ヤマレコ

記録ID: 1173364 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山

日程 2017年06月16日(金) 〜 2017年06月17日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木鉱泉駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間49分
休憩
41分
合計
6時間30分
S青木鉱泉08:1410:02南精進ヶ滝10:0811:00鳳凰ノ滝(昼食)11:2012:31白糸の滝12:4013:24五色の滝13:3014:44鳳凰小屋
2日目
山行
5時間54分
休憩
1時間28分
合計
7時間22分
鳳凰小屋04:4805:48地蔵ヶ岳05:5806:08アカヌケ沢の頭06:3206:46荷物整理で休憩06:5607:32鳳凰小屋分岐07:51鳳凰山08:0808:30薬師岳08:4709:27御座石09:3510:50林道出合10:5211:32中道ルート登山口12:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
青木鉱泉−鳳凰小屋間および薬師岳−青木鉱泉間は、どちらも急傾斜が長く続きます。展望もありません。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

朝は8時を過ぎてから歩き始めました。青木鉱泉から鳳凰小屋までは長い樹林歩きですが、4つの滝があって変化があります。左から南精進ヶ滝、鳳凰ノ滝、白糸滝、五色滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は8時を過ぎてから歩き始めました。青木鉱泉から鳳凰小屋までは長い樹林歩きですが、4つの滝があって変化があります。左から南精進ヶ滝、鳳凰ノ滝、白糸滝、五色滝です。
1
樹林帯を抜けて地蔵岳が見えると、鳳凰小屋は近いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて地蔵岳が見えると、鳳凰小屋は近いです。
小屋の人から聞いて、富士山が見えるという場所に行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の人から聞いて、富士山が見えるという場所に行きました。
夜は星空がきれいでした。これは地蔵岳方向です。
17-70mmレンズを57mmF4.5で使用、ISO3200で15秒です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は星空がきれいでした。これは地蔵岳方向です。
17-70mmレンズを57mmF4.5で使用、ISO3200で15秒です。
3
地蔵岳が近づくと足下は厚い砂の層で、とても歩きにくいです。ここで疲れてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳が近づくと足下は厚い砂の層で、とても歩きにくいです。ここで疲れてしまいました。
地蔵岳からは観音岳の左に富士山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳からは観音岳の左に富士山が見えます。
1
地蔵群と甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵群と甲斐駒ヶ岳
1
小川山、金峰山、国師ヶ岳など
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川山、金峰山、国師ヶ岳など
2
360度の絶景を見ながらの縦走は気持ちいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の絶景を見ながらの縦走は気持ちいいです。
3
赤抜沢ノ頭と地蔵岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭と地蔵岳
1
観音岳の山頂。このコースの最高点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳の山頂。このコースの最高点です。
赤抜沢ノ頭、地蔵岳、甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭、地蔵岳、甲斐駒ヶ岳
1
薬師岳と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳と富士山
4
火打山、妙高山など
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打山、妙高山など
1
立山、剱岳、蓮華岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱岳、蓮華岳
2
去りがたいですが、青木鉱泉に向けて下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去りがたいですが、青木鉱泉に向けて下ります。
最後にもう一度南アルプスを目に焼き付けて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度南アルプスを目に焼き付けて。
1

感想/記録

天気に恵まれました。2日間ともほぼ快晴で風もなく、気分良く歩けました。登りのドンドコ沢コースは全体が急斜面で疲れますが、4つの滝があるおかげで、ホッとします。2日目は見渡す限りの展望で、圧倒されます。縦走としては短いですが、大満足の山行でした。
訪問者数:303人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ