また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172901 全員に公開 雪山ハイキング白山

白山(残雪の楽しみ)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
別当出合まで車で入れます。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
20分
合計
7時間10分
S別当出合06:1008:50黒ボコ岩09:40六地蔵跡10:00御前峰10:1010:50大汝峰11:0011:40黒ボコ岩13:20別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
計画では室堂に寄り大休止を予定していましたが、水屋尻雪渓を見てモチベーションが上がり直登したため、食事休憩なしの行動食のみで連続行動となりました。
コース状況/
危険箇所等
・別当覗から上は、雪渓と夏道が交互に現れます。一部、急な斜面があります。朝は軽アイゼンでも効きました。
・水屋尻雪渓を最上部まで詰めましたが、ちょうど六地蔵の目の前に出ます。そこから御前峰へ出られます(登山道ではありませんが)。
・お池巡りへの夏道は出ています。
・大汝峰の登り口へは、お池巡りから雪渓を横切るとショートカットできます。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

別当覗の手前あたり、ニリンソウがたくさん咲いています。
2017年06月17日 06:46撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当覗の手前あたり、ニリンソウがたくさん咲いています。
サンカヨウもたくさん咲いています。透けた花もありました。
2017年06月17日 06:48撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウもたくさん咲いています。透けた花もありました。
1
前日は雲も多かったですが、快晴の予感。
2017年06月17日 06:49撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は雲も多かったですが、快晴の予感。
今年7月からは登山届が義務化されますね。新たな標柱がありましたよ。
2017年06月17日 07:16撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年7月からは登山届が義務化されますね。新たな標柱がありましたよ。
別当覗を過ぎると、雪渓が現れました。
2017年06月17日 07:27撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当覗を過ぎると、雪渓が現れました。
1
右手にトラバースすると甚之助避難小屋があります。今回は寄らずに行きます。ここで軽アイゼンを装着。
2017年06月17日 08:09撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にトラバースすると甚之助避難小屋があります。今回は寄らずに行きます。ここで軽アイゼンを装着。
十二曲り付近はそれなりの斜度でした。一部夏道ですが、雪渓を直登する踏み跡もあり、そちらを登りました。朝方は、軽アイゼンでも比較的効きました。
2017年06月17日 08:30撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲り付近はそれなりの斜度でした。一部夏道ですが、雪渓を直登する踏み跡もあり、そちらを登りました。朝方は、軽アイゼンでも比較的効きました。
1
弥陀ヶ原から水屋尻雪渓へ雪が切れておらず、そちらを行きます。
2017年06月17日 08:50撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原から水屋尻雪渓へ雪が切れておらず、そちらを行きます。
1
室堂を横目にそのまま雪渓の上部をめざします。
2017年06月17日 09:05撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂を横目にそのまま雪渓の上部をめざします。
室堂と別山を眼下に。
2017年06月17日 09:33撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂と別山を眼下に。
1
雪渓の最上部から、六地蔵跡に直接出ました。
2017年06月17日 09:40撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の最上部から、六地蔵跡に直接出ました。
1
六地蔵跡から御前峰へ、ザレ場を右手に登っていきます。正規の登山道ではないですが、かなり明瞭な踏み跡があります。
2017年06月17日 09:41撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六地蔵跡から御前峰へ、ザレ場を右手に登っていきます。正規の登山道ではないですが、かなり明瞭な踏み跡があります。
1
御前峰に出ると、北アルプスがくっきり。
2017年06月17日 09:57撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰に出ると、北アルプスがくっきり。
御嶽、乗鞍も近く感じます。
2017年06月17日 10:06撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽、乗鞍も近く感じます。
月並みだけど好きな風景です。
2017年06月17日 10:07撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月並みだけど好きな風景です。
今からあそこへ行こう。
2017年06月17日 10:09撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今からあそこへ行こう。
1
油ヶ池。
2017年06月17日 10:22撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油ヶ池。
紺屋ヶ池。美しいブルーです。
2017年06月17日 10:24撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紺屋ヶ池。美しいブルーです。
2
こちらから見ると荒々しい風景。
2017年06月17日 10:26撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見ると荒々しい風景。
大汝峰へは夏道です。ザックを下にデポして登りました。
2017年06月17日 10:50撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰へは夏道です。ザックを下にデポして登りました。
1
こちらからの北アルプスも素敵です。
2017年06月17日 10:51撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらからの北アルプスも素敵です。
1
翠ヶ池は雪が少しづつ割れています。
2017年06月17日 10:52撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翠ヶ池は雪が少しづつ割れています。
1
月並みだけど、これも好きな風景の一つ。
2017年06月17日 10:53撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月並みだけど、これも好きな風景の一つ。
2
大汝峰から水屋尻雪渓を下ります。雪渓の下りは速い、速い!あっという間に弥陀ヶ原です。
2017年06月17日 11:26撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰から水屋尻雪渓を下ります。雪渓の下りは速い、速い!あっという間に弥陀ヶ原です。
1
弥陀ヶ原からふり返って「さらば!」来月また来ます。
2017年06月17日 11:39撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原からふり返って「さらば!」来月また来ます。
帰りはすっかり夏山の雰囲気も。それにしても暑い、暑い。
2017年06月17日 12:49撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはすっかり夏山の雰囲気も。それにしても暑い、暑い。
木漏れ日がスポットライトのよう。
2017年06月17日 12:58撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日がスポットライトのよう。
開山1300年という今シーズン、さて何回来れるかな。
2017年06月17日 13:26撮影 by COOLPIX L31, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開山1300年という今シーズン、さて何回来れるかな。

感想/記録

 残雪期の白山を堪能できました。ここ数日の朝の冷え込みが弱まり、風も穏やかで、行動しやすかったです。
 登山口で100人近くと思われる団体さんが整列していました。開山1300年にちなんだ活動でしょうか??
 別当覗から上部は、夏道と雪渓が交互に出てきます。軽アイゼンの着脱を繰り返しました。面倒ですが、これも残雪期ならではと思い直し、作業自体を楽しむことにしました。
 水屋尻雪渓を直登したので、室堂に立ち寄りませんでした。食事休憩と水の補給を迷いましたが、今回は行動食のみと最初の1.2リットルの水で大丈夫と判断しました。
 雪渓の最上部は六地蔵跡に出ました。そこから御前峰へ登りました。展望を堪能した後、お池巡り、大汝峰へ。変化に富む風景を楽しみ、また今シーズンの安全登山を祈願しました。
 大汝峰からの下りは、靴で滑り降りるようにして、あっという間に弥陀ヶ原へ。最後に白山に別れを告げて、下山しました。
 甚之助避難小屋あたりから下は暑かった! 約7時間の連続行動でした。

 




訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ