また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1180011 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

梅雨中休みの赤岳へ

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘駐車場
22時過ぎに着いた時は空いていましたが、夜にどんどん車が来て、朝にはほぼ満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
2時間7分
合計
11時間5分
S赤岳山荘06:2908:58行者小屋09:2010:29地蔵の頭10:3710:45赤岳天望荘10:5411:42赤岳11:4311:53赤岳頂上山荘12:4713:07赤岳13:1213:35文三郎尾根分岐13:3614:43行者小屋15:1017:34赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

初めて南沢から登ります。
2017年06月24日 06:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて南沢から登ります。
こんな感じの森の中を登る。北沢とは雰囲気が違いますね。
2017年06月24日 07:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの森の中を登る。北沢とは雰囲気が違いますね。
イワカガミ
2017年06月24日 08:09撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
2
緑の森に陽が差し込んで眩しい
2017年06月24日 08:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の森に陽が差し込んで眩しい
横岳の稜線が見えてきました。この景色が好きです。
2017年06月24日 08:48撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の稜線が見えてきました。この景色が好きです。
行者小屋到着。阿弥陀岳も顔を出す。
2017年06月24日 09:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。阿弥陀岳も顔を出す。
赤岳。いつ見てもカッコいい!
2017年06月24日 09:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳。いつ見てもカッコいい!
1
赤岳の後に阿弥陀岳に行くかもしれないので、地蔵尾根から登ります。
2017年06月24日 09:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の後に阿弥陀岳に行くかもしれないので、地蔵尾根から登ります。
地蔵尾根の急登を登ります。
2017年06月24日 10:03撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の急登を登ります。
大同心、小同心あたり。
2017年06月24日 10:09撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心、小同心あたり。
阿弥陀岳まで行けるかなー。
2017年06月24日 10:10撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳まで行けるかなー。
2
尾根途中のお地蔵様。
2017年06月24日 10:21撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根途中のお地蔵様。
雲がかかっていた赤岳山頂が見えてきました。
2017年06月24日 10:30撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がかかっていた赤岳山頂が見えてきました。
2
急登を登りきってお地蔵様とご対面。
2017年06月24日 10:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきってお地蔵様とご対面。
横岳。真正面の平らな山頂がそれ。
2017年06月24日 10:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳。真正面の平らな山頂がそれ。
名前わからず。
2017年06月24日 11:25撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前わからず。
2
赤岳北峰到着。
2017年06月24日 11:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳北峰到着。
2
赤岳南峰到着!5回目の登頂です。
2017年06月24日 11:45撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳南峰到着!5回目の登頂です。
4
北峰に戻って昼食。食後のおやつの袋はパンパンに膨れています。
2017年06月24日 12:13撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に戻って昼食。食後のおやつの袋はパンパンに膨れています。
文三郎尾根に向かって下ります。
2017年06月24日 13:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根に向かって下ります。
権現岳方面。今度向こうから縦走しようと思ったけど、アップダウンが激しそう。
2017年06月24日 13:24撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳方面。今度向こうから縦走しようと思ったけど、アップダウンが激しそう。
1
余裕があれば阿弥陀岳もと思っていましたが、今回は見送り。
2017年06月24日 13:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕があれば阿弥陀岳もと思っていましたが、今回は見送り。
4
カワイイ。
2017年06月24日 15:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワイイ。
南沢の下りが長い。。予想以上に時間がかかってしまいました。
2017年06月24日 16:04撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢の下りが長い。。予想以上に時間がかかってしまいました。
小渕沢IC に下る道から見えた甲斐駒ヶ岳。男前です!
また行ってみたくなりました。
2017年06月24日 18:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小渕沢IC に下る道から見えた甲斐駒ヶ岳。男前です!
また行ってみたくなりました。
帰りに道の駅小渕沢で八ヶ岳高原ワイン(HORSE WINE)を調達。家に帰って飲みましたが、とても芳醇でおいしいワインでした。
2017年06月24日 23:33撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに道の駅小渕沢で八ヶ岳高原ワイン(HORSE WINE)を調達。家に帰って飲みましたが、とても芳醇でおいしいワインでした。
2

感想/記録

梅雨の中休みの赤岳に行きました。
カミさんは八ヶ岳は初めて。
金曜夜に美濃戸の駐車場で車中泊して、朝から出発。

南沢から初めて登りました。予想以上に勾配がきつく、寝不足の体にはちょっときつかった。

行者小屋について赤岳の勇姿や横岳のキレイな稜線、どっしりした阿弥陀岳の姿を楽しみながらゆっくり休憩。

余裕があれば赤岳の後に阿弥陀岳にも行こうと思って、地蔵尾根から登りました。
森林限界を抜けて鎖場へ。カミさんは地蔵尾根の鎖場が怖かったようです。
ゆっくりゆっくり登って赤岳山頂到着。高度感のある風景にカミさんも喜んでいました。

時間も遅くなったし、阿弥陀岳はまた今度にして文三郎尾根から下山。

久しぶりの3000M級の山で疲れましたが、カミさんも八ヶ岳を気に入ったようで、また行ってみようと思います。
訪問者数:266人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ