ヤマレコ

記録ID: 1176051 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走祖母・傾

傾山(杉ヶ越登山口)

日程 2017年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
43分
合計
7時間47分
S杉ヶ越大明神06:4510:25後傾10:3310:41傾山11:1311:20後傾11:2314:28杉ヶ越大明神14:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
杉ヶ越登山口 6:41⇒九折越ルート出合 10:20⇒後傾山 10:31⇒傾山 10:40―11:12⇒杉ヶ越登山口 14:31−14:57⇒車移動⇒英国館見学 15:16
歩行距離 10.1km 歩行時間 7時間18分 万歩計 26,611歩
上り 5.16km 3時間59分 分速 21m
下り 4.94km 3時間19分 分速 24m
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

ヤマレコにどなたかアップしていたが、梯子の上り下りは側を持たずに、しっかり横バーを持つべしと。なーるへそ。
2017年06月18日 07:58撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコにどなたかアップしていたが、梯子の上り下りは側を持たずに、しっかり横バーを持つべしと。なーるへそ。
3
16番目、最後のはしご。これらを設置した先人のご苦労に感謝。
2017年06月18日 09:39撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16番目、最後のはしご。これらを設置した先人のご苦労に感謝。
1
「この先危ないですから十分注意して登山しましょう」の注意喚起、4箇所ほどあった。
2017年06月18日 09:55撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「この先危ないですから十分注意して登山しましょう」の注意喚起、4箇所ほどあった。
1
傾山、後傾山から。
2017年06月18日 10:31撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾山、後傾山から。
1
後傾山、傾山から。
2017年06月18日 10:43撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後傾山、傾山から。
2
山頂の岩峰にて。
2017年06月18日 10:46撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の岩峰にて。
3
癒される。
2017年06月18日 12:13撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒される。
尾根の下りは、涼風に吹かれて快適だった。
2017年06月18日 12:59撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の下りは、涼風に吹かれて快適だった。
英国館、なぜえいこくかんという名前なのかや見立の歴史などがわかる。中に入ると、若い!美人の!女子職員が応対してくれた。入館料、300円。
2017年06月18日 15:22撮影 by HDR-CX550V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
英国館、なぜえいこくかんという名前なのかや見立の歴史などがわかる。中に入ると、若い!美人の!女子職員が応対してくれた。入館料、300円。
2
撮影機材:

感想/記録

杉ヶ越登山口からは12年ぶり5回目になる。久しぶりだ。57号線が地震崩壊のため通れず8卍遠回りを強いられるのだがそれにしても遠い。自宅を夜中に出たものの、途中で仮眠をとったり朝飯を食べたりで結局4時間近くかかって登山口に着く。登山口の様子は以前と変わらない、昔のまんまだ。このルートはアップダウンのある尾根歩きで、岩場が多く左右に巻いたり、直登したりで変化に富むコースだということを改めて感じた。梯子が16カ所設置され、ロープを伝って蟹の横這い歩きをしたり、またやせ尾根歩きやら、急傾斜を上に見上げながらよじ登ったりでいろいろと大変な思いをした。ちょっとこわい思いもした。今まで4回もよくこんなところに登って来たななどと思いながら歩きとおす。九折越ルートと出合う手前あたりは灌木が茂っていたが、以前は下草が生えるのみで見通しがよくがらんとしていたような記憶がある。山頂に着く。今日は晴れてまずまずの展望だ。時計を見ると、ほぼ4時間経過していたがまあまあこんなもんかな。ただ、2000年11月の記録を見ると3時間9分で山頂に達している。我ながらおそるべし。下山も大変だろうなと思いつつ下るが、目が慣れたためか登るときに感じた怖さは全くなかった。涼風に吹かれて気持ちよく歩くことができた。
訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/17
投稿数: 497
2017/6/20 8:56
 お疲れさまでした
こんにちは。
九州最難関の1つと言われる杉ヶ越
ここはちょうど去年の夏に行きました
雨が降ってブヨの大群に襲われて
ハシゴどうこうどころじゃなくなって
色んな意味で難しいルートですよね
登録日: 2015/2/16
投稿数: 11
2017/6/20 9:44
 Re: 読んでいただき有難うございました。
17日、18日と見立、杉ヶ越からほんとに久しぶりに登ってきましたが、shevaさん、polanさんの山行記録をダウンロードして行きました。17日に杉ヶ越から登ってきた男性がいて、年齢的に同じだったので、この人が登れたのなら自分も大丈夫と思って18日に杉ヶ越から登ったわけです。ところが実際登ってみると、、、感想文のごとくだったわけでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

直登 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ