ヤマレコ

記録ID: 1178762 全員に公開 沢登り中国

八木尾谷CSの15m滝

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 気温25℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
佐伯より吉井川沿いR374を北上
三保高原・大芦高原の標識を右折、2個目のヘアピンの先が長楽の滝駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間29分
休憩
0分
合計
2時間29分
Sスタート地点13:1615:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
空梅雨のため水量少な目。
全体的に鬱蒼とした感じでぬめりがあります。
高巻きの際には大きなスラブが落ち葉に隠れています、滑落注意。
ゴミが気になる。目立つものは見えない場所に寄せたりしてるけど解決にならない。
ごみ袋持って掃除しよう。
その他周辺情報高原の宿ロマンツェ
大芦高原温泉 雲海
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン ファーストエイドキット 携帯 時計 カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング アッセンダー ディッセンダー プーリー ハンマーバイル アングルハーケン 渓流シューズ

写真

長楽の滝。
落差40mの段瀑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長楽の滝。
落差40mの段瀑。
上段部分。
直登可能、難しくありませんが高度感はそれなりに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段部分。
直登可能、難しくありませんが高度感はそれなりに。
3
二の滝は滝か??
ゴーロ滝ということで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝は滝か??
ゴーロ滝ということで。
横の壁は練習場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横の壁は練習場所。
天気がよければ光がきれいな癒しの空間です。
(沢はきれいとはいえない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がよければ光がきれいな癒しの空間です。
(沢はきれいとはいえない)
宿題だった三の滝15m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿題だった三の滝15m。
3
一人登攀システム。
一回目は機能しなかった。
(素人の考えるもので
おそらくロープを傷めるので参考不可)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人登攀システム。
一回目は機能しなかった。
(素人の考えるもので
おそらくロープを傷めるので参考不可)
1
滝上から懸垂で下部のテラスへ降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上から懸垂で下部のテラスへ降ります。
5
中央のぬめぬめは手も足も出ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央のぬめぬめは手も足も出ない。
右っかわ。
写真左の白い筋部分、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右っかわ。
写真左の白い筋部分、
これが一番簡単に登れます。
上に乗ったあとがぬめってて危ないかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが一番簡単に登れます。
上に乗ったあとがぬめってて危ないかもしれません。
今回は左端。
足は大きな石に乗せられる。
上がハング気味で難しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は左端。
足は大きな石に乗せられる。
上がハング気味で難しい。
水量は少ないけど
思いっきりシャワークライム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量は少ないけど
思いっきりシャワークライム。
3
1本はマイクロアッセンダー。
懸垂下降に使ったダブルの方は自分でビレイしながらのトップロープだったけど、うんともすんとも…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1本はマイクロアッセンダー。
懸垂下降に使ったダブルの方は自分でビレイしながらのトップロープだったけど、うんともすんとも…。
中段のテラス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段のテラス。
3
真ん中から下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中から下。
あーこんなんなってた。
ロープが流れません…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あーこんなんなってた。
ロープが流れません…
1
最初っからだめだったようです。
これは流れる。
計3回登ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初っからだめだったようです。
これは流れる。
計3回登ってみた。
落ち口から覗く。
本日はここまで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口から覗く。
本日はここまで。
2
ロマンツェのとこのメルヘントイレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロマンツェのとこのメルヘントイレです。

感想/記録

昼から休めることになったので和気の八木尾谷へ出かけました。
午後からちょっと行けるという時にちょうどよい沢で好きです。

登れそうで登れないかなあとずっとほっといたとこをすっきりさせます。
三番目の15mくらいの滝です。
懸垂下降で一旦降りてから登り返します。

この時に使った2本(1本)をもてあましてるので、ただ木に巻いてたところをATC使って自己ビレイしながら登るようにしました。
トップロープで登りながら自分でもう片方を引っ張っていきます。
もう1本保険でブレーキ用のロープ出しています。

一回目はまったくだめでした。上にも下にもロープが流れず。
まっすぐのところなら今まで大丈夫だったのですが、今回は角度があって岩に擦ってるからだろうかと思ってました。
上がって見るとカラビナが変な角度でロープを押さえつけていたので完全にロック状態でした。これではロープを傷めてしまいます。

2回目3回目はもっと上からまっすぐ支点をとってカラビナも気をつけたところ
ばっちりでした。
ひとりなので落ちないように丁寧に・・・とか気をつけてましたが、
独学というか自己流は想定が足りないから不具合が出ます。

ちゃんと教わろう。

訪問者数:86人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ