また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1186128 全員に公開 沢登り支笏・洞爺

丹鳴川遡行

日程 2017年07月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇(ムシムシの蒸暑さ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
閉鎖中の道道78号線のゲート前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間31分
休憩
38分
合計
10時間9分
Sスタート地点06:4111:47丹鳴岳12:2516:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■道道(未舗装路)を歩き丹鳴橋付近から入渓。Co540の二股までは勾配がなだらかな優しい流れが続く。美しいナメも多くリバーウォークに最適なセクション。
■Co540の二股を左へ。その後Co600には高さ10mのナメ滝あり。滝の左手に残置のロープがあるが信頼度は不明。倒木が無ければもっといいのにな、と思わせるセクション。
■Co800あたりから渓相が狭く荒れた感じに。やがて沢形は姿を失い熊笹の藪漕ぎへ。藪の途中にテント一張り程度の刈り分けがあり、なぜか古びた鍬が置かれている。この鍬で道を切り開いたのだろうか?と首をかしげてしまう謎めいたセクション。
■このまま山頂まで藪漕ぎが続くのかと思いきや、山頂直下では夏道のような快適な道が続くのがありがたい。山頂は平坦で再び笹薮となるがトラバース気味に笹の道を歩くのは転落事故に要注意。夏道のありがたさを再認識したセクション。
■山頂からは特に白老方面の山々の見晴しが良好。今まで見たことない支笏湖の形と恵庭岳の山容が印象的だった。

要所に赤い三角形の標識があり(出所不明)良いナビゲーターとなっている。遡上はワクワクだが帰路はかなり長く感じられた。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

丹鳴橋付近から入渓します
2017年07月01日 06:54撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹鳴橋付近から入渓します
水は綺麗だし流れも優しいのです
2017年07月01日 06:59撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は綺麗だし流れも優しいのです
1
小滝もご覧の感じでして…
2017年07月01日 07:02撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝もご覧の感じでして…
3
まさにナメパラダイスです♪
2017年07月01日 07:09撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにナメパラダイスです♪
4
かつてこの地に鉱山があったという、その遺産でしょうか?
2017年07月01日 07:34撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつてこの地に鉱山があったという、その遺産でしょうか?
要所に見られた赤△の標識
2017年07月01日 08:09撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所に見られた赤△の標識
3
10mの滝、左に残置ロープあり
2017年07月01日 09:56撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mの滝、左に残置ロープあり
1
その後もナメが続きます
2017年07月01日 10:02撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後もナメが続きます
2
Co780の標識
2017年07月01日 10:33撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co780の標識
1
振り返ると支笏湖がっ
2017年07月01日 10:41撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると支笏湖がっ
で、これが謎の鍬です
2017年07月01日 11:04撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、これが謎の鍬です
3
恵庭岳はあまり見慣れないアングルで
2017年07月01日 11:45撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳はあまり見慣れないアングルで
1
で、さんちょ!
山頂標識は見つけられませんでしたが、三角点はゲット!
2017年07月01日 11:53撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、さんちょ!
山頂標識は見つけられませんでしたが、三角点はゲット!
5
フップシ、タルマエと対峙の山頂
2017年07月01日 12:16撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フップシ、タルマエと対峙の山頂
4
鉱物を多く含む石なのでしょうか。青い岩盤も目立ちましたね
2017年07月01日 13:44撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱物を多く含む石なのでしょうか。青い岩盤も目立ちましたね
2
長い遡行を終えて!お疲れ様でした!
2017年07月01日 16:33撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い遡行を終えて!お疲れ様でした!
1
撮影機材:

感想/記録

最近刊行された「新版・北海道の山と谷」に紹介されていた丹鳴川。これはネットで調べても雪山以外に記録がほとんど残されていない丹鳴岳へ沢からアプローチするというもの。夏の丹鳴岳はノーマークであり実に気になる…と現地へ出向き準備をしていると、全く同じ動機、同じタイミングで入渓する人あり。あとで伺えばヤマレコユーザーさんとのこと。
沢は優しい渓相でナメも美しく、正直この沢の遡行記録が少ないのは不思議な感じさえ覚えた。Co540の二股を誤り手前の沢に入り込んでしまった所から前述のヤマレコユーザーさんにご同行を賜る。その後、ルーファイや藪漕ぎの先陣、懸垂下降用のロープの準備など等…本当にお世話になった。たぶん一緒でなければ山頂にはたてなかったと思う。
山頂からの景色は今まで見たことのない支笏湖の景観が印象的で季節を変えてまた登ってみたいな、と思わせるに十分な魅力を備えたいい山だった。
訪問者数:545人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/9
投稿数: 3
2017/7/4 6:45
 お疲れ様でした
詳細な記録、すごいです。
自分のヤマレコは結構適当なので…(笑)
夏にはレアなピークに立てて、楽しい沢でした。
登録日: 2011/5/4
投稿数: 190
2017/7/4 19:38
 Re: お疲れ様でした
いえいえ、junnseiさんのレコもなかなかクールでイカしてますよ
気になるニナルは思った通り(以上に?)いい沢でしたね。
特に下流域は入門者にも最適なルートですし、そんな意味もあっていつもよりちょっとだけ詳細に書き込みました〜。もっと沢にチャレンジして欲しいですよねっ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ