また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

【丹沢】ヤビツ峠〜札掛〜キュウハ沢〜三角沢ノ頭〜日高〜塔ノ岳〜大倉

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
0605秦野駅 → 0625蓑毛バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間3分
休憩
22分
合計
10時間25分
S蓑毛06:2907:18ヤビツ峠07:2008:30札掛11:38天王寺橋12:01キュウハ沢13:46三角沢ノ頭13:4814:16日高14:46尊仏山荘14:5915:11金冷シ15:20花立山荘15:41堀山の家15:4216:31観音茶屋16:3516:54大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
札掛〜天王寺橋はバリエーションルート。期待していたものは何もなかった。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 伊予柑ゼリー シナモンねじりパン アンパン カレーパン チーカマ チョコチップクッキー 水4L 非常用具セット

写真

蓑毛行きの始発バスはガラガラで、登山客は3人のみだった。
2017年06月17日 06:30撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛行きの始発バスはガラガラで、登山客は3人のみだった。
落書きだらけのヤビツ峠の売店。
2017年06月17日 07:21撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落書きだらけのヤビツ峠の売店。
護摩屋敷の水。チップ制です。
2017年06月17日 07:40撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩屋敷の水。チップ制です。
2
気になっていた『きまぐれ喫茶』はこんな所にあった。
2017年06月17日 07:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になっていた『きまぐれ喫茶』はこんな所にあった。
県道70号はバイク・ロードバイクがぶっ飛ばすので超怖いです。
2017年06月17日 08:26撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道70号はバイク・ロードバイクがぶっ飛ばすので超怖いです。
1
なかなかしっかりした吊り橋で、血圧が下がる前に渡れた。
2017年06月17日 08:28撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかしっかりした吊り橋で、血圧が下がる前に渡れた。
1
水をボトルに入れようと立ち止まってたら、はいコンニチハ。ただ遭遇は二度目なので、横目に見つつ水を飲む余裕があった。しかし余裕をかましている間に、別のやつが靴を登っていた。油断も隙もあったもんじゃない。
2017年06月17日 10:28撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水をボトルに入れようと立ち止まってたら、はいコンニチハ。ただ遭遇は二度目なので、横目に見つつ水を飲む余裕があった。しかし余裕をかましている間に、別のやつが靴を登っていた。油断も隙もあったもんじゃない。
1
地面に置いていたストックにもいつの間にか取り付いていて、一生懸命ちゅーちゅーしてました。君ら他にやることないんかい。
2017年06月17日 10:30撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に置いていたストックにもいつの間にか取り付いていて、一生懸命ちゅーちゅーしてました。君ら他にやることないんかい。
1
キュウハ沢に沿っている本谷林道の終点近くには、歩くだけで揺れる吊り橋がある。
2017年06月17日 11:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キュウハ沢に沿っている本谷林道の終点近くには、歩くだけで揺れる吊り橋がある。
アワフキムシの幼虫が潜んでいる泡玉。泡だ立たせた自分の尿に隠れている。
2017年06月17日 11:59撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アワフキムシの幼虫が潜んでいる泡玉。泡だ立たせた自分の尿に隠れている。
林道終点。
2017年06月17日 12:05撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。
実は林道終点の随分手前にある取り付きから尾根へ登るようだが、リサーチ不足で林道終点の真横にある崖を登ってしまった。ここは危険すぎるので絶対に登らない方がいい。
2017年06月17日 12:09撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は林道終点の随分手前にある取り付きから尾根へ登るようだが、リサーチ不足で林道終点の真横にある崖を登ってしまった。ここは危険すぎるので絶対に登らない方がいい。
尾根に乗るとあとは尾根沿いに進むだけ。
2017年06月17日 12:30撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗るとあとは尾根沿いに進むだけ。
銀竜草。今日はこれを見る為だけに登った。生で初めて観察できて、すこぶる感動。
2017年06月17日 13:03撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀竜草。今日はこれを見る為だけに登った。生で初めて観察できて、すこぶる感動。
5
探し方が下手くそだったようで、残念ながら群生には出会えなかったが、単体ではぽつぽつと咲いていた。
2017年06月17日 13:06撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
探し方が下手くそだったようで、残念ながら群生には出会えなかったが、単体ではぽつぽつと咲いていた。
1
地面からにょっきり直前もいました。咲きたてはまっ白でそれは綺麗だそう。
2017年06月17日 13:07撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面からにょっきり直前もいました。咲きたてはまっ白でそれは綺麗だそう。
後は無事に帰るだけ。途中で、トレマーズに遭遇。
2017年06月17日 13:47撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は無事に帰るだけ。途中で、トレマーズに遭遇。
1
三角沢ノ頭(寿岳)に到着。右下の石に寿岳とある。
2017年06月17日 13:47撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角沢ノ頭(寿岳)に到着。右下の石に寿岳とある。
3
三角沢ノ頭は展望ゼロ。銀竜草もゼロ。
2017年06月17日 13:48撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角沢ノ頭は展望ゼロ。銀竜草もゼロ。
三角沢ノ頭から日高に向かう途中にあるソリ出しから展望が望める。右のピークがたぶん塔ノ岳。次いで、木ノ又大日、新大日。
2017年06月17日 13:56撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角沢ノ頭から日高に向かう途中にあるソリ出しから展望が望める。右のピークがたぶん塔ノ岳。次いで、木ノ又大日、新大日。
1
日高の手前にあるエッジ。スキップさえしなければ問題なく通過できる。
2017年06月17日 14:10撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高の手前にあるエッジ。スキップさえしなければ問題なく通過できる。
1
エッジからの展望。
2017年06月17日 14:10撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エッジからの展望。
1
尾根をたどると日高の看板裏から出てくる。おばちゃんに怪訝な目で見られる。あ、こんにちは。
2017年06月17日 14:17撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をたどると日高の看板裏から出てくる。おばちゃんに怪訝な目で見られる。あ、こんにちは。
今まで知らない道ばかりで不安だったが、ここはよく知っている道。ほっとして気が抜けそうだった。
2017年06月17日 14:18撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで知らない道ばかりで不安だったが、ここはよく知っている道。ほっとして気が抜けそうだった。
ヌシの居なくなった尊仏山荘。
2017年06月17日 14:42撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌシの居なくなった尊仏山荘。
コーラを衝動買いし、アンパンとゼリーで休憩。
2017年06月17日 14:46撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーラを衝動買いし、アンパンとゼリーで休憩。
よく膝に乗ってくれたのが懐かしい。
2017年06月17日 14:59撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく膝に乗ってくれたのが懐かしい。
1
塔ノ岳から富士山は見えなかった。富士山ぽい雲ではあるが。
2017年06月17日 15:01撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から富士山は見えなかった。富士山ぽい雲ではあるが。
1
塔ノ岳から金冷やしへ向う。
2017年06月17日 15:03撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から金冷やしへ向う。
休憩したら歩けなくなりそうなので、カキ氷の誘惑を振りきって進む。
2017年06月17日 15:20撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩したら歩けなくなりそうなので、カキ氷の誘惑を振りきって進む。
大繁盛していました。止まらずに進む。
2017年06月17日 15:43撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大繁盛していました。止まらずに進む。
大倉尾根の良心、バウムクーヘン尾根。
2017年06月17日 15:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根の良心、バウムクーヘン尾根。
10人程ベンチで休んでいました。進む。
2017年06月17日 16:18撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10人程ベンチで休んでいました。進む。
観音茶屋まできたら大倉バス停まですぐ。最後が一番怪我をしやすいので、ここで休憩する。
2017年06月17日 16:32撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音茶屋まできたら大倉バス停まですぐ。最後が一番怪我をしやすいので、ここで休憩する。
ミルクプリンを頂く。何回口に運んでもミルク寒天だったが、下界の常識は山では通用しないのが常。
2017年06月17日 16:34撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミルクプリンを頂く。何回口に運んでもミルク寒天だったが、下界の常識は山では通用しないのが常。
2
お疲れ様でした。
2017年06月17日 16:50撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ストック 林道 コーラ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ