また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1175858 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

奥鬼怒の山(大清水~鬼怒沼山・湿原~日光沢温泉~女夫淵温泉)

日程 2017年06月17日(土) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【行き】バスタ新宿-(夜行バス)-大清水
【帰り】女夫淵温泉-(町営バス)-鬼怒川温泉-(東武特急)-春日部
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間5分
休憩
1時間16分
合計
9時間21分
S大清水04:1204:44物見橋05:01湯沢出合07:37物見山(毘沙門山)09:01鬼怒沼山10:00鬼怒沼巡視小屋10:07鬼怒沼11:2312:43オロオソロシの滝展望台13:17ノシ滝13:33日光澤温泉
2日目
山行
1時間51分
休憩
0分
合計
1時間51分
日光澤温泉07:3307:47加仁湯08:02ブナ平08:26八丁の湯08:53コザ池の滝09:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
物見山~鬼怒沼山:残雪が多い。赤テープもあまりない。
鬼怒沼湿原~日光沢温泉:残雪が途中まであった。
その他周辺情報日光沢温泉で宿泊。2種類の泉質の露天風呂がある。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地形図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 財布 サングラス タオル ストック カメラ ガスストーブ ガスボンベ コッヘル 食器 ライター ナイフ ツェルト 着替え

写真

【1日目】夜行バスで3時40分くらいに大清水到着。
2017年06月17日 04:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】夜行バスで3時40分くらいに大清水到着。
1
自分以外の人は尾瀬沼に向かった。支度をして物見山への林道に入る。
2017年06月17日 04:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分以外の人は尾瀬沼に向かった。支度をして物見山への林道に入る。
しばらく林道を歩く。
2017年06月17日 04:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道を歩く。
この橋を渡ると車が通れないような山道になる。
2017年06月17日 04:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると車が通れないような山道になる。
鬼怒沼の指導標があった。
2017年06月17日 04:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼の指導標があった。
沢を木橋でわたると物見山の登りにかかる。
2017年06月17日 05:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を木橋でわたると物見山の登りにかかる。
1
あすなろの木が多いので緑が濃い。
2017年06月17日 05:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あすなろの木が多いので緑が濃い。
ななめになった石の断層。
2017年06月17日 06:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ななめになった石の断層。
1
アカヤシオが咲いていた。
2017年06月17日 06:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが咲いていた。
アズマシャクナゲがこのあたりから多く見かけた。
2017年06月17日 06:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲがこのあたりから多く見かけた。
1
少し岩っぽくなってきた。
2017年06月17日 06:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し岩っぽくなってきた。
上州武尊だと思う。
2017年06月17日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊だと思う。
1
シャクナゲ。
2017年06月17日 07:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
2
燧ケ岳は雪が残っている。
2017年06月17日 07:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳は雪が残っている。
1
物見山山頂は樹林に囲まれて見晴らしはよくなかった。
2017年06月17日 07:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山山頂は樹林に囲まれて見晴らしはよくなかった。
1
会津駒ケ岳の稜線だと思う。
2017年06月17日 07:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ケ岳の稜線だと思う。
ダケカンバの向こうにわずかに燧ケ岳が見える。
2017年06月17日 07:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの向こうにわずかに燧ケ岳が見える。
物見山の降りにかかると斜面に雪が出てきた。
2017年06月17日 07:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山の降りにかかると斜面に雪が出てきた。
雪の上を降りていく。登山道は途中で右にトラバースするので降り過ぎないように進む。
2017年06月17日 07:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の上を降りていく。登山道は途中で右にトラバースするので降り過ぎないように進む。
1
鬼怒沼の分岐に来た。鬼怒沼山に登るのでこのまま進む。
2017年06月17日 08:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼の分岐に来た。鬼怒沼山に登るのでこのまま進む。
この先は残雪が多くトレースも赤布もあまりないので戻るときのために自分の足跡をつけて歩く。
2017年06月17日 08:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は残雪が多くトレースも赤布もあまりないので戻るときのために自分の足跡をつけて歩く。
1
鬼怒沼山が見えてきた。
2017年06月17日 08:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼山が見えてきた。
鬼怒沼山の分岐につく。
2017年06月17日 08:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼山の分岐につく。
ここから頂上までは赤、黄、青などのテープが多くある。
2017年06月17日 08:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから頂上までは赤、黄、青などのテープが多くある。
山頂への指導標もあった。
2017年06月17日 08:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への指導標もあった。
木の間越に日光白根が見える。
2017年06月17日 09:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間越に日光白根が見える。
鬼怒沼山山頂についた。
2017年06月17日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼山山頂についた。
3
降ってきて振り返り見る。
2017年06月17日 09:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ってきて振り返り見る。
ここは登らずに左側をトラバースする。
2017年06月17日 09:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは登らずに左側をトラバースする。
1
沼の分岐に戻ってきた。
2017年06月17日 09:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼の分岐に戻ってきた。
青空の下の湿原。
2017年06月17日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下の湿原。
2
以前泊まった避難小屋に立ち寄る。
2017年06月17日 10:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前泊まった避難小屋に立ち寄る。
前泊まったときは何もなかったが銀マットが置いてあった。以前はテーブルやノートもなかったと思う。
2017年06月17日 10:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊まったときは何もなかったが銀マットが置いてあった。以前はテーブルやノートもなかったと思う。
1
燧ケ岳と至仏山が見える。
2017年06月17日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳と至仏山が見える。
この樹林に覆われた山が物見山。
2017年06月17日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この樹林に覆われた山が物見山。
木道の先に奥白根山。
2017年06月17日 10:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の先に奥白根山。
1
この湿原からは鬼怒沼山は見えない。目の前の山の鞍部の向こうにあるはずだ。
2017年06月17日 10:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この湿原からは鬼怒沼山は見えない。目の前の山の鞍部の向こうにあるはずだ。
1
右側のとがったほうが根名草山。
2017年06月17日 10:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側のとがったほうが根名草山。
湿原の草を鹿が食べている。この湿原も花がなくなるかもしれない。
2017年06月17日 11:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の草を鹿が食べている。この湿原も花がなくなるかもしれない。
今日最後の降り奥鬼怒温泉に向かう。
2017年06月17日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日最後の降り奥鬼怒温泉に向かう。
アスナロの根本にダケカンバとイタヤカエデの木が生えている。
2017年06月17日 12:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスナロの根本にダケカンバとイタヤカエデの木が生えている。
オロオソロシノタキ。
2017年06月17日 12:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロオソロシノタキ。
根名草山。
2017年06月17日 12:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根名草山。
直下に沢が見えてきた。
2017年06月17日 13:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下に沢が見えてきた。
日光沢温泉に見えた。
2017年06月17日 13:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光沢温泉に見えた。
温泉玄関と犬。
2017年06月17日 15:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉玄関と犬。
1
【2日目】今日はバス停まで歩くだけ。犬に別れをつげるが、あいてにしてくれなかった。
2017年06月18日 07:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】今日はバス停まで歩くだけ。犬に別れをつげるが、あいてにしてくれなかった。
二年前に来たときも工事をしていたがまだ先が長そうだ。
2017年06月18日 07:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二年前に来たときも工事をしていたがまだ先が長そうだ。
時間があるのでブナ平によることにした。
2017年06月18日 07:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるのでブナ平によることにした。
大きなブナが周囲にある。
2017年06月18日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなブナが周囲にある。
八丁の湯についた。
2017年06月18日 08:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁の湯についた。
鬼怒川源流沿いに進む。
2017年06月18日 08:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒川源流沿いに進む。
この橋をわたり尾根をひとつ越えるとバス停につく。
2017年06月18日 09:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋をわたり尾根をひとつ越えるとバス停につく。
最後の階段を降りて今回の山旅は終了した、
2017年06月18日 09:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の階段を降りて今回の山旅は終了した、

感想/記録

 もう7,8年前になるが大清水から鬼怒沼湿原、鬼怒沼山、黒岩山、赤安山、小淵沢田代、尾瀬沼と歩いたことがある。そのときはテントをかついでいたが鬼怒沼湿原の南端まであるいて戻ってきたところの避難小屋の誘惑に負けて早かったが泊まってのんびりしたことがある。そのとき日光沢温泉に降りたらいいかもしれないと思いほんとにのんびりするつもりで今回来てみた。大清水から鬼怒沼へ入る人は少ない。今回バスで入った人も15人はいたと思うがみんな尾瀬沼に向かった。
 薄明るくなってきた林道を歩き出す。今週雨が降ったのか道はぬかるんでいる。沢音が大きく聴こえ鳥のさえずりも途切れることがない。6月の緑は明るい。しだいに青空になってきた。ゆっくり歩いているつもりだが以外に早く林道終点の橋につく。ここから地形図と違うが沢の左岸をたどり湯沢の木橋につく。この沢をわたるとあとは物見山への尾根をひたすら登る。アスナロの木が多い。ヒノキ、サワラとの違いは葉の裏を見るとわかる。コメツガ、シラビソ、ダケカンバ、それとシャクナゲ、ブナと次第に樹種が変わっていく。高度が上がるにつれシャクナゲの花がちょうど咲いていた。岩場がでてきて右奥の稜線が近づいてくると山頂は近い。左の木の間越に燧ケ岳が見える。まだ雪がついている。今年は雪が多い。物見山山頂は木の間からわずかに雪の山がのぞいている。展望もないので少し休んでくだりにかかる。降りていくと雪が出てきた。降るにつれて登山道を雪が覆ってきた。地形図で右に曲がっているので注意してみると奥に道形が見えたのでそっちへ行くとそこがルートだった。登山道をたどると木道が見えてきてそこが湿原の入口になっていた。
 今回は鬼怒沼山にも登ってみる。この先は平坦だが雪に覆われている。雪に靴跡をつけながらまっすぐ進んでいくとところどころ登山道がでているので方向があっていることがわかる。地形図では左の山と右の小山の鞍部を越えて鬼怒沼山にたどり着くので地形は合っている。正面に木の板が見えてきたらそれが鬼怒沼山分岐の指導標だった。ここからはいろんな色のテープが多い。雪もほとんどない。登りついた樹林の中に三角点がありわずかに開けたところから奥白根山が大きく見える。
 登山道分岐にもどり自分のつけた足跡をたどって戻る。湿原分岐になんとかたどりついた。湿原のなかのベンチで焼きそばをつくり食べる。蛙がさかんに鳴いている。湿原の遠くに人影が見えるとだんだん人が増えてきた。日光沢からちょうど着くころみたいだ。湿原で一時間も休んでしまった。南端にくると鹿が湿原の草を食べている。ここも花がなくなってしまうのかと思う。下りも1800mあたりまで雪がある。オロオソロシノ滝展望台から対岸に一筋の滝が見えている。ここからは50分くらいで日光沢温泉の宿についた。犬が2匹迎えてくれた。
 翌日は曇りだった。9時50分のバスに間に合えばいいので食後に温泉に浸かりゆっくり出発する。それでも早いので加仁湯からブナ平によってみる。大きなブナの中を歩くのは気持ちがいい。のんびりしていたらちょうどいい時間になったのでバス停までいそぐ。町営バスで女夫淵温泉から鬼怒川温泉駅にでて駅で直近の特急がとれたのでそれで帰路についた。
訪問者数:482人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ