ヤマレコ

記録ID: 1175282 全員に公開 トレイルラン奥武蔵

不安にさせられっぱなしの、登戸・周助山・天神山周辺

日程 2017年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
涼しかったです
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間59分
休憩
43分
合計
8時間42分
S東吾野駅07:0107:34天覚山07:3608:18大高山08:1908:35前坂09:05高反山09:22スルギ09:2309:48子ノ権現09:5510:14豆口峠10:1510:27竹寺10:2810:41八幡坂ノ頭10:4210:49滝ノ入山10:5711:1011:21烏帽子(高谷山・タホガイ)11:31根藤11:41ノボット(登戸)11:4211:51周助山12:04原市場中学校バス停12:28高山12:3012:42天神山(北峰)12:4713:31天覚山13:3713:49東峠14:27久須美坂14:37久須美ケルン14:49飯能アルプス永田入口15:15常盤平15:33飯能中央公園15:3515:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース不明瞭
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

東吾野駅から天覚山までの尾根沿いの途中でこんな眺望が
2017年06月18日 07:19撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東吾野駅から天覚山までの尾根沿いの途中でこんな眺望が
1
スルギです
2017年06月18日 09:20撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スルギです
吽像
2017年06月18日 09:45撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吽像
阿像
2017年06月18日 09:45撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿像
1
鳥居観音が見えます
2017年06月18日 10:43撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居観音が見えます
1
置いて頂いて大変ありがたかったのですが、目立たない標識
2017年06月18日 11:23撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
置いて頂いて大変ありがたかったのですが、目立たない標識
2
根藤
2017年06月18日 11:29撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根藤
1
唯一のTWコーステープ
どれだけ安心したことか
2017年06月18日 11:33撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一のTWコーステープ
どれだけ安心したことか
登戸看板裏
2017年06月18日 11:39撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登戸看板裏
新し目
2017年06月18日 11:43撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新し目
激下り途中に、こんなケルンが
誰が積んだのでしょうか?
2017年06月18日 11:56撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下り途中に、こんなケルンが
誰が積んだのでしょうか?
倉掛ポンプ場前取っ掛かり
2017年06月18日 12:09撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉掛ポンプ場前取っ掛かり
新し目
2017年06月18日 12:27撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新し目
新し目
2017年06月18日 12:28撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新し目
天神山
ここで天神橋方面に行ってしまった
2017年06月18日 12:39撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神山
ここで天神橋方面に行ってしまった
山王坂方面が正解だったのか未だわからず
2017年06月18日 12:39撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山王坂方面が正解だったのか未だわからず
なんとか戻ってこれました
2017年06月18日 13:29撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか戻ってこれました
能仁寺
2017年06月18日 15:31撮影 by PRA-LX2, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
能仁寺

感想/記録
by so_os

装備
ザック:UltrAspire OMEGA
シューズ:Hoka One One Stinson 3 ATR
ウェア:(上)MAMMUT サンバイザー
 DANG サングラス
 finetrack スキンメッシュ ノースリーブ
 半袖Tシャツ(FT50参加賞)
 finetrack グローブ
(下)NIKE 短パン
 3足900円位の五本指ソックス
その他:mont-bell ストームクルーザー(レインジャケット)(未使用)、ハッカ水(使用)、ファーストエイドキット(未使用)
水:ハイドレーション1.5L(水)、ボトル480cc(ポカリ)
食料:豆大福4個(4個消費)、high5ジェル3P(2P消費)、PowerBarジェル1P(消費)、グラノーラサンダー1個(未消費)

初めての2日連続の山行。私の中で宿題として残っていた、TW彩の国マイルsouth2周目の竹寺から天覚山を踏破しにやってきました。着替えとレインジャケットが入っていたのでかなり重かったです。

東吾野駅スタート、今日は尾根沿いで天覚山を目指します。TWの時は気付かなかったのですが、意外にきれいな稜線をのぞめるポイントがありました。ほどなく天覚山到着。まずは飯能アルプス経由で子の権現目指します。結構早い時間帯だったのに、トレランの方4、5人とこの区間で会いました(いずれも単独)。相変わらずきついですけど、いつの間にか子の権現到着。ここでペットボトル2本買いました。入り口の阿吽像が改修中で、色がきれいに塗り直されていました。次の竹寺にもほどなく到着、茅の輪と不思議なトーテムポールのような彫刻を一応確認。竹寺にある文化財はその神仏習合の歴史通り凄い独特なんですよねー。

さあここから宿題の始まりです。まずは仁田山峠方面に進みます、小殿バス停方面との分岐に仁田山林道方面を示す新し目の標識がありました。一応コースはわかるのですが、明らかにあまり人が入っていない様子。大会が終わってコースマーカーが撤去されているのは分かってはいたのですが、やっぱり現地に来てみるとほとんど標識もなく不安に。途中、鳥居観音がのぞめる意外なビューポイントがありました。少し進んだところでコースミス。鉄塔への登りを巻いてしまって、仁田山峠林道方面に降り始めたことに気付きました。正解は鉄塔まで登りきり、左手の細いルートに進みます(未だに正解かどうか微妙だけど)。当然標識も何もないので、メチャクチャ不安です。まあ不明瞭なコースをしばらく進むと、一旦林道に出ました。少し右手に、切り株に書かれた登戸・周助山標識が(大変ありがたかったのですが、気付かずスルーしそうな目立た無さです)置かれてあって、「合っているんだ」とようやく安心。ここからもまた不明瞭、途中でTWの黄色テープがぶら下がっているのを発見してどれほど安心したことか(唯一この一つが残っていました、次に来る人のために残しておきました)。そんな感じで進んで無事、登戸・周助山をパスして、原市場バス停付近に下りてきました。この辺りに自販機あるかなと期待したのですが、見つけられなくてがっかりして、倉掛ポンプ場の方に向かいました。

倉掛ポンプ場前の取っ掛かりは、他の方のブログ等で知っていたのでそのまま山に突入。ただ入ったは良いものの、ここもメチャクチャ不明瞭、なんとなく進むとようやく踏み跡の薄いルートっぽい感じに、途中で木に矢印がペイントされていて、「一応合ってるんだな」と少し安心して先に進めます。コースへの不安さの方が勝っていましたが、何気にこの区間が強烈な直登・直下りでけっこうきついです。で、何やかんやでピークっぽいところに、新し目の標識があって、安心するというパターン。ただ、天神山分岐から先で痛恨のコースミス、山王坂方面ではなく天神橋方面に進んだところ、途中でトレイルを完全に見失い、本当によく分からないバリルートで舗装路に降りてきました(ミスに気づいた地点で、間近に車の行き交う音が聞こえたので戻らずそのまま舗装路に出ました)。種木橋方面に右手に進んでコース復帰。

種木橋を渡り、川沿い左手に進みます。そのまま進むと途中から林道に、最初の分岐を左に進まず真っ直ぐ、更に進むと直進か右折の分岐。直進は倒木で通せんぼされているように感じたので右手のコースに(29/4/30のオレンジテープが木に巻かれていました)入っていきます(ここまで標識一切なし、メチャクチャ不安です)。急なつづら折りの登りをしばらく進むと、太めのトレイルと合流。左折し、さらに登るとようやく天覚山に到着しました。年配の団体ハイカーさんが和やかに昼食をとられているところに、予想外の方向から(このルートも山と高原の地図に載ってないんですよね)私が現れたのでさぞかし驚かれたのではないでしょうか。

天覚山からはいつもの飯能アルプスで飯能に向かいます。東峠に降りて、久須美を経由、飯能アルプス永田入り口付近で裸足ランをしている方に遭遇。「すごいですね!痛くないんですか?」「凄い痛いです」。相変わらず、多峯主山方面への登り返しは地味にきついです、というかこの方向でここを通る時は基本的に終盤だからきついんだよな、と今回初めて気付きました。もう十分バテていたので多峯主山・天覧山山頂はパスして、能仁寺山門脇から出てきました。そのまま奥むさし旅館まで進み汗を流して終了。

・標識が無さ過ぎて、このコースかなり不安にさせられます。時間と体力に余裕を持ってのぞんだ方が良いです。こういうのもたまには楽しくていいなと思いました。
・たまたま行きの電車内でマフェトン理論の本を読んでいたので心拍数を145以上にできるだけ上げないように進むことに。まあまあ実践できたかと思いますが、どうやらコースが不安な時は急登でも知らず知らず先を急ぐみたいで、すぐに160位に上がっちゃいました。

いつも山に入らせてもらってありがとうございます。
訪問者数:158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ