また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1187232 全員に公開 沢登り比良山系

鵜川左股

日程 2017年07月06日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線北小松駅〜鵜川登山口 徒歩50分位。
国道161号線を北進。同志社大の建物の次の分岐を左折。
JRの高架脇に2台、2つ目の柵の手前に2台位駐車可能。2つ目の柵の内側にも駐車出来る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

鵜川登山口 8:02
鵜川降り口 8:11
右・左股分岐 8:15-8:19
1つ目の滝 8:36
2つ目の滝 8:45
石橋 8:51
3つ目の滝 9:06
4つ目2段6誕譟9:16-9:30
5つ目4誕譟9:33
階段状2.5叩9:42
遡行終了 10:15-10:20
支稜に出る 10:43
滝山登山道合流 11:02
牛山東尾根分岐 11:20
鳶岩降り口 11:22-11:40
鳶岩 11:54-12:07
牛山東尾根 12:14
山麓 12:36
鵜川登山口 12:39 

コース状況/
危険箇所等
この付近に登山ポストは無い。
中谷左股は初心者〜初級レベルの渓です。横に登山道が有るので、巻くのも、逃げるのも簡単。1蛋宛紊涼丙垢20個以上。3蛋宛紊梁譴5〜6個。沢登りでは無く、沢歩きです。
その他周辺情報比良・雄琴まで下がれば温泉が有る。
飲食店は、安曇川か堅田。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

A7:56 次の交差点を左折。(車1台の幅の道)
2017年07月06日 07:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:56 次の交差点を左折。(車1台の幅の道)
A8:02 2つ目の動物柵の内側。ここまで車可能。
2017年07月06日 08:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:02 2つ目の動物柵の内側。ここまで車可能。
A8:11 登山道から渓に降りる分岐。右折。木にテープが有る。
2017年07月06日 08:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:11 登山道から渓に降りる分岐。右折。木にテープが有る。
A8:18 右・左股分岐の直ぐ下流に1.5辰有る。昨日の雨で水量が多いが、丁度倒木があって足場になる。ここから始める。
2017年07月06日 08:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:18 右・左股分岐の直ぐ下流に1.5辰有る。昨日の雨で水量が多いが、丁度倒木があって足場になる。ここから始める。
A8:21 1叩B生坩未泙膿綽爾有るので・・
2017年07月06日 08:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:21 1叩B生坩未泙膿綽爾有るので・・
2
A8:22 2条2叩左右どちらからでも。
2017年07月06日 08:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:22 2条2叩左右どちらからでも。
1
A8:23 2.5叩水圧に負けそう。
2017年07月06日 08:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:23 2.5叩水圧に負けそう。
2
A8:33 一応2条2叩1Δ諒がジャブジャブ感が有って面白い。
2017年07月06日 08:33撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:33 一応2条2叩1Δ諒がジャブジャブ感が有って面白い。
1
A8:34 1叩K悗品イ凌綽爾和生圈噌。
2017年07月06日 08:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:34 1叩K悗品イ凌綽爾和生圈噌。
A8:36 1つ目の3誕譟今日は左壁から登る。
2017年07月06日 08:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:36 1つ目の3誕譟今日は左壁から登る。
2
A8:38 このナメを登ると登山道と出合う。
2017年07月06日 08:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:38 このナメを登ると登山道と出合う。
2
A8:41 この川の左は登山道。腰まで浸かって淵を行く。
2017年07月06日 08:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:41 この川の左は登山道。腰まで浸かって淵を行く。
1
A8:42 1.5叩水流沿いは意外と手こずる。
2017年07月06日 08:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:42 1.5叩水流沿いは意外と手こずる。
2つ目の2段4誕譟1κ匹鯏个襦上段1辰録欧討い襪、つるつるで緊張する。
2017年07月06日 08:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の2段4誕譟1κ匹鯏个襦上段1辰録欧討い襪、つるつるで緊張する。
3
A8:51 昨日の雨で石橋が滝になっている。
2017年07月06日 08:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:51 昨日の雨で石橋が滝になっている。
4
A8:52 大きな淵とナメ。綺麗な渓相です。
2017年07月06日 08:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 大きな淵とナメ。綺麗な渓相です。
2
A8:53 1.5端侈漫水のせいで意外と難しい。
2017年07月06日 08:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:53 1.5端侈漫水のせいで意外と難しい。
1
A8:58 登れる滝は楽しい。1.5叩
2017年07月06日 08:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:58 登れる滝は楽しい。1.5叩
A9:06 3つ目の3誕譟これはどこからでも登れる。
2017年07月06日 09:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:06 3つ目の3誕譟これはどこからでも登れる。
2
A9:16 4つ目の2段6誕譟これは右のバンドから中段へ行けそうなのですが・・・
2017年07月06日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:16 4つ目の2段6誕譟これは右のバンドから中段へ行けそうなのですが・・・
3
A9:17 右のバンド。上がると降りるのが大変。
2017年07月06日 09:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:17 右のバンド。上がると降りるのが大変。
A9:27 登山道で巻いて上から中段まで降りてみる。上部の2辰ツルツル。足が掛からない。これは私には無理。ロープで登り返す。
2017年07月06日 09:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:27 登山道で巻いて上から中段まで降りてみる。上部の2辰ツルツル。足が掛からない。これは私には無理。ロープで登り返す。
1
A9:20 直ぐ上に5つ目の4誕譟今日は水が多いので、空荷で上がってみる。落口に抜ける時手掛かりが無く、フリクションで上がる。今日は少しびびる。
2017年07月06日 09:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:20 直ぐ上に5つ目の4誕譟今日は水が多いので、空荷で上がってみる。落口に抜ける時手掛かりが無く、フリクションで上がる。今日は少しびびる。
2
A9:42 階段状2.5叩昔の修行場かも知れない。
2017年07月06日 09:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:42 階段状2.5叩昔の修行場かも知れない。
3
A9:59 沢歩きは階段状の所で終わって良いのですが、牛山東尾根で帰る予定なのでもう少し遡行を続ける。適当な谷から滝山本尾根に行こうと考えた。
2017年07月06日 09:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:59 沢歩きは階段状の所で終わって良いのですが、牛山東尾根で帰る予定なのでもう少し遡行を続ける。適当な谷から滝山本尾根に行こうと考えた。
A10:28 南谷口谷から入ろうとすると横に道がある。(この道は石切場様の場所で終わっていた。)
2017年07月06日 10:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:28 南谷口谷から入ろうとすると横に道がある。(この道は石切場様の場所で終わっていた。)
A10:43 滝山本尾根の支稜。この支稜を西に行き、本尾根から南進。滝山登山道に出る。
2017年07月06日 10:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:43 滝山本尾根の支稜。この支稜を西に行き、本尾根から南進。滝山登山道に出る。
A11:22 滝山登山道から牛山東尾根へ出る分岐。左折。
2017年07月06日 11:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:22 滝山登山道から牛山東尾根へ出る分岐。左折。
A11:54 鳶岩へ寄る。南琵琶湖。
2017年07月06日 11:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:54 鳶岩へ寄る。南琵琶湖。
3
A11:55 セルフで1枚。ここでお昼。
2017年07月06日 11:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:55 セルフで1枚。ここでお昼。
3
P0:12 鳶岩降り口。黄色のテープに鳶岩と記載。前回来た時より道が明瞭になっている。人が来てますね・・
2017年07月06日 12:12撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:12 鳶岩降り口。黄色のテープに鳶岩と記載。前回来た時より道が明瞭になっている。人が来てますね・・
P0:14 右が牛山東尾根。左に登ると牛山。
2017年07月06日 12:14撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:14 右が牛山東尾根。左に登ると牛山。
P0:36 最後に降りる尾根を間違えて、少し南側に着く。トラバースして戻る。
2017年07月06日 12:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:36 最後に降りる尾根を間違えて、少し南側に着く。トラバースして戻る。

感想/記録

ジャンルは「沢登り」しかないので、それにした。実際はバシャバシャ「沢歩き」です。

同志社大の建物の次の交差点を左折。2つの防獣柵を越えバイクを駐める。
登山道から鵜川に降り、右・左股分岐から遡行開始。

緩い渓相なので、初心者でも大丈夫。小さい段差が沢山。3蛋宛紊梁譴5〜6個。夏の水遊びに最適。
横に登山道が有るので、巻くのも、中止も簡単。

下山は、牛山東尾根としたので、鵜川の右岸を登り滝山本尾根に出る。本尾根から登山道は直ぐ。後は登山地図に載っているとおり。(地図と磁石必携)

牛山東尾根は何度通っても、下で間違う。でも牛山の下部はどこも緩いので降りられる。

沢歩きを初めて経験したい人はここがお勧めです。鵜川を遡行して、鵜川登山道を下山する。
余裕が有れば嘉嶺ヶ岳まで登り、嘉嶺ヶ岳東尾根で。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

右岸 倒木 出合 登山ポスト バンド
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ