また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1175616 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

中央アルプス南部周回(越百山→南駒ヶ岳→空木岳)

日程 2017年06月19日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴☀️
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道伊那インター→国道361号→国道19号→伊奈川林道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間22分
休憩
36分
合計
8時間58分
S伊奈川ダム上駐車場04:3905:03福栃平(南駒-越百分岐)05:0405:24下のコル(四合目)05:2505:34上のコル05:3406:09上の水場06:0906:36越百小屋06:3707:05越百山07:0807:52仙涯嶺07:5709:16南駒ヶ岳09:2109:43赤梛岳09:4410:24空木岳10:3111:16木曽殿山荘11:1911:26木曽義仲の力水11:3311:45見晴台11:4512:13仙人の泉12:1312:29北沢 吊り橋12:3313:01うさぎ平13:0213:09金沢土場13:1013:40伊奈川ダム上駐車場13:4013:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【1】登山口→越百山
伊奈川ダムから少し行くと駐車場があります。駐車場の先にゲートがありますが、登山者は右手の隙間を通行できます。すぐに空木岳方面と越百山方面に林道が分かれます。林道を右手に越百山方面に約3劼曚豹覆鵑製蠅登山口となります。登山道は福栃橋から4合目迄が若干急ですが、石もなく、木の枝に引っかかることもなく、長いですが非常に登りやすい道です。シャクナゲは咲き終わりでした。越百小屋へ一旦下り、越百山。🏔
【2】越百山→仙涯嶺→南駒ヶ岳
今回最も苦しんだ場所です。
越百山から仙涯嶺は、若干、岩登り的要素があるものの赤ペンキに沿って行けば大丈夫ですが、一箇所痩せ尾根にトラロープが張られている場所は要注意。足場が砂で滑りやすく一歩間違うと転落の危険有りです。仙涯嶺の西側ルンゼを巻きで超えていきますが、草付きの急斜面で、非常に滑りやすく落石にも注意が必要です。この斜面に残雪があり、見事に赤ペンキを消しています。筆者は、この地点で道をロストして、ルンゼ上部に出てしまい、そこからルート探しに約20分を費やし、やっと残雪下部に巻道を発見しました。トレースもなく非常にわかりにくい危険な場所でした。
さらに、南駒ヶ岳南峰手前では、登山道が残雪に埋もれています。(結構な距離が残雪となっています。)ここも赤ペンキが見えず非常に分かりにくく踏み外せば伊那側の谷に落ちてしまいます。今回はトレースが残されていたため、何とか辿って進みました。相当の急斜面の緩んだ雪道、しかもノーアイゼンだったので絶えず緊張感を維持しました。ストックに助けられました。
【3】南駒ヶ岳→空木岳→登山口
雪等はありません。基本的に砂塵の道です。部分的に分かりにくい場所はありますが、ロストするような場所はないと思います。ただ迷ったら上部に道があります。(仙涯嶺と逆です。)砂塵が滑るので気をつけましょう。空木岳から木曽殿越は鎖、木梯子の急峻な下りが続きます。木曽殿山荘からは緩やかな下山道です。ウサギ平までくれば林道を約6區覆爐斑鷦崗譴箸覆蠅泙后
その他周辺情報○駐車場
駐車場に行くにはナビで伊奈川ダムで検索すると行けます。今日は平日ということもありガラガラでした。
○食事
道の駅木曽福島の天ぷらせいろ蕎麦は美味しかった。あと野菜などが豊富に売られてました。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

伊奈川ダム駐車場です。筆者の他二台のみでした。
2017年06月19日 04:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊奈川ダム駐車場です。筆者の他二台のみでした。
林道の分かれ道。越百山方面へ。
2017年06月19日 04:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の分かれ道。越百山方面へ。
3劼曚瀕啼擦鮨覆爐汎邏陬岳との分岐点
越百山まで4時間とのことです。
2017年06月19日 05:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3劼曚瀕啼擦鮨覆爐汎邏陬岳との分岐点
越百山まで4時間とのことです。
1
このような整備された登山道が続きます。
2017年06月19日 05:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような整備された登山道が続きます。
7合目展望台先の崩壊地
2017年06月19日 06:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目展望台先の崩壊地
展望台から御嶽山と乗鞍岳が見えます。
2017年06月19日 06:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から御嶽山と乗鞍岳が見えます。
越百小屋です。まだ開業してません。
2017年06月19日 06:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋です。まだ開業してません。
1
越百山山頂が見えてきました。見事な岩のオブジェです。
2017年06月19日 07:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山山頂が見えてきました。見事な岩のオブジェです。
越百山山頂です。誰もいません。これから南駒ヶ岳に向かいます。
2017年06月19日 07:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山山頂です。誰もいません。これから南駒ヶ岳に向かいます。
2
緑と白の砂塵のコントラスト
2017年06月19日 07:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑と白の砂塵のコントラスト
2
手前は仙涯嶺。奥は南駒ヶ岳。
2017年06月19日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は仙涯嶺。奥は南駒ヶ岳。
2
深いハイマツの中、仙涯嶺に向かいます。
2017年06月19日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深いハイマツの中、仙涯嶺に向かいます。
1
超えてきた大岩。直下の砂塵は凄まじい急登でした。
2017年06月19日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超えてきた大岩。直下の砂塵は凄まじい急登でした。
1
仙涯嶺に着きました。ここから難所が始まるとは想像できませんでした。
2017年06月19日 07:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺に着きました。ここから難所が始まるとは想像できませんでした。
仙涯嶺手前(南側)の大岩。
2017年06月19日 07:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺手前(南側)の大岩。
1
仙涯嶺からの南アルプス。左から。鋸→甲斐駒ケ岳→白峰三山です。
2017年06月19日 07:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺からの南アルプス。左から。鋸→甲斐駒ケ岳→白峰三山です。
1
南アルプス方面
2017年06月19日 07:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面
北岳&間ノ岳
2017年06月19日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳&間ノ岳
塩見岳の向こうに富士山
2017年06月19日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の向こうに富士山
仙涯嶺直下の痩せ尾根
2017年06月19日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺直下の痩せ尾根
写真ではわかりにくいですが危ない場所です。
2017年06月19日 08:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが危ない場所です。
ここがロストした場所です。上に行くと進めません。此処から10嘆爾辰燭箸海蹐謀仍各擦あります。
2017年06月19日 08:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがロストした場所です。上に行くと進めません。此処から10嘆爾辰燭箸海蹐謀仍各擦あります。
難所を超えて南駒ヶ岳。此処からさらに難所が。
2017年06月19日 08:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所を超えて南駒ヶ岳。此処からさらに難所が。
振り返ると仙涯嶺です。険しい岩場でした。
2017年06月19日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると仙涯嶺です。険しい岩場でした。
3
登山道に残雪があります。この先さらに急斜面の雪道を直登していきました。
2017年06月19日 08:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に残雪があります。この先さらに急斜面の雪道を直登していきました。
1
あと少しで南駒ヶ岳です。
2017年06月19日 09:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで南駒ヶ岳です。
1
中央に宝剣岳が。
2017年06月19日 09:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に宝剣岳が。
南駒ヶ岳に着きました。緊張感を強いられました。
2017年06月19日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳に着きました。緊張感を強いられました。
3
これから向かう空木岳
2017年06月19日 09:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう空木岳
5
御嶽山のアップ
2017年06月19日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山のアップ
2
空木岳。この場所からだと燕岳に似てます。
2017年06月19日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳。この場所からだと燕岳に似てます。
3
空木岳山頂です。山頂では2人の登山者と出会いました。今回の山行で出会ったのはこの2人のみです。
2017年06月19日 10:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳山頂です。山頂では2人の登山者と出会いました。今回の山行で出会ったのはこの2人のみです。
3
空木岳直下の駒峰ヒュッテです。
2017年06月19日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳直下の駒峰ヒュッテです。
1
南駒ヶ岳方面
2017年06月19日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳方面
2
木曽駒方面
2017年06月19日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒方面
1
木曽駒の奥に北アルプス
2017年06月19日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒の奥に北アルプス
1
さ。下山します。
2017年06月19日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ。下山します。
1
振り返ると空木岳
2017年06月19日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると空木岳
1
ここまで急峻な岩場を下ってきました。
2017年06月19日 10:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで急峻な岩場を下ってきました。
木曽義仲の力水。残りの水が約300?程度でした。補給できなければ、下山まで相当苦しい戦いを強いられていたはずです。水分補給で相当の生き返りを図れました。
2017年06月19日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽義仲の力水。残りの水が約300?程度でした。補給できなければ、下山まで相当苦しい戦いを強いられていたはずです。水分補給で相当の生き返りを図れました。
北沢までたどり着きました。この橋を渡るとまた登りが始まりました。
2017年06月19日 12:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢までたどり着きました。この橋を渡るとまた登りが始まりました。
うさぎ平に到着
2017年06月19日 13:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎ平に到着
この林道を走ります。
2017年06月19日 13:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この林道を走ります。
1
道の駅で蕎麦を食べました。山行中殆ど固形物を食べずにきたので、胃が癒されました。
2017年06月19日 14:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅で蕎麦を食べました。山行中殆ど固形物を食べずにきたので、胃が癒されました。
1

感想/記録
by Janine

中央アルプス南部の周回ルート。是非今年やりたかった日帰りchallengeでした。コースタイムは山と高原地図上18時間30分で、休憩時間も含め50%以内でのクリアを目指し、縦走路と下りは走ろうと決めていたので、越百山までの登りは7〜8割の力、かつ心拍数も140〜160位で調整しながら登りました。しかし、越百山からの縦走で急な砂塵、残雪等により思いかけず体力を消耗してしまいました。初ルート故に苦しめられました。長いルートだと予定時間を過ぎると焦ります。また水の補給も必要です。目標は達成できましたが、登山の難しさを改めて感じた山行でした。
この周回は逆もありですが、空木岳までが遠く木曽殿山荘から急峻なため、越百山からの方がいいと思われます。
訪問者数:1121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ