また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1186225 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

都境縦走槙寄山〜浅間峠

日程 2017年07月03日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ猛暑
アクセス
利用交通機関
電車バス
上野原駅→郷原バス停(飯尾行き)→槙寄山→数馬峠→笛吹峠→丸山→小ゆずり峠→土俵岳→日原峠→浅間峠→新山王橋バス停→上野原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
2時間0分
合計
8時間0分
S郷原バス停09:4011:00槇寄山11:20西原峠11:20田和峠11:40数馬峠11:5012:00藤尾分岐12:20笛吹峠12:30丸山12:40小棡峠12:5013:40土俵岳13:50日原峠14:20浅間峠14:4015:50新山王橋バス停(旧:棡原中学校入口バス停)16:5017:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
郷原バス停から三頭山の標識を辿る。最初2〜3分の町はずれでやや迷う。
イノシシ除けの高圧電線に注意
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 コンパスを忘れスマホアプリで代用

写真

上野原駅。北口駅前ロータリーというには寂しすぎるスペースに通学専用バス5〜6台、バスも何度も切り返す狭さにビックリ。置いたザックがバスにひかれそうに。近々に南側に新ロータリーが出来るそうです。
2017年07月03日 08:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野原駅。北口駅前ロータリーというには寂しすぎるスペースに通学専用バス5〜6台、バスも何度も切り返す狭さにビックリ。置いたザックがバスにひかれそうに。近々に南側に新ロータリーが出来るそうです。
飯尾行のバスに55分程乗ります。今回は笹尾根の槇寄山〜浅間峠の都境縦走を目指します。20分もすると客は数名、バスは山間の狭道を進みます。
2017年07月03日 08:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯尾行のバスに55分程乗ります。今回は笹尾根の槇寄山〜浅間峠の都境縦走を目指します。20分もすると客は数名、バスは山間の狭道を進みます。
郷原バス停到着、私が降りてバスは空っぽです。奥多摩湖〜三頭山〜槇寄山、南高尾山稜〜城山〜景信山〜陣馬〜生藤山〜浅間峠は縦走済みなので、残りの区間を重複しないコースで…ということで、ここから出発です。
2017年07月03日 09:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郷原バス停到着、私が降りてバスは空っぽです。奥多摩湖〜三頭山〜槇寄山、南高尾山稜〜城山〜景信山〜陣馬〜生藤山〜浅間峠は縦走済みなので、残りの区間を重複しないコースで…ということで、ここから出発です。
バス停前の民家へ向かう上り坂より三頭山という標識を頼りに登ると槇寄山付近に出ます。
2017年07月03日 09:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停前の民家へ向かう上り坂より三頭山という標識を頼りに登ると槇寄山付近に出ます。
民家の裏庭へ行くようですが、これがルートです。
2017年07月03日 09:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の裏庭へ行くようですが、これがルートです。
勿論、三頭山方面へ!
2017年07月03日 09:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勿論、三頭山方面へ!
出ました、イノシシ除けの高圧電線です。これ見て一気にビビリーです。扉を閉めてワイヤーを巻き付けてイノシシが通れないようにしてから登りはじめましょう。やっぱりこのルートはマイナー感満載です。クマ除け鈴、笛、肉声この際全部使います。周りは獣だけでしょうから。
2017年07月03日 09:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました、イノシシ除けの高圧電線です。これ見て一気にビビリーです。扉を閉めてワイヤーを巻き付けてイノシシが通れないようにしてから登りはじめましょう。やっぱりこのルートはマイナー感満載です。クマ除け鈴、笛、肉声この際全部使います。周りは獣だけでしょうから。
草に覆われそうな部分もあります。
2017年07月03日 09:57撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草に覆われそうな部分もあります。
落ち葉が堆積している部分には必ずと言っていい程ほじくり返したような形跡が…「元気ですかぁーっ!」闘魂注入 自分に(笑)ビビリー
2017年07月03日 09:59撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉が堆積している部分には必ずと言っていい程ほじくり返したような形跡が…「元気ですかぁーっ!」闘魂注入 自分に(笑)ビビリー
九十九折の登りが終わると稜線に出たようです。獣には合わず結局「ビビリーなおじさん苦笑い」という結末。
2017年07月03日 10:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折の登りが終わると稜線に出たようです。獣には合わず結局「ビビリーなおじさん苦笑い」という結末。
標高1000メートル程からスタート地点を見下ろせる場所がありました。
2017年07月03日 10:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000メートル程からスタート地点を見下ろせる場所がありました。
とりあえず、三頭山側山稜から槇寄山頂を目指します。
2017年07月03日 10:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、三頭山側山稜から槇寄山頂を目指します。
笹尾根が見えてきて、明るくなってきました。本日下界は気温35度の酷暑予想、こちらは登りきると心地良い風が登山者を迎えてくれます。
2017年07月03日 10:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹尾根が見えてきて、明るくなってきました。本日下界は気温35度の酷暑予想、こちらは登りきると心地良い風が登山者を迎えてくれます。
ほんのちょっと登ると、
2017年07月03日 10:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんのちょっと登ると、
槇寄山到着、
2017年07月03日 11:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山到着、
富士山も雲間より顔を出してくれました。この間、他の登山者さんには会っていません!
2017年07月03日 11:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も雲間より顔を出してくれました。この間、他の登山者さんには会っていません!
いよいよ笹尾根縦走、都境縦走します。
2017年07月03日 11:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ笹尾根縦走、都境縦走します。
下って直ぐに西原峠です。ここまでは以前来ました。秋川側斜面を降りろと数馬の湯がありますが、今回は縦走します。
2017年07月03日 11:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って直ぐに西原峠です。ここまでは以前来ました。秋川側斜面を降りろと数馬の湯がありますが、今回は縦走します。
笹尾根を行きます。
2017年07月03日 11:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹尾根を行きます。
都県境といっても、厳密にいうと、峰のピークより北に下がったところに登山道があるので、ここは東京都ですね。まぁ良しとします。
2017年07月03日 11:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都県境といっても、厳密にいうと、峰のピークより北に下がったところに登山道があるので、ここは東京都ですね。まぁ良しとします。
山梨側田和バス停への分岐です。
2017年07月03日 11:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨側田和バス停への分岐です。
やはり北側斜面です。
2017年07月03日 11:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり北側斜面です。
良くある、南側植林の杉林、北側原生林のパターンです。
2017年07月03日 11:35撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良くある、南側植林の杉林、北側原生林のパターンです。
倒木も何本かありました。
2017年07月03日 11:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も何本かありました。
下ると…
2017年07月03日 11:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ると…
数馬峠に到着
2017年07月03日 11:43撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬峠に到着
先ほどより露出が多い富士山に再会です。
2017年07月03日 11:44撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどより露出が多い富士山に再会です。
さらに進みます
2017年07月03日 11:48撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進みます
笛吹峠です。ウズシキと読むそうです。
ここでご婦人4名登山者と今回初遭遇です。ハンガー代わりに帽子を掛けていたそうです。今日は人が少ないですからね。無理もありません。ここで昼食を、と思っていましたが、お邪魔してもいけないので、もう少し進みます。
2017年07月03日 12:12撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笛吹峠です。ウズシキと読むそうです。
ここでご婦人4名登山者と今回初遭遇です。ハンガー代わりに帽子を掛けていたそうです。今日は人が少ないですからね。無理もありません。ここで昼食を、と思っていましたが、お邪魔してもいけないので、もう少し進みます。
丸山山頂です。きれいな形で丸く盛り上がった感じの山頂。
2017年07月03日 12:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山山頂です。きれいな形で丸く盛り上がった感じの山頂。
こゆずり峠を目指します。
2017年07月03日 12:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こゆずり峠を目指します。
都県境山稜らしい登山道ですね。江戸時代の街道の峠越えの趣があります。
2017年07月03日 12:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都県境山稜らしい登山道ですね。江戸時代の街道の峠越えの趣があります。
こゆずり峠です。読めませんし漢字に変換できません。
2017年07月03日 12:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こゆずり峠です。読めませんし漢字に変換できません。
このあたりの風通しの良いところで昼ご飯休憩を取りました。
先ほどのご婦人方に追い越されました。話の花が咲き楽しそうでした。羨ましい限りです。
2017年07月03日 13:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの風通しの良いところで昼ご飯休憩を取りました。
先ほどのご婦人方に追い越されました。話の花が咲き楽しそうでした。羨ましい限りです。
今回唯一北斜面の開けているところからのワンショットだったと思います。
2017年07月03日 13:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回唯一北斜面の開けているところからのワンショットだったと思います。
土俵岳です。この付近の少し下ったところに水場あります(標識あり)
2017年07月03日 13:39撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土俵岳です。この付近の少し下ったところに水場あります(標識あり)
今回のピーク槇寄山よりアップダウンが多少ありますが、ほぼほぼ下りベースの縦走です。
2017年07月03日 13:40撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のピーク槇寄山よりアップダウンが多少ありますが、ほぼほぼ下りベースの縦走です。
日原峠です。
2017年07月03日 13:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原峠です。
ここお登りきると
2017年07月03日 13:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここお登りきると
下って行って、浅間峠到着です。途中でご婦人方を再度追い越して先着です。
2017年07月03日 14:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って行って、浅間峠到着です。途中でご婦人方を再度追い越して先着です。
御神木?立派でした。
2017年07月03日 14:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神木?立派でした。
前回は陣馬高原下から陣馬山経由でここまで来て、檜原街道(北斜面側)の上川乗バス停に降りました。トイレはきれい、バス停は小屋になっていて最高でした。
2017年07月03日 14:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回は陣馬高原下から陣馬山経由でここまで来て、檜原街道(北斜面側)の上川乗バス停に降りました。トイレはきれい、バス停は小屋になっていて最高でした。
ご婦人チームが到着して再会、お菓子を頂戴しました。私世代の男には絶対出来ない心遣いです。美味しく頂きました。今回は別ルートを取るということで、浅間峠から南斜面を降りて新山王橋バス停を目指します。
2017年07月03日 14:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご婦人チームが到着して再会、お菓子を頂戴しました。私世代の男には絶対出来ない心遣いです。美味しく頂きました。今回は別ルートを取るということで、浅間峠から南斜面を降りて新山王橋バス停を目指します。
急斜面を九十九折の登山道で降りますが、登山道というよりは、杉林管理用の道という感じ、途中からは轍の跡がある道を降りていきます。途中で草に隠れて道がわかりにくい箇所が一か所ありました。日があたって草でおおわれている道が正解です。
2017年07月03日 14:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折の登山道で降りますが、登山道というよりは、杉林管理用の道という感じ、途中からは轍の跡がある道を降りていきます。途中で草に隠れて道がわかりにくい箇所が一か所ありました。日があたって草でおおわれている道が正解です。
これなんの芽?
2017年07月03日 14:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなんの芽?
1時間半弱でバス定着。誰もいないので、汗だくの着物すべて着替えバスを待ち、帰路につきました16時49分のバス1本のみですので要注意です。
2017年07月03日 16:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間半弱でバス定着。誰もいないので、汗だくの着物すべて着替えバスを待ち、帰路につきました16時49分のバス1本のみですので要注意です。
訪問者数:126人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ