ヤマレコ

記録ID: 1174939 全員に公開 沢登り尾瀬・奥利根

沢登り!尾瀬実川〜赤倉沢右俣〜花沼湿原

日程 2017年06月17日(土) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候薄ぐもり。雨には降られませんでした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き)
金曜よる都内出発→1時頃ミニ尾瀬公園でタープ仮眠
帰り)
林道を16時頃出発→風呂&ごはん立ち寄り、ノー渋滞だが22時半帰京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間24分
休憩
0分
合計
12時間24分
Sスタート地点06:5419:18宿泊地
2日目
山行
8時間49分
休憩
0分
合計
8時間49分
宿泊地06:5315:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<初日>
7:00 駐車場所から実川林道あるき開始
8:30 林道終点〜釣り師道探しに尾根突入、引き返す
10:15 再び林道終点
10:30 実川本流に入渓、遡行開始
12:30 ピンクテープ終着点らしき場所
12:45 一つ目の支流を横切る
13:00 2つ目の支流出合。(休憩)
13:25 赤倉沢左俣出合い
13:45 赤倉沢右俣と硫黄沢の出合
14:00 幕営地決定
<2日目>
7:00 硫黄沢出合を出発
7:30 10m垂直滝
8:30 二俣左俣。本流の大滝。3段15m。
9:30 花沼湿原到着(休憩、10:00出発)
12:00 幕営地到着
12:45 幕営地出発
12:55 のっこしへ入る最低コル到着
13:25 最終スラブ滝上部到着
13:55 沢終了地点、急斜面登り開始
14:00 林道終点、装備解除
15:45 実川林道歩いて駐車場所到着
コース状況/
危険箇所等
融雪水で沢の水量多め。数は少ないが参考にしたどの参考記録にも見られないような状況であった。さすがに雪の多い年の6月だからなあ・・・。雪渓もだいぶ残っていました。
花沼湿原に花はほぼない。小さな小さなモウセンゴケ?があったというが、風景はいたって地味。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

車を止めて7時出発。
2017年06月17日 06:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を止めて7時出発。
林道終点まで地味な道。
2017年06月17日 07:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点まで地味な道。
林道終点から、沢に降りるのに、「沢から行かない釣り師の道があるはず」というリーダーの指示の元、尾根を上がっていった。最初は踏み跡あったけど途中で消え、諦めてスタート地点に戻るなど。
2017年06月17日 09:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点から、沢に降りるのに、「沢から行かない釣り師の道があるはず」というリーダーの指示の元、尾根を上がっていった。最初は踏み跡あったけど途中で消え、諦めてスタート地点に戻るなど。
1時間半ほど道探しロスの後、スタート地点であった林道終点で、沢装備をつける。
2017年06月17日 10:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間半ほど道探しロスの後、スタート地点であった林道終点で、沢装備をつける。
10時半、急斜面を下って、実川へ入渓。
2017年06月17日 10:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時半、急斜面を下って、実川へ入渓。
雪渓。この向かい側が、翌日のゴールとなるはずのスラブ岩。
2017年06月17日 10:43撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓。この向かい側が、翌日のゴールとなるはずのスラブ岩。
水勢があります。
2017年06月17日 10:53撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水勢があります。
へつりながらもけっこう深いとこまでずっぽり。水は冷たい。
2017年06月17日 11:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へつりながらもけっこう深いとこまでずっぽり。水は冷たい。
ゆるスラブだけど水勢に負けてスラブに立てず、右岸から巻きました。
2017年06月17日 11:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるスラブだけど水勢に負けてスラブに立てず、右岸から巻きました。
このへつりも、一歩がやらしく怖かった。泳ぎを覚悟すればいいんだけどね。まあまあ。
2017年06月17日 13:15撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへつりも、一歩がやらしく怖かった。泳ぎを覚悟すればいいんだけどね。まあまあ。
赤倉沢との出合いが近くなると、渓相がかわった感じ。スラブが消え、ゴーロゴロな感じになってきた。
2017年06月17日 13:36撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉沢との出合いが近くなると、渓相がかわった感じ。スラブが消え、ゴーロゴロな感じになってきた。
赤倉沢右俣出合いには14時到着。その少し上部にタープ設置。それほど場所選び放題ではなかったけど、なんとか4人の寝床くらいは確保。
2017年06月17日 15:03撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉沢右俣出合いには14時到着。その少し上部にタープ設置。それほど場所選び放題ではなかったけど、なんとか4人の寝床くらいは確保。
1
私は釣りはできないが、同行メンバー3人とも釣りに出かけていきました。私はその間、夕飯づくりとか焚き火の面倒とか。
2017年06月17日 17:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は釣りはできないが、同行メンバー3人とも釣りに出かけていきました。私はその間、夕飯づくりとか焚き火の面倒とか。
海藻サラダ(とろろ入り)と、オニオンスライス。この他に、メインの豚汁と、釣ったイワナのお刺身!焚き火を囲みながら楽しみました。
2017年06月17日 18:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海藻サラダ(とろろ入り)と、オニオンスライス。この他に、メインの豚汁と、釣ったイワナのお刺身!焚き火を囲みながら楽しみました。
1
翌朝も7時出発で。
2017年06月18日 07:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝も7時出発で。
立った滝。登れそうだったようだけど、巻きました。私などトライもせずあっさり巻きを選択。
2017年06月18日 07:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立った滝。登れそうだったようだけど、巻きました。私などトライもせずあっさり巻きを選択。
1
この滝は、気持ち良い(寒い)ウォータークライミングを楽しんだ。ちょっとくらいは、滝のぼりしないとねってことで。
2017年06月18日 08:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は、気持ち良い(寒い)ウォータークライミングを楽しんだ。ちょっとくらいは、滝のぼりしないとねってことで。
その後、雪渓の尾根歩きを経て(たぶんショートカットした感じ)、出発から2時間半で、花沼湿原に到着。
2017年06月18日 09:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、雪渓の尾根歩きを経て(たぶんショートカットした感じ)、出発から2時間半で、花沼湿原に到着。
池に、なにかの卵が。カエルにしては大きい。サンショウウオかな?と話したり。
2017年06月18日 09:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池に、なにかの卵が。カエルにしては大きい。サンショウウオかな?と話したり。
10時に下山開始。ルーファイルーファイ。尾根を外さないようにするのだけど、ついはずしちゃってねえ。
2017年06月18日 10:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時に下山開始。ルーファイルーファイ。尾根を外さないようにするのだけど、ついはずしちゃってねえ。
ヤブも出てきた。
2017年06月18日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブも出てきた。
激しいヤブだ。こうなると地形などぜんぜん見えないのに、リーダーだけは尾根をきちんと把握している。なにで判断しているのだろうか。
2017年06月18日 12:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しいヤブだ。こうなると地形などぜんぜん見えないのに、リーダーだけは尾根をきちんと把握している。なにで判断しているのだろうか。
最後、小さな沢地形を降りる感じにしたら実際に沢水がちょろちょろでてきてグッシャグシャ。
2017年06月18日 13:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後、小さな沢地形を降りる感じにしたら実際に沢水がちょろちょろでてきてグッシャグシャ。
最後は予定のスラブ岩の上に無事到着。懸垂で降りました。
2017年06月18日 13:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は予定のスラブ岩の上に無事到着。懸垂で降りました。
降りたのはこの左側のスラブ岩。
2017年06月18日 14:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りたのはこの左側のスラブ岩。
その後、向かいの斜面を無理やり登ったら、ひょっこりと林道終点に出ました。お疲れ様お疲れ様。
2017年06月18日 14:16撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、向かいの斜面を無理やり登ったら、ひょっこりと林道終点に出ました。お疲れ様お疲れ様。

感想/記録
by hnhn

カ、カメラ無くした・・・。
今回の写真はすべていただきものでございます。

カメラは、幕営地(赤倉沢と硫黄沢の出合い)を撤収し、沢を離れてのっこしからのヤブヤブ歩きの最中に、紛失いたしました。カメラケースとカメラ本体をつなげていた落下防止のセーフティストラップが、ちぎれてしまっていました。何のための落下防止だか・・・。私の3年分の思い出よサヨウナラ・・・。
カメラには、名前と連絡先が貼ってあるのだけど、ヤブヤブバリエーションルート、しかもそもそも人があまり入らない沢ってことで、誰かが拾ってくださることはまったく期待できません。かといって、自分でまた行くのも辛いし、仮に行ったとしても見つけられるとは思えない。同じ道を辿れそうもないのであります。

旅自体は、初めての沢での一泊(タープで泊まるのも初めて)で、いろいろと楽しんだし、夜も超ぐっすり眠れてとっても元気だったのだけど、カメラのことだけで苦い思い出になりそうです。やっぱり沢とは縁が薄いのかなあ。
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ