ヤマレコ

記録ID: 1174952 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20170618-六甲耐久散歩-笹の花

日程 2017年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:阪急電鉄芦屋川駅
帰路:徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
7分
合計
4時間29分
S芦屋川駅13:0813:28高座の滝13:59風吹岩14:14ゴルフ場下14:33雨ヶ峠14:45本庄橋跡14:49本庄堰堤北側の分岐15:22一軒茶屋15:2315:28六甲山15:37一軒茶屋16:05本庄堰堤北側の分岐16:08本庄橋跡16:22雨ヶ峠16:55横ノ池16:5917:06風吹岩17:0817:22金鳥山17:28保久良神社17:37岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
笹の花の開花は、下界(本庄橋跡周辺と東おたふく山北面)から山の上へと進んでいるようです。
今日の神戸の地上の最高気温は 28度、脚が進みませんでした。
水 1L、濃度半分スポーツドリンク 1L、スポーツドリンク 1L を含む 6.5kg の荷物で、この水分 3L すべてと、栄養ゼリー 180g、キットカット 1 ケ、塩クエン酸タブレット 5 ケを消費しました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 ザック ウエストポーチ 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS付情報端末 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 腰ベルトライト 帽子 団扇 ザック以下合計約3.5kg(水分以外)

写真

よくあることですが、ゴルフ場の下のゲートは開きっぱなしでした。通り過ぎて閉めておきます。
2017年06月18日 14:14撮影 by F5321, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくあることですが、ゴルフ場の下のゲートは開きっぱなしでした。通り過ぎて閉めておきます。
1
最高峰は、遅い時刻ながら人が多く、写真は省略です。東屋の前から大阪方向。今日は、霞んでいます。
2017年06月18日 15:34撮影 by F5321, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰は、遅い時刻ながら人が多く、写真は省略です。東屋の前から大阪方向。今日は、霞んでいます。
2
七曲がり坂を下り、四角い鉄の網で石を積んでいるいわゆる三合目から少し下、笹の花が見られました。
先週はここの笹の花はなかったと思いますので、山の下の方から、順番に咲いてきているようです。
ここの笹も、かなり枯死が進んでいて、きれいな紫色を残した花は少なかったです。
今日は、この写真だけ、マクロ撮影ができるカメラに替えて、アップで撮影。
2017年06月18日 15:52撮影 by SP510UZ, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲がり坂を下り、四角い鉄の網で石を積んでいるいわゆる三合目から少し下、笹の花が見られました。
先週はここの笹の花はなかったと思いますので、山の下の方から、順番に咲いてきているようです。
ここの笹も、かなり枯死が進んでいて、きれいな紫色を残した花は少なかったです。
今日は、この写真だけ、マクロ撮影ができるカメラに替えて、アップで撮影。
6
振り返って七曲がり坂の登り方向を見ています。両側の笹の枯死が進んでいます。
2017年06月18日 15:58撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って七曲がり坂の登り方向を見ています。両側の笹の枯死が進んでいます。
1
風吹岩から金鳥山への下り、火の見櫓(旧鉄塔)の周りの雑草が刈り払われていました。いつも転がっているかぶら下がっている本山村史の誤りをそのまま伝えている紙片は、見当たりませんでした。
2017年06月18日 17:17撮影 by F5321, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩から金鳥山への下り、火の見櫓(旧鉄塔)の周りの雑草が刈り払われていました。いつも転がっているかぶら下がっている本山村史の誤りをそのまま伝えている紙片は、見当たりませんでした。
2

感想/記録

森林管理歩道の分岐のところで田辺谷の流れを渡るところ、本庄堰堤の北側で住吉川を渡るところで流れで帽子を濡らして、頭を冷やしました。
訪問者数:166人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

堰堤 東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ