また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1190776 全員に公開 トレイルラン甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根)

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
19分
合計
7時間10分
S尾白川渓谷駐車場04:4504:48竹宇駒ヶ岳神社05:35笹の平分岐06:15刃渡り06:45五合目小屋跡07:10七丈小屋07:33標高2650m地点07:4008:10駒ヶ岳神社本宮08:13甲斐駒ヶ岳08:2510:00五合目小屋跡10:30刃渡り11:50竹宇駒ヶ岳神社11:55尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に無し
その他周辺情報尾白の湯 特別優待券利用620円
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 サングラス

写真

駐車場スタート
2017年07月08日 04:42撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場スタート
竹宇駒ケ岳神社
2017年07月08日 04:45撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹宇駒ケ岳神社
分岐を左
2017年07月08日 04:49撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を左
はじめはこんな感じの樹林帯
走れそうだが何故か足の裏が痛くてなかなか走れない
2017年07月08日 04:56撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめはこんな感じの樹林帯
走れそうだが何故か足の裏が痛くてなかなか走れない
はじめの急登が終わると樹林トラバース
ここは走れる
2017年07月08日 05:42撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめの急登が終わると樹林トラバース
ここは走れる
そして再び急登
2017年07月08日 05:50撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして再び急登
急登が終わると再び傾斜が落ちる
2017年07月08日 06:00撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が終わると再び傾斜が落ちる
走りやすい樹林帯
2017年07月08日 06:11撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
走りやすい樹林帯
だんだんと尾根が狭くなり甲斐駒名物の刃渡り
2017年07月08日 06:20撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと尾根が狭くなり甲斐駒名物の刃渡り
1
鳳凰三山
2017年07月08日 06:20撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
刃渡り右も左もそこそこ高度感あり
2017年07月08日 06:21撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り右も左もそこそこ高度感あり
刃渡り終了後もしばらく細尾根が続く
2017年07月08日 06:22撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り終了後もしばらく細尾根が続く
階段と梯子登場
2017年07月08日 06:28撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段と梯子登場
甲斐駒が見える
2017年07月08日 06:51撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒が見える
黒戸山から一端下降
2017年07月08日 06:51撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸山から一端下降
五合目から登り返し
そしてここからが黒戸尾根最大の急登が始まる
2017年07月08日 06:52撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目から登り返し
そしてここからが黒戸尾根最大の急登が始まる
長ーい梯子も出現
2017年07月08日 06:52撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長ーい梯子も出現
橋もある
2017年07月08日 07:05撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋もある
垂直梯子
2017年07月08日 07:08撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直梯子
七丈小屋
2017年07月08日 07:16撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋
昨年登った鋸岳が見える
2017年07月08日 07:40撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年登った鋸岳が見える
後ろを振り返ると八ヶ岳
2017年07月08日 07:40撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると八ヶ岳
2650m地点で3時間たち7分ほど休憩してぼちぼち登る事に
花の名前全然分かりませんが綺麗だったので撮影
2017年07月08日 07:46撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2650m地点で3時間たち7分ほど休憩してぼちぼち登る事に
花の名前全然分かりませんが綺麗だったので撮影
垂直鎖も登場
アスレチック満点で北沢峠から登った時よりも楽しい
2017年07月08日 07:53撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直鎖も登場
アスレチック満点で北沢峠から登った時よりも楽しい
北岳・間ノ岳
2017年07月08日 08:07撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳・間ノ岳
1
山頂までもう少し
2017年07月08日 08:07撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し
駒ケ嶽神社本宮
2017年07月08日 08:19撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ嶽神社本宮
甲斐駒ケ岳山頂
2017年07月08日 08:22撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂
仙丈ケ岳をバックに記念撮影
3週間ぶりの登山はキツかった
2017年07月08日 08:22撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳をバックに記念撮影
3週間ぶりの登山はキツかった
1
北岳・間ノ岳と右奥に塩見岳
2017年07月08日 08:23撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳・間ノ岳と右奥に塩見岳
鳳凰三山
2017年07月08日 08:23撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
仙丈ケ岳と北沢峠からの登山道
2017年07月08日 08:23撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳と北沢峠からの登山道
1
八丁尾根
2017年07月08日 08:24撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁尾根
眼下に見える戸台川
昨年秋に地蔵尾根を登り仙丈周回した時に歩いて1回ドボンしました
2017年07月08日 08:24撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見える戸台川
昨年秋に地蔵尾根を登り仙丈周回した時に歩いて1回ドボンしました
仙丈ヶ岳アップ
藪沢カールに残雪があるがまだスキー出来るのかな
2017年07月08日 08:35撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳アップ
藪沢カールに残雪があるがまだスキー出来るのかな
甲斐駒ケ岳らしい白い砂地
2017年07月08日 08:41撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳らしい白い砂地
鳳凰三山から続く早川尾根
車2台用意できたらここも周回したい
2017年07月08日 08:41撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山から続く早川尾根
車2台用意できたらここも周回したい
2本の鉄剣
避雷針?
2017年07月08日 08:58撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本の鉄剣
避雷針?
甲斐駒ケ岳もついにガスに覆われはじめる
2017年07月08日 09:13撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳もついにガスに覆われはじめる
垂直岩下り
2017年07月08日 09:45撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直岩下り
階段にはアイゼンの跡
2017年07月08日 09:50撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段にはアイゼンの跡
刃渡り下り
2017年07月08日 10:36撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り下り
笹ノ平分岐まで頑張って走ったが乳酸溜まりすぎてここで脚が終了してボチボチ歩いて下山
2017年07月08日 11:27撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ノ平分岐まで頑張って走ったが乳酸溜まりすぎてここで脚が終了してボチボチ歩いて下山
南アルプスの天然水
2017年07月08日 11:52撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの天然水
昼前に無事下山
2017年07月08日 11:58撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼前に無事下山
駐車場横にある食堂で山菜そばを食べる
2017年07月08日 12:13撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場横にある食堂で山菜そばを食べる
食堂でもらった温泉の割引券を利用して尾白の湯による
翌日鳳凰三山予定だったが南のほうが天気良さそうなので移動開始
2017年07月08日 12:41撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂でもらった温泉の割引券を利用して尾白の湯による
翌日鳳凰三山予定だったが南のほうが天気良さそうなので移動開始
下道でボチボチ移動して鳥倉林道駐車場到着
翌日は脚の筋肉痛の具合で登る山を決める事にして就寝
2017年07月08日 17:56撮影 by SO-02C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下道でボチボチ移動して鳥倉林道駐車場到着
翌日は脚の筋肉痛の具合で登る山を決める事にして就寝

感想/記録

昨年秋に日帰りで北沢峠から甲斐駒ケ岳に登り鋸岳縦走して戸台まで歩いたが、やはり甲斐駒ケ岳と言えば日本アルプス三大急登の黒戸尾根を歩かなければ甲斐駒ケ岳へ登った感が無いので今回チャレンジする事に。
目標は登り3時間でしたが標高2650m地点で丁度3時間たち気持ちが切れたので7分ほど休憩してそこからはぼちぼち登り休憩込で約3時間半。
あとは想像していたより垂直梯子や垂直鎖ありのアスレチック登山道でやはり甲斐駒は北沢峠からよりも黒戸尾根から登ったほうがいいと感じました。
訪問者数:404人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ