ヤマレコ

記録ID: 1184549 全員に公開 ハイキング比良山系

釈迦谷で釈迦岳・カラ岳

日程 2017年07月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り後雨(一時)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線比良駅〜イン谷口間バスあり。(土・日・祝日のみ)
イン谷駐車スペース多数。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
10分
合計
4時間10分
Sスタート地点07:5209:47釈迦岳09:5510:07カラ岳10:25比良明神10:2711:25神璽谷の赤鳥居11:50神璽谷・釈迦岳分岐12:02登山ポスト(神璽谷道)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
釈迦谷入る A8:02
建物跡? A8:05
堰堤 A8:15
二股 A8:38-8:40
2誕譟蔽丙后法A8:46
大大岩 A8:48
登山道合流 A9:35
釈迦岳 A9:47-9:55
コース状況/
危険箇所等
山麓駅跡に登山ポストあり。
釈迦谷に登山道は有りません。
神璽谷道は後半は難路。
その他周辺情報比良川沿いに比良トピア(温泉)。
国道161号線にコンビニ有り。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 コンパス ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ロープ ヘルメット スリング ゴム手袋 濡れて良い靴

写真

A8:02 リフト山麓駅跡から10分程歩いた所から釈迦谷へ入る。釈迦谷は山麓駅跡の直ぐ上で神璽谷と別れている。
2017年07月02日 08:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:02 リフト山麓駅跡から10分程歩いた所から釈迦谷へ入る。釈迦谷は山麓駅跡の直ぐ上で神璽谷と別れている。
A8:05 少し遡行すると石垣や道跡、パイプ等建物が有った様な場所に出る。
2017年07月02日 08:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:05 少し遡行すると石垣や道跡、パイプ等建物が有った様な場所に出る。
A8:15 随分立派な堰堤も。少し場違い。
2017年07月02日 08:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:15 随分立派な堰堤も。少し場違い。
1
水量からすればあの堰堤はいりますかね?少し藪漕ぎ気味に谷を行く。
2017年07月02日 08:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量からすればあの堰堤はいりますかね?少し藪漕ぎ気味に谷を行く。
A8:46 ブッシュで分かり難い二股を左。そしたら釈迦谷で一番大きい2誕譟蔽丙后法
2017年07月02日 08:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:46 ブッシュで分かり難い二股を左。そしたら釈迦谷で一番大きい2誕譟蔽丙后法
1
A8:48 その上にとても大きな岩が谷を塞ぐ。大橋の毘沙門岩より大きい。
2017年07月02日 08:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:48 その上にとても大きな岩が谷を塞ぐ。大橋の毘沙門岩より大きい。
2
A8:50 右のオーバーハングにはハーケンかボルトを打った穴が5〜6カ所残っている。
2017年07月02日 08:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:50 右のオーバーハングにはハーケンかボルトを打った穴が5〜6カ所残っている。
A8:51 人一人がやっと通れる幅です。
2017年07月02日 08:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:51 人一人がやっと通れる幅です。
2
A8:52 本当に大きな岩。釈迦谷の唯一の見所かも?
2017年07月02日 08:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:52 本当に大きな岩。釈迦谷の唯一の見所かも?
1
A8:58 この後暫く楽しい沢歩き。
2017年07月02日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:58 この後暫く楽しい沢歩き。
2
A9:16 水が涸れると普通の凹部になりただの急斜面の登り。
2017年07月02日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:16 水が涸れると普通の凹部になりただの急斜面の登り。
A9:32 やがて左手に空が見え始めるとそこが釈迦岳南稜の登山道。
2017年07月02日 09:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:32 やがて左手に空が見え始めるとそこが釈迦岳南稜の登山道。
A9:36 登山道に出た所。左から来た。
2017年07月02日 09:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:36 登山道に出た所。左から来た。
A9:47 女性3人が休憩中の釈迦岳に着く。
2017年07月02日 09:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:47 女性3人が休憩中の釈迦岳に着く。
A10:07 カラ岳。
2017年07月02日 10:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:07 カラ岳。
A10:26 次郎坊山近くの比良明神跡に寄る。以前はここに神社と賽銭箱が有った。
2017年07月02日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:26 次郎坊山近くの比良明神跡に寄る。以前はここに神社と賽銭箱が有った。
A10:26 石仏。
2017年07月02日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:26 石仏。
A10:31 比良ロッジ跡。ここで少しだけ青空見える。
2017年07月02日 10:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:31 比良ロッジ跡。ここで少しだけ青空見える。
2
A10:47 7〜8年振りに天朽磨崖佛に行く事にする。
2017年07月02日 10:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:47 7〜8年振りに天朽磨崖佛に行く事にする。
A10:51 6体有り、それぞれに大理石の名盤が填め込まれている。
2017年07月02日 10:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:51 6体有り、それぞれに大理石の名盤が填め込まれている。
A10:51 ロープウエーから見ると石仏に見えたのでしょうか?
2017年07月02日 10:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:51 ロープウエーから見ると石仏に見えたのでしょうか?
3
A11:12 神璽谷別れの上。皆ここから左岸の道が判らず、右岸の方の新しい道に行く。
2017年07月02日 11:12撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:12 神璽谷別れの上。皆ここから左岸の道が判らず、右岸の方の新しい道に行く。
A11:25 この鳥居はいつ頃の物でしょう?
2017年07月02日 11:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:25 この鳥居はいつ頃の物でしょう?
A11:39 この燈籠といい、昔は信仰の場所だったのですね。
2017年07月02日 11:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:39 この燈籠といい、昔は信仰の場所だったのですね。
A11:55 釈迦谷に入った場所に戻る。
2017年07月02日 11:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:55 釈迦谷に入った場所に戻る。
A11:58 私に驚いた蛇が木に逃げる。
2017年07月02日 11:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:58 私に驚いた蛇が木に逃げる。
2
P0:08 ノリウツギが咲き出した・・
2017年07月02日 12:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P0:08 ノリウツギが咲き出した・・
2

感想/記録

P2から雨との予報だったので、簡単に行ける釈迦谷に入る事にした。
リフト山麓駅跡から少し登った所がもう釈迦谷。水量は少ない。ブッシュ気味の小川?を辿って行く。

少し行くと石垣やパイプ等建物が有った感じの場所に出る。ここまでは、昔、道が有った。
その先に堰堤。ジャブジャブと川を行く。

入谷から35分で二股。右はワンゲル道に出ると思うが、行った事は無い。
左に行く。ここから少し斜度が上がる。

釈迦谷で一番(恥ずかしい?)の2誕譟蔽丙后法
その直ぐ上に大きな大岩。右に寝て居て谷を塞いでいる。寝ている側はオーバーハングで、岩登りが好きな人にはたまらないのかも・・
実際ボルトかハーケンを打った穴が4〜5箇所空いている。

大岩の右の隙間はギリギリ通れる幅。その後暫く楽しい沢歩き。それも水が尽きると終わり。ひたすら急斜面の登り。

やがて左手に空が見えたら釈迦谷の終わり。釈迦岳南稜の登山道に出る。
釈迦岳で靴を替え、カラ岳へ。

比良明神跡に寄り、久しぶりに天朽磨崖佛にも行く。周りの木も大きくなり、手入れされていない。そこから戻るのは大変なので、そのままトラバースして神璽谷道へ抜ける。でも最後は少し急斜面だったのでロープを使う。(このトラバースは余りお勧めしません。)

神璽谷別れから〜北比良峠の道は、皆右岸の凸部をいくみたい。凹部から左岸に入るのが分からないみたいだ。
神璽谷道では5〜6人と出合う。

約4時間で釈迦谷口に戻る。釈迦谷はわざわざ行く程の谷では有りませんが、ちょっとバリ道を歩きたい人には入門コース。地図と磁石で冒険ごっこにどうですか?
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/19
投稿数: 6
2017/7/3 7:29
 はじめまして
はじめまして。
私も比良山系が好きで、色んな登山口から登ってます。
草川さんの本のルートもびわ湖側だと大体登りました。
今回アップしていただいたルートは登ってないので、大変参考になりました。
次回、チャレンジしてみようと思います
登録日: 2017/3/27
投稿数: 67
2017/7/3 16:31
 Re: はじめまして
初めまして。
冒険ごっこには手頃な谷です。水量は少ないので楽しい所は短いですが・・
ルートファインディングを楽しんで下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ