また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1173525 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高ロープウェーで行く日帰り西穂高岳

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候雲一つない快晴です。GPV 気象予報通り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
県道槍ヶ岳公園線に駐車場の案内看板があります。Uターンするように側道に入り2.4km先に鍋平園地の駐車場案内看板がありますので右折。新穂高駐車場MAPのP8(鍋平登山者用駐車場)とP9(鍋平園地駐車場)があります。P8は未舗装、P9は舗装されていてトイレ完備。24時間開放されていますので車中泊するならP9がおすすめ。どちらも無料です。出発前にはP8に移動したほうがいいかもしれません。
私は朝7:30くらいにP7(鍋平高原登山者用駐車場:こちらは有料300円:昼間のみ開放)に移動しました。第2ロープウェー しらかば平駅まで徒歩10分くらい。駐車料金はロープウェーのチケット窓口で運賃と一緒に支払います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
1時間18分
合計
6時間59分
S西穂高口(千石平)08:5709:15旧ボッカ道分岐09:1709:51西穂山荘09:5910:11西穂丸山10:57西穂独標11:0611:30ピラミッドピーク11:3311:41チャンピオンピーク4峰11:4912:16西穂高岳12:3513:03チャンピオンピーク4峰13:0813:22ピラミッドピーク13:2813:38西穂独標13:4914:29西穂丸山14:49西穂山荘14:5515:26旧ボッカ道分岐15:2715:56西穂高口(千石平)15:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
樹林帯は残雪がありますが、急な登りではしっかりステップが残っていて安心です。しかし帰り道はステップが消えかかり数回スリップダウン。踏み抜きも1回やらかしました。雪解けでぬかるみも増えたのでゲイターがあった方がいいかもしれません。独標より先はしっかりペンキマークを追っかければルートに迷うことはありませんでした。西穂山頂直下だけ手がかりが少ない場所があり不安になりましたが他は問題ありません。下りは細心の注意を払いましょう。落石を起こさないように注意し、被害を受けないためにもヘルメットは必須だと感じました。
その他周辺情報奥飛騨温泉 薬師のゆ 本陣で日帰り入浴させていただきました。500円です。建物も歴史を感じる立派なものでした。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘルメット
備考 帰りは樹林帯でぬかるみが多かったのでゲイターが欲しかったです。

写真

駐車場P9から笠ヶ岳が見える。いい天気だ
2017年06月17日 06:05撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場P9から笠ヶ岳が見える。いい天気だ
2
駐車場P7からはこんな感じ
2017年06月17日 07:17撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場P7からはこんな感じ
1
しらかば平駅の脇にどなたかのレリーフがありました。「クルッケンハウザー」とあります。調べると「近代スキーの父」みたいな人らしく、オーストリアスキー教程を書いたんだそうな。ライカの使い手でもあるらしい。
碑には「高い険しい山々を愛する者は穂高へ行かなければならない」と書いてあります。
2017年06月17日 07:32撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらかば平駅の脇にどなたかのレリーフがありました。「クルッケンハウザー」とあります。調べると「近代スキーの父」みたいな人らしく、オーストリアスキー教程を書いたんだそうな。ライカの使い手でもあるらしい。
碑には「高い険しい山々を愛する者は穂高へ行かなければならない」と書いてあります。
1
第2ロープウェーのしらかば平駅。笠ヶ岳が美しい。
2017年06月17日 07:36撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ロープウェーのしらかば平駅。笠ヶ岳が美しい。
1
日本で唯一の2階建てゴンドラを採用している。登りは2階から順番に案内されたが下りはどちらでも好きな階に乗ってもよい。
ばんりゅう号とウェストン号がある。ばんりゅうは笠ヶ岳を再興した播隆上人。ウェストンは上高地にもレリーフのあるウォルター・ウェストン
2017年06月17日 07:40撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本で唯一の2階建てゴンドラを採用している。登りは2階から順番に案内されたが下りはどちらでも好きな階に乗ってもよい。
ばんりゅう号とウェストン号がある。ばんりゅうは笠ヶ岳を再興した播隆上人。ウェストンは上高地にもレリーフのあるウォルター・ウェストン
1
ミズバショウがありました。初めて見ました。
2017年06月17日 08:56撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズバショウがありました。初めて見ました。
1
登山道に入るとすぐに残雪があります。だいぶザラメ状になっていて踏み抜き箇所多数。足跡を探して歩きます。
2017年06月17日 09:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入るとすぐに残雪があります。だいぶザラメ状になっていて踏み抜き箇所多数。足跡を探して歩きます。
1時間弱で西穂山荘に到着。立派な山荘です。
2017年06月17日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で西穂山荘に到着。立派な山荘です。
2
丸山から見る。中央左のピラミッドピークが際立っています
2017年06月17日 10:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山から見る。中央左のピラミッドピークが際立っています
2
手前の焼岳と左奥の乗鞍岳
2017年06月17日 10:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の焼岳と左奥の乗鞍岳
2
笠ヶ岳
2017年06月17日 10:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
2
独標への登り
2017年06月17日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標への登り
3
独標到着。ロープウェー降りてから2時間ほど
2017年06月17日 11:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標到着。ロープウェー降りてから2時間ほど
2
ピラミッドピークと西穂山頂
2017年06月17日 11:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークと西穂山頂
2
上高地方面を見下ろす
2017年06月17日 11:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地方面を見下ろす
2
もともと鎖がついていたであろうハーケン。雷の事故以来鎖が外されたのでしょう。
2017年06月17日 11:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もともと鎖がついていたであろうハーケン。雷の事故以来鎖が外されたのでしょう。
ピラミッドピーク。独標から30分ほど
2017年06月17日 11:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク。独標から30分ほど
2
西穂高岳。途中は写真を撮っている余裕がなかった。ピラミッドピークから45分くらいか。体力的にしんどくてチャンピオンピーク(4峰)あたりで引き返そうかと思いましたが、3峰2峰とピークを巻いている道が見えたので先に進みました。
2017年06月17日 12:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳。途中は写真を撮っている余裕がなかった。ピラミッドピークから45分くらいか。体力的にしんどくてチャンピオンピーク(4峰)あたりで引き返そうかと思いましたが、3峰2峰とピークを巻いている道が見えたので先に進みました。
3
槍ヶ岳
2017年06月17日 12:16撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳
3
吊尾根がこんなに近くに。大迫力です。
2017年06月17日 12:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根がこんなに近くに。大迫力です。
4
来た道を振り返る。独標が11峰。ピラミッドピークが8峰、西穂高岳が1峰なのだが、12峰と13峰もあるらしい。どこだったのか?
2017年06月17日 12:33撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。独標が11峰。ピラミッドピークが8峰、西穂高岳が1峰なのだが、12峰と13峰もあるらしい。どこだったのか?
3
ミヤマキンバでしょうか。癒されます。
2017年06月17日 13:31撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバでしょうか。癒されます。
1
丸山あたりで振り返る。いやーよく歩いたな。
2017年06月17日 14:36撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山あたりで振り返る。いやーよく歩いたな。
2
16時にロープウェー駅に到着。足が終わってたので下りにすごい時間がかかりました。
2017年06月17日 15:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時にロープウェー駅に到着。足が終わってたので下りにすごい時間がかかりました。
ロープウェーから西穂。あのジグザグを登ったのかと思うと感慨深い。
2017年06月17日 16:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェーから西穂。あのジグザグを登ったのかと思うと感慨深い。
1
そして槍ヶ岳。
2017年06月17日 16:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして槍ヶ岳。
1
奥飛騨の旅館 薬師のゆ本陣で日帰り入浴させていただきました。
2017年06月17日 16:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥飛騨の旅館 薬師のゆ本陣で日帰り入浴させていただきました。
1

感想/記録
by tet23

こちらのサイトでたまたま見た山行記録に興味をそそられ梅雨の合間の晴れを狙って山行決定。上高地よりもさらに先ということで遠いことを覚悟していましたが意外と近い印象。駐車場の場所がわかるか不安でしたが看板が置かれていてすぐにわかりました。しかしあまりにも人がいなくてまた不安になりました。
朝起きると錫杖岳や笠ヶ岳のモルゲンロートが見られます。さすが北アルプス。
ロープウェーの始発は8時45分。駐車場からロープウェーへ向かう経路に書いてありました。第2ロープウェーのしらかば平駅は8時15分くらいにオープンしたと思います。
ロープウェーからすでに名峰の数々が見られテンションが上がります。山道は残雪と夏道が交互に現れます。アイゼンは不要。一面雪のところでは道をロストしないように旗竿が立っていますので安全です。
だんだん空が近くなってきて樹林帯が終わると山荘到着。ずいぶん立派な山荘です。ロケーションもいい。
丸山に着くとこれから目指す山が全部見えます。そして独標直下。なんとか行けそうです。独標からピラミッドピークも割と行けそうに思います。そして隣にすぐ見えるのが山頂。これがいけなかった。すぐ隣に見えて結構遠いです。気持ちが折れそうになりながらなんとか登頂。周りの人たちは余裕そうでした。山頂直下はぱっと見、手がかりが少なくどうやって上るのか考えましたが岩の割れ目や削れた岩角がいい具合に手がかりになりました。ほんの数回やっただけのボルダリングが役に立ったような気がします。
道中高度感があまりないので危険は感じませんでしたが落石は危険です。足を置いたところが「チャリ」とか「カチャ」とか音がすると緊張が走ります。落とさないことはもちろんですが、ヘルメットは必須です。独標から先へいくならぜひ準備を。
今回足の消耗が半端ないです。胸にも筋肉痛が。でも、北アの核心部に近づいたよろこびは大きいです。そして自分がこれまでに登った山を眺めるのも楽しみ。もっと楽しみを増やしたいものです。
訪問者数:610人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ