また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1174615 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳〜国師ヶ岳〜金峰山 (徳ちゃん新道IN、大弛峠OUT)

日程 2017年06月17日(土) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー
天候6/17 薄晴れ 6/18 薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路: (JR) 朝6時前に新宿発 → 8:12塩山駅着。西沢渓谷までは路線バス。
復路: (大弛峠→塩山駅) 栄和交通の予約制登山バス【前日までの事前予約要】1,800円。15:20と16:00の2便。縦走路の標高と大して変わらない標高2365mから下界まで下ろしてくれるので、膝には楽です。(一般車が入れる峠としては日本最高の峠らしい。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
50分
合計
4時間29分
S西沢渓谷入口バス停09:3909:58徳ちゃん新道登山口10:0011:24徳ちゃん新道分岐11:2512:45戸渡尾根分岐12:50木賊山13:04甲武信小屋13:1913:36甲武信ヶ岳14:0814:08甲武信小屋
2日目
山行
8時間40分
休憩
32分
合計
9時間12分
甲武信小屋05:1705:29甲武信ヶ岳06:132353m地点06:22水師06:2306:50富士見07:16両門ノ頭07:1908:03東梓08:0908:39国師ノタル10:07国師ヶ岳10:1710:44大弛峠11:06朝日峠11:40朝日岳12:39金峰山12:5113:42朝日岳14:08朝日峠14:29大弛峠14:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な所は特になし。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

塩山駅前のバス停。8:30の便に、8:20時点で西沢渓谷行き50人、大菩薩方面70人の列。(最初からバス2台来たので、全員乗れた)
2017年06月17日 08:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩山駅前のバス停。8:30の便に、8:20時点で西沢渓谷行き50人、大菩薩方面70人の列。(最初からバス2台来たので、全員乗れた)
西沢渓谷バス停からスタート。
2017年06月17日 09:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷バス停からスタート。
入山前の最後のトイレ。
2017年06月17日 09:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山前の最後のトイレ。
戸渡尾根コースなら右折。(通過します)
2017年06月17日 09:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸渡尾根コースなら右折。(通過します)
徳ちゃん新道へは、表示を見落とさず右折する
2017年06月17日 09:59撮影 by iPhone, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道へは、表示を見落とさず右折する
徳ちゃん新道と戸渡尾根コースの合流
2017年06月17日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道と戸渡尾根コースの合流
シャグナゲはほぼ終わっており、9割方花は落ちている。ただ、合流点~2000mあたりの間に、わずかに残った花が。(残っているのも茶色くなっているのが多いですが。)
2017年06月17日 11:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャグナゲはほぼ終わっており、9割方花は落ちている。ただ、合流点~2000mあたりの間に、わずかに残った花が。(残っているのも茶色くなっているのが多いですが。)
2000mこえると、シャグナゲは逆になくなります。
2017年06月17日 12:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000mこえると、シャグナゲは逆になくなります。
主稜線に到達。
2017年06月17日 12:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に到達。
ここだけ雪が残って、ぬかるんでました。
2017年06月17日 12:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけ雪が残って、ぬかるんでました。
木賊山。三角点がある。
2017年06月17日 12:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山。三角点がある。
主稜線に入って初めて眺望が開ける。砂地の急な下降斜面。
2017年06月17日 12:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に入って初めて眺望が開ける。砂地の急な下降斜面。
甲武信小屋に到着。テントの人もたくさん。
2017年06月17日 13:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋に到着。テントの人もたくさん。
荷物抱えてそのまま山頂に。小屋から10分ほど。
2017年06月17日 13:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物抱えてそのまま山頂に。小屋から10分ほど。
富士山見えませんでした。
2017年06月17日 13:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山見えませんでした。
どんどん人が登ってきた。
2017年06月17日 14:00撮影 by iPhone, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん人が登ってきた。
夕方になると、小屋もガスに巻かれました。
2017年06月17日 17:30撮影 by iPhone, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方になると、小屋もガスに巻かれました。
小屋では、毛布は一人1枚だけど、かけぶとんは3人で2枚。
2017年06月17日 19:13撮影 by iPhone, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋では、毛布は一人1枚だけど、かけぶとんは3人で2枚。
◆2日目◆ シンプルな朝食。(なお、夕食はカレーとナタデココゼリーでした。)
2017年06月18日 04:45撮影 by iPhone, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◆2日目◆ シンプルな朝食。(なお、夕食はカレーとナタデココゼリーでした。)
本日の甲武信ヶ岳山頂。やっと富士山見えたー
2017年06月18日 05:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の甲武信ヶ岳山頂。やっと富士山見えたー
3
周りの高山も雲海の上ながら全部見える。
2017年06月18日 05:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの高山も雲海の上ながら全部見える。
これから目指す大弛峠や金峰山までの縦走路が一望。思ってたよりアップダウンありそうで少し不安と期待半々。
2017年06月18日 05:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す大弛峠や金峰山までの縦走路が一望。思ってたよりアップダウンありそうで少し不安と期待半々。
2
山頂から、いきなし岩々した所を急下降するが、
2017年06月18日 05:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、いきなし岩々した所を急下降するが、
すぐ樹林帯に。
2017年06月18日 06:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ樹林帯に。
縦走路からちょっとだけ逸れて、眺めのいいとこがあります。(無視すると眺めいいのに気付かずスルーすることになります。)
2017年06月18日 06:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路からちょっとだけ逸れて、眺めのいいとこがあります。(無視すると眺めいいのに気付かずスルーすることになります。)
鳥のさえずる自然林を行く。セミもまだ全然鳴いてない。
あとはずっと国師ヶ岳までずっとこんな感じ。
2017年06月18日 06:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥のさえずる自然林を行く。セミもまだ全然鳴いてない。
あとはずっと国師ヶ岳までずっとこんな感じ。
苔むした道。なだらかで、岩の少ない土道で歩きやすい。
2017年06月18日 06:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした道。なだらかで、岩の少ない土道で歩きやすい。
富士見。この地名で眺望皆無というのも珍しい
2017年06月18日 06:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見。この地名で眺望皆無というのも珍しい
1
両門ノ頭。数少ない眺望ポイント。(この後約3時間、国師ヶ岳山頂まで眺望無し)
2017年06月18日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両門ノ頭。数少ない眺望ポイント。(この後約3時間、国師ヶ岳山頂まで眺望無し)
1
左右倒木だらけだが、登山路上は道幅分だけ切り落として整備してくれている
2017年06月18日 07:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右倒木だらけだが、登山路上は道幅分だけ切り落として整備してくれている
盛大な生々しい折れ跡
2017年06月18日 07:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盛大な生々しい折れ跡
1
東梓山頂。四畳半くらいのせまい山頂でちょっと休憩。
2017年06月18日 08:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東梓山頂。四畳半くらいのせまい山頂でちょっと休憩。
国師のタル。縦走路の最低標高点。
2017年06月18日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師のタル。縦走路の最低標高点。
ここから登り基調に。
苔がきれいです。
2017年06月18日 09:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登り基調に。
苔がきれいです。
国師ヶ岳山頂。
2017年06月18日 09:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳山頂。
富士山専用展望台みたいな見栄えのよい山頂です。
2017年06月18日 10:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山専用展望台みたいな見栄えのよい山頂です。
3
予定を変更して金峰山までピストンすることにしたので、大弛峠まで大急ぎで降りる。北奥千丈岳も夢の庭園もパス。下りは木の階段が整備されてる。
2017年06月18日 10:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定を変更して金峰山までピストンすることにしたので、大弛峠まで大急ぎで降りる。北奥千丈岳も夢の庭園もパス。下りは木の階段が整備されてる。
大弛峠。車いっぱい。ライダーもいっぱい。
2017年06月18日 10:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠。車いっぱい。ライダーもいっぱい。
金峰山山頂近くの岩場で
2017年06月18日 12:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山山頂近くの岩場で
金峰山山頂。富士山だけがしっかり見える。
2017年06月18日 12:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山山頂。富士山だけがしっかり見える。
前回来た時は尾瀬あたりの山まで見えてたけど今日はムリ
2017年06月18日 12:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回来た時は尾瀬あたりの山まで見えてたけど今日はムリ
というか、稜線もガスってきた。
2017年06月18日 13:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というか、稜線もガスってきた。
大弛峠に戻る。なんとかバスに間に合った。
2017年06月18日 14:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠に戻る。なんとかバスに間に合った。
撮影機材:

感想/記録

・奥秩父の主稜線、以前に瑞牆山荘→金峰山→大弛峠に行ったことがあるので、甲武信ヶ岳に初めて登ったついでに、そこに繋げてみました。
・縦走路自体は2200〜2500mの範囲で、アップダウンが穏やか。岩の少ない土道で歩きやすく膝に優しい。ちなみに帰路は大弛峠(2400m)から直接バスで下界に下りるので、楽ちんプランです。
・眺望ポイントは少ないけれど、苔むした自然林の道できれい。あまり暑くもなく、(まだセミも鳴いてなくて) 鳥のさえずりだけを聞きながら気持ちよく歩けました。
・計画では大弛峠までだったんですが、えらく早く着きすぎたので、金峰山までピストン。バスの時間までに4時間で往復、と、自分のペースではかなり強行案でしたが、なんとかギリで戻れました。(ただ、山頂滞在10分。広場まで行く余裕もなく、最大標高の岩の上で折り返すという余裕のなさ。)
・次回はシャクナゲ全盛時に登って、雁坂峠に、さらに、いつかは雲取山〜奥多摩駅まで縦走で繋げてみたいものです。あと、鶏冠山も面白そう。
訪問者数:193人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ