また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1174247 全員に公開 ハイキング北陸

経ヶ岳

日程 2017年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道法恩寺線・銚子ヶ口展望広場駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
24分
合計
3時間54分
S銚子ヶ口展望広場・駐車場06:5607:36保月山07:4107:48牛岩08:09杓子岳08:27中岳08:2908:39切窓08:4109:02経ヶ岳09:1409:33切窓09:43中岳09:58杓子岳10:13牛岩10:1510:19保月山10:48保月山コース登山口10:4910:50銚子ヶ口展望広場・駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報勝山温泉センター水芭蕉(勝山市村岡町浄土寺:某会員証提示で650円→550円)
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

荒島岳や銀杏峯、部子山に取り囲まれる大野盆地を見下ろす林道法恩寺線の銚子ヶ口展望広場から歩き始めます。
2017年06月18日 06:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒島岳や銀杏峯、部子山に取り囲まれる大野盆地を見下ろす林道法恩寺線の銚子ヶ口展望広場から歩き始めます。
1
アザミを横目に林道をひと歩きで、
2017年06月18日 06:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミを横目に林道をひと歩きで、
1
保月山登山口に達し、ここから登山道に入ります。
2017年06月18日 06:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月山登山口に達し、ここから登山道に入ります。
足下にはコナスビを、
2017年06月18日 07:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下にはコナスビを、
1
頭上にはムシカリを眺めながら登り始めると、
2017年06月18日 07:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上にはムシカリを眺めながら登り始めると、
2
やがて、ブナとミズナラが根元から寄り添うアダムとイブの木へ。
2017年06月18日 07:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、ブナとミズナラが根元から寄り添うアダムとイブの木へ。
2
その先はブナ林の中を進みます。
2017年06月18日 07:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先はブナ林の中を進みます。
2
最初のピーク、保月山の頂上には、笹谷三等三角点が置かれています。
2017年06月18日 07:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピーク、保月山の頂上には、笹谷三等三角点が置かれています。
2
この先は登山道の両側をアカモノが飾ります。
2017年06月18日 07:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は登山道の両側をアカモノが飾ります。
2
痩せ尾根の岩場に差し掛かると展望が開け、これから辿る尾根が見通せます。
2017年06月18日 07:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根の岩場に差し掛かると展望が開け、これから辿る尾根が見通せます。
1
ツクバネソウを見つけ、
2017年06月18日 07:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネソウを見つけ、
2
木製階段を伝って急傾斜の尾根道を登り返します。
2017年06月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製階段を伝って急傾斜の尾根道を登り返します。
岩稜帯の痩せ尾根を伝って、尾根上に立ちはだかる牛岩は右手の基部を巻いて通過し、
2017年06月18日 07:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜帯の痩せ尾根を伝って、尾根上に立ちはだかる牛岩は右手の基部を巻いて通過し、
ナナカマドや、
2017年06月18日 07:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドや、
ツクバネウツギ、
2017年06月18日 08:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギ、
1
ムラサキヤシオを眺めながら登っていくと、
2017年06月18日 08:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオを眺めながら登っていくと、
杓子ヶ岳の頂上に達します。
2017年06月18日 08:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子ヶ岳の頂上に達します。
3
この先の中岳にかけては、経ヶ岳と対面しながら、緩やかに起伏する高原状の道が続きます。
2017年06月18日 08:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の中岳にかけては、経ヶ岳と対面しながら、緩やかに起伏する高原状の道が続きます。
1
お花も増え、チゴユリや、
2017年06月18日 08:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花も増え、チゴユリや、
1
ニョイスミレでしょうか?
2017年06月18日 08:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニョイスミレでしょうか?
1
イワカガミも登場。
2017年06月18日 08:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミも登場。
2
チゴユリとイワカガミが咲き競います。
2017年06月18日 08:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チゴユリとイワカガミが咲き競います。
ミツバオウレンがびっしり。
2017年06月18日 08:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレンがびっしり。
2
ニッコウキスゲと言えば、咲いているのはこの一輪。もう一輪は花を閉じています。
2017年06月18日 08:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと言えば、咲いているのはこの一輪。もう一輪は花を閉じています。
1
ユキザサを追いかけながら、
2017年06月18日 08:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサを追いかけながら、
1
中岳の頂上に進みます。
2017年06月18日 08:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の頂上に進みます。
1
緩やかに下ると、目の前に経ヶ岳が大きく迫ります。
2017年06月18日 08:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに下ると、目の前に経ヶ岳が大きく迫ります。
1
鞍部の切窓を通過すると、経ヶ岳への最後の登り。ニガナが点在する道は、
2017年06月18日 08:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部の切窓を通過すると、経ヶ岳への最後の登り。ニガナが点在する道は、
1
急登が続きますが、最近、笹が刈り払われたようで歩きやすく、助かります
2017年06月18日 08:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続きますが、最近、笹が刈り払われたようで歩きやすく、助かります
1
マイズルソウを見つけながら、
2017年06月18日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウを見つけながら、
急坂を登り切り、経ヶ岳の頂上に到着します。笹薮に覆われた道を少し進んだところにある経ヶ岳二等三角点の訪座を済ませると、次は眺めを楽しむ番です。
2017年06月18日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登り切り、経ヶ岳の頂上に到着します。笹薮に覆われた道を少し進んだところにある経ヶ岳二等三角点の訪座を済ませると、次は眺めを楽しむ番です。
4
北東方向には、赤兎山越しに白山連峰を望み、東方にかけては、三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰に銚子ヶ岳を経て野伏ヶ岳へと伸びる山並みを見渡します。
2017年06月18日 09:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方向には、赤兎山越しに白山連峰を望み、東方にかけては、三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰に銚子ヶ岳を経て野伏ヶ岳へと伸びる山並みを見渡します。
2
白山連峰をクローズアップ。大汝山や御前峰の稜線にはガスがかかっていますが、残雪でまだら模様の山肌がはっきりと見て取れます。
2017年06月18日 09:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山連峰をクローズアップ。大汝山や御前峰の稜線にはガスがかかっていますが、残雪でまだら模様の山肌がはっきりと見て取れます。
1
南方には、火口原の池ノ大沢を見下ろし、辿ってきた杓子ヶ岳、中岳の尾根の先には、荒島岳、銀杏峯、部子山が大野盆地を取り囲むようにして並びます。
2017年06月18日 09:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方には、火口原の池ノ大沢を見下ろし、辿ってきた杓子ヶ岳、中岳の尾根の先には、荒島岳、銀杏峯、部子山が大野盆地を取り囲むようにして並びます。
頂上を後にすると、大野、勝山盆地を貫流する九頭竜川の流れを見下ろしながら、来た道を引き返し始めます。
2017年06月18日 09:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を後にすると、大野、勝山盆地を貫流する九頭竜川の流れを見下ろしながら、来た道を引き返し始めます。
中岳を過ぎ、高原状の道を歩いていくと、往路では閉じていたはずのニッコウキスゲが花を開かせています。
2017年06月18日 09:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を過ぎ、高原状の道を歩いていくと、往路では閉じていたはずのニッコウキスゲが花を開かせています。
3
そばではタニウツギも見られ、華やかな雰囲気に。
2017年06月18日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そばではタニウツギも見られ、華やかな雰囲気に。
経ヶ岳の雄姿を背に、笹原の道を進みます。
2017年06月18日 09:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳の雄姿を背に、笹原の道を進みます。
ミヤマシキミも見かけます。
2017年06月18日 09:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシキミも見かけます。
杓子ヶ岳を経て、緑濃いブナ林の中を進んでいくと、
2017年06月18日 10:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子ヶ岳を経て、緑濃いブナ林の中を進んでいくと、
1
手裏剣のような形をしたヤマボウシがちらほらと。
2017年06月18日 10:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手裏剣のような形をしたヤマボウシがちらほらと。
こちらのお花は何でしょうか?
2017年06月18日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらのお花は何でしょうか?

感想/記録

 本来は白山へ、とも考えていたのですが、曇り空でしたので経ヶ岳に行き先変更。意外と見晴らしはよく、頂上からは白山連峰が手に取るように見通せました。
訪問者数:300人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ