ヤマレコ

記録ID: 1191398 全員に公開 沢登り丹沢

滑棚沢右俣/中川川水系/丹沢(神奈川県連アルパインリーダー学校)

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
 kawamasa(CL)
, その他メンバー18人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

出発前のミーティング
2017年07月09日 06:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発前のミーティング
滑棚沢右俣
2017年07月09日 11:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑棚沢右俣
撮影機材:

感想/記録

神奈川県労山アルパインリーダー学校の沢登教室で滑棚沢(右俣)へ

読図は、‖堯θ根の向き、地形、I弦發3要素を統合駆使しながら行う。最近はスマホの地図ソフト等も進化が進み、信頼度も増してきたが、やはり基本は地図とコンパス。,魯灰鵐僖后↓△話老楚沺↓は高度計がそのツール・道具となるが、信頼度については、´△牢靄榲に「嘘」をつかず信頼性は高いが、については、そのほとんどが気圧高度計であり、気圧の変化によって誤差が出る。また、反応時間も機種によって区々で、スピーディーに下降する際は高度計の反応が追いつかないケースもある。このため、現在位置の同定は、´△鬚泙佐靄椶砲靴董↓はサブ的な取り扱いとすることが必要。
今回の雷木沢左岸尾根は、難易度が高い読図下降だが、私が担当したチームは、メンバー間のコミュニケーションが行き届き、下降時に判断が難しい局面もあったが、上々の遡行及び下降であったと思う。

水晶沢ノ頭から下降し始めたときに、左足の太ももに違和感。なんだろうと思って確認してみると、なんと、マダニに食われていた。幸いメンバーに看護師をはじめ医療関係者がいたため、適切な応急措置を取れたが、早々に帰宅し、休日緊急外来を受診し、マダニを取ってもらった。部分麻酔、メスでの切開といった外科的処方に加え、化膿どめの薬、明日は皮膚科を受診と、大ごとになってしまった。なんともなければ良いが...
しかし、ヒルもそうだが、長袖、長ズボンなのに、なぜ、太ももが食われるのか...不思議だ

kamogさんの記録はこちら↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1192472.html

受講者の記録はこちら↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1190703.html
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コンパス 右俣 左岸 高度計
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ