2017年06月17日 13:03撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツギ。
3
ヤマアジサイ。
2017年06月17日 13:05撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ。
4
雨ヶ峠。
2017年06月17日 13:14撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠。
三角点、ゲット!
2017年06月17日 13:17撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点、ゲット!
2
東おたふく山に広がる草原。気持ち良いです。
2017年06月17日 13:21撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふく山に広がる草原。気持ち良いです。
2
2本の松の木陰でランチ休憩。
2017年06月17日 13:21撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本の松の木陰でランチ休憩。
2
今日は、トムヤンクンのカップヌードルとコーヒーを頂きました。
2017年06月17日 13:26撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、トムヤンクンのカップヌードルとコーヒーを頂きました。
8
マットを広げて、しばしお昼寝。
2017年06月17日 14:40撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マットを広げて、しばしお昼寝。
2
思いがけず、ササユリ発見!
2017年06月17日 14:33撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いがけず、ササユリ発見!
7
可愛いですね。
2017年06月17日 14:39撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛いですね。
6
こちらは、まだつぼみ。
2017年06月17日 14:30撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、まだつぼみ。
1
アザミ。
2017年06月17日 14:58撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ。
3
ニガナ。
2017年06月17日 14:59撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニガナ。
1
今日は、空気が澄んで見晴らしが良い。遠く「PLの塔」まで見えていました。
2017年06月17日 15:12撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、空気が澄んで見晴らしが良い。遠く「PLの塔」まで見えていました。
1
おっちゃんと共に荒地山に移動。黒岩で一休み。
2017年06月17日 17:24撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっちゃんと共に荒地山に移動。黒岩で一休み。
5
プロペラ岩上部から、下を覗き込む。高度感ありまくりで、怖い。
2017年06月17日 17:31撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロペラ岩上部から、下を覗き込む。高度感ありまくりで、怖い。
プロペラ岩。なんでこんな形の岩になったんでしょう。面白いです。
2017年06月17日 17:36撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロペラ岩。なんでこんな形の岩になったんでしょう。面白いです。
5
高座川まで下りてきました。水のお不動さんにお参りしました。
2017年06月17日 18:22撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座川まで下りてきました。水のお不動さんにお参りしました。
1
ロックガーデン下まで戻ってきました。お疲れ様でした。
2017年06月17日 18:25撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデン下まで戻ってきました。お疲れ様でした。
2

感想/記録
by kickey

今日は東おたふく山に行きました。

久々に山を歩く。最近、週末も忙しくて、全然山に行けておらず、体が重い。運動しないのに、暑くなるに伴い、ビールの消費量はどんどん増え、体重も増えてしまった。心肺機能が全然ついていっていないことを実感した。今日は近場の東おたふく山までの予定なので、無理をせず、ゆっくり進むことにした。

地獄谷で準備を整えて、出発。天気も良くて、ここを歩く人も多かった。小滝をクリアするのは、涼しくて気持ち良かった。途中の小滝で、渋滞が発生。子供達をロープで確保して、クリアしていました。子供達は、小さな冒険を楽しんでいる様子でした。

A懸垂岩上部で一休み。見上げると登山者の列が連なっているのが見えた。大阪方面を見下ろせば、対岸の金剛山や、PLの塔までも綺麗に見えていました。ここから、万物相、キャッスルウォール、ブラックフェースと進んで、荒地山ボルダー群上部で小休止。(テーブルロックは先客がおり、今日はパスしました)。

そこから、雨ヶ峠経由で、東おたふく山へ。気持ち良い草原が広がっていました。松の木の木陰を見つけて、ランチ休憩。カップラーメンとコーヒーを頂いた後、気持ちよくお昼寝しました。今日みたいな良い天気の日は、東お多福山の草原にマットを引いて、青空を見ながら、お昼寝するのが最高の贅沢ですね。

気がつくと、団体さんが近くに集まっています。よく見れば、ササユリが咲いているではないですか?開花しているのは1輪のみでしたが、淡いピンクのお花はとっても可愛かったです。更にお昼寝していると、おっちゃんが隣の松で腰を下ろして休憩を始めた。お話させて頂くと、「大阪の北千里から来た。朝はゆっくりしていたので、家を出るのが遅くなり、東おたふく山登山口までバスで来て、今から遅いランチ休憩とのこと。」いろいろと世間話をさせて頂いた後、「プロペラ岩が見てみたい」とのことだったので、帰りに道案内することにした。

荒地山山頂から一旦、黒岩に出て一休み。ここは気持ち良い展望台。『黒岩直前にある分岐(木にPのペンキ有り)』を見落とさないように、おっちゃんに伝えた。プロペラ岩の上部に到着し、上からプロペラ岩を覗き込む。昔、ロッククライミングを少し経験しているおっちゃんは、高いところが平気なようで、「こっちからは登れそうだね」等と言いながら、どんどん岩の縁に進んでいく。「さすがにフリーでは危ないでしょ」と諌めて、巻道を2人で下りた。初めて見るプロペラ岩に、おっちゃんも満足した様子でよかったです。(おっちゃん持参の荒地山マップは、簡略図で、マップを頼りには、プロペラ岩に辿り着けそうもありませんでした)。

おっちゃんは、石の彫刻等もやっているらしく、岩そのものにも、めちゃ詳しい。荒地山に、そこら中に無造作に転がる名も無き巨石群を興味深そうに眺めていました。キャッスルウォール経由で、高座の滝まで下りて、おっちゃんと別れた。(若い頃は冬の北アルプスにも遠征していたと伺いました。最近は体力が落ちて、もっぱら近場の箕面や六甲をよく歩いているとのこと。またどこかでお会い出来ればと思います)。

今日も良い山でした。

(水の消費量:1L)
訪問者数:226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/22
投稿数: 642
2017/10/1 13:24
 参考にさせて頂きました!
素敵なレコですね。
ちょくちょく閲覧させて頂きました。
今日、決行しました。広島からのため土地勘なく不安でしたが
kickeyさんのレコに助けられました。
いきなり驚かれそうですが御礼です^^;
登録日: 2013/6/16
投稿数: 248
2017/10/1 19:17
 Re: 参考にさせて頂きました!
botchi-zuさん、こんばんは。

広島から遠征されたのですね。レコがお役に立てて光栄です。
表六甲の荒地山界隈は、奥が深くて本当に面白い。沢有り、岩有り、奇景有りの、六甲のいいとこ取りエリアです。四季の変化に富み、何度でも遊べて、お薦めです。お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ