ヤマレコ

記録ID: 1188401 全員に公開 ハイキング比良山系

深谷で南比良峠へ

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線比良駅〜道満小屋跡 徒歩1時間。
車は道満小屋跡まで入れる。道沿いの路肩に5〜6台駐車可能。
但し道に小石・小枝等そこそこ落ちている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
30分
合計
3時間33分
Sスタート地点08:1308:43丸山谷出合08:4410:08南比良峠10:2210:40荒川峠10:5511:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
堂満小屋跡 8:13
1つ目渡河点 8:16
2つ目渡河点 8:19
3つ目渡河点 8:43
丸山谷 8:33
深谷小屋 8:44 ここまで登山道。
稜線 10:00
南比良峠 10:08-10:22 ここから又登山道。
荒川峠 10:40-10:55 ここまで登山道。
865ピーク 11:04
降下点 11:06
生活道合流 11:15
尾根との別れ 11:31
左凹部降下点 11:37
堂満小屋跡 11:46
 
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは見当たりません。
深谷は深谷小屋まで登山道が有ります。そこから登山道は谷を離れる。
下山に使った荒川峠からの東尾根は地図には載っていませんが、そこそこの踏み跡があります。中谷出合まで行けます。
865ピーク先から東に降りましたが標高差80団道が有りません。ちゃんと凸部に出ると、昔の生活道が有ります。使う人は少ないので分かり難い所も有るが、薬師寺まで通じています。
その他周辺情報比良川沿いに比良トピア(温泉)。
堅田まで出れば飲食店等多数有り。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ヘルメット ロープ スリング 防虫スプレー ゴム手袋 濡れて良い靴 替えの靴下

写真

A8:02 湖西道路側道からの深谷入口。以前は登山標識があったが見当たらない。
2017年07月08日 08:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:02 湖西道路側道からの深谷入口。以前は登山標識があったが見当たらない。
1
A8:13 右の空き地が堂満小屋跡。ここまで車可能。
2017年07月08日 08:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:13 右の空き地が堂満小屋跡。ここまで車可能。
1
A8:16 登山口からすぐ。1つ目の渡河点。左岸から右岸へ。
2017年07月08日 08:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:16 登山口からすぐ。1つ目の渡河点。左岸から右岸へ。
A8:19 3分程で2つ目の渡河点。右岸から左岸。
2017年07月08日 08:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:19 3分程で2つ目の渡河点。右岸から左岸。
A8:27 更に8分で3つ目の渡河点。左岸から右岸。
2017年07月08日 08:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:27 更に8分で3つ目の渡河点。左岸から右岸。
A8:43 左に大きな谷。丸山谷。詰めると荒川峠へ。
2017年07月08日 08:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:43 左に大きな谷。丸山谷。詰めると荒川峠へ。
1
A8:44 丸山谷の左岸側に深谷小屋が有る。南比良峠への登山道も小屋の横から。小屋は潰れている。
2017年07月08日 08:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:44 丸山谷の左岸側に深谷小屋が有る。南比良峠への登山道も小屋の横から。小屋は潰れている。
1
A8:48 2つ目の堰堤。そこから先の深谷も堰堤ばかり。9つ有る。ここは両手を突っ張って堰堤へ上がる。
2017年07月08日 08:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A8:48 2つ目の堰堤。そこから先の深谷も堰堤ばかり。9つ有る。ここは両手を突っ張って堰堤へ上がる。
1
A9:02 6つ・7つ目の堰堤。右から越えるが、土砂斜面で登り難い。落石も有る。
2017年07月08日 09:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:02 6つ・7つ目の堰堤。右から越えるが、土砂斜面で登り難い。落石も有る。
A9:13 9つの堰堤を越えると、やっと昔の姿になる。でもただのがれ谷。
2017年07月08日 09:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:13 9つの堰堤を越えると、やっと昔の姿になる。でもただのがれ谷。
A9:18 今日姿を捉えた唯一の生物。
2017年07月08日 09:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:18 今日姿を捉えた唯一の生物。
3
A9:20 暑いので水流沿いを行く。
2017年07月08日 09:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:20 暑いので水流沿いを行く。
A9:26 2段3叩これで一番大きい。
2017年07月08日 09:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:26 2段3叩これで一番大きい。
1
A9:30 深谷には滝は無い。
2017年07月08日 09:30撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:30 深谷には滝は無い。
1
A9:39 一度谷は狭くなる。
2017年07月08日 09:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:39 一度谷は狭くなる。
1
A9:45 開けると稜線間近。
2017年07月08日 09:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:45 開けると稜線間近。
2
A9:51 左側の上はもう南比良峠。でも直下は急斜面。稜線に上がれる所を探す。
2017年07月08日 09:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A9:51 左側の上はもう南比良峠。でも直下は急斜面。稜線に上がれる所を探す。
2
A10:00 最後は右側から上がる。でも少し大変でした。
2017年07月08日 10:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:00 最後は右側から上がる。でも少し大変でした。
2
A10:08 南比良峠。濡れた靴を履き替える。
2017年07月08日 10:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:08 南比良峠。濡れた靴を履き替える。
2
A10:40 荒川峠。
2017年07月08日 10:40撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:40 荒川峠。
3
A10:55 荒川峠からの東稜の様子。踏み跡程度。
2017年07月08日 10:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A10:55 荒川峠からの東稜の様子。踏み跡程度。
2
A11:04 865ピーク。ブッシュ。
2017年07月08日 11:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:04 865ピーク。ブッシュ。
1
A11:06 865ピークから南へ走る稜線からは道らしくなる。私はこの辺から斜面を左(東)へ下る。
2017年07月08日 11:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:06 865ピークから南へ走る稜線からは道らしくなる。私はこの辺から斜面を左(東)へ下る。
1
A11:13 標高差80団下ると、凸部に出る。ここから昔の生活道が有る。
2017年07月08日 11:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:13 標高差80団下ると、凸部に出る。ここから昔の生活道が有る。
A11:17 使う人が少ないので道とは分かり難いが、ジグザグに道が有る。もう少し下ればはっきりした道になる。無住の薬師寺まで道は続く。
2017年07月08日 11:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:17 使う人が少ないので道とは分かり難いが、ジグザグに道が有る。もう少し下ればはっきりした道になる。無住の薬師寺まで道は続く。
1
A11:31 このまま谷へ降りて行けば薬師寺。深谷へ帰るので左の稜線を辿る。
2017年07月08日 11:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:31 このまま谷へ降りて行けば薬師寺。深谷へ帰るので左の稜線を辿る。
A11:35 こんな稜線。
2017年07月08日 11:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:35 こんな稜線。
1
A11:37 鞍部。ここの左の凹部を下る。
2017年07月08日 11:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:37 鞍部。ここの左の凹部を下る。
2
A11:38 こんな凹部。
2017年07月08日 11:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:38 こんな凹部。
1
A11:44 深谷に出る。ここは堂満小屋跡の直ぐ下。
2017年07月08日 11:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:44 深谷に出る。ここは堂満小屋跡の直ぐ下。
1
A11:46 登山終了・・・・
2017年07月08日 11:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A11:46 登山終了・・・・
1

感想/記録

今日は深谷を最後まで行きます。堰堤ばかり。堰堤が無ければ良い滝も有ったのでしょうが。滝は有りません。

深谷小屋は廃屋です。登山道は3回渡河します。テープ等しっかり付いています。

深谷小屋を過ぎると左右に堰堤の有る場所に出ますが、右が本谷。右の堰堤を左から越える。次の1丹未留當蕕呂修里泙涵茲蟇曚┐襦残り7つの堰堤は左岸(右)から。

堰堤が終わると、ガレ谷で谷の一部で水が流れている。暑いので水流沿いを登る。やがて谷が狭くなり面白そうと思っても直ぐお終い。もう直下です。稜線に上がるのに左右どちらかの凸部に逃げるのですが・・
私は20儖未料霹瓦を百均で買って、それを地面に刺して急斜面を登る。手掛かりが無い時便利。今日はそれが役に立ちました。

荒川峠からの東尾根は踏み跡(後半は道)で中谷出合まで繋がっています。登山道では有りませんが、そこそこの人が使っています。
私は中谷出合ではなく、深谷に戻りたいので、865ピーク先から東にある支尾根へ降ります。

支尾根まで磁石で東進。支尾根からは薬師寺まで昔の道が残っています。
薬師寺は深谷と大岩谷の間の山中に有る無住の寺です。
だから道は尾根を外れて薬師寺に向かう。支尾根は深谷まで続いている。

比良山系は緩い尾根や谷には必ず道が有ります。山も昔は生活の一部だったのでしょう。それに笹が枯れてしまって、藪漕ぎが殆ど必要なくなりました。

今回のコースも興味の湧く人は少ないでしょうが、比良山系隅から隅までの一つなのでご容赦を・・・

訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ