また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192391 全員に公開 アルパインクライミング奥武蔵

二子山中央稜マルチだよ

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ!
朝イチは下の方は日陰であったので、暑いながらも耐えられる状況。昼が近くなると日差しがギンギンに照らし、ビレイしててもちょっと苦しかった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前夜泊、道の駅、小鹿野の薬師の湯の第2駐車場にテントを張りました。第一の方は、車も多く、テントを張るのがためらわれる雰囲気でしたが、奥の第2Pは他の車もなく、住宅とも隣接しておらず、道からも離れているので、まあまあ快適。トイレも、バス停横のものが使えてよかった。
5時半頃出発し、6時過ぎには股峠の駐車スペースに到着。他の車はおらず一番乗り。
取り付きまでのアプローチは20分程度、予習はしっかりしたのに、分岐を誤り、行きすぎた。上に見えた赤ドラム缶をめざして、ちょっと無理矢理な右上トラバース登りで取り付き到着。赤ドラム缶は複数ある、ということで、「ここで取り付きあっているのかな?」とちょっとだけ悩みましたが、予習の写真と照らし合わせ、あっていることを確認。
コース状況/
危険箇所等
天候がよく、岩は乾いていて環境的には問題がなかった。
その他周辺情報下山後は前夜泊した薬師の湯へ。時間的に早かったので、産直野菜達も充実!トマトにナス、インゲン、ブルーベリーなど、目についたお野菜を買いまくりました。トマト、スーパーで買うとお高いですからねえ。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

薬師の湯での前泊。レスキュー練の装備からマルチの装備へ、ギアの整理中。
2017年07月08日 21:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師の湯での前泊。レスキュー練の装備からマルチの装備へ、ギアの整理中。
翌朝は、6時過ぎに股峠の駐車場に到着。薬師の湯から駐車場まで、google検索だとなぜか「1時間半」と算出されたのですが、30分強で到着しました。
2017年07月09日 06:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は、6時過ぎに股峠の駐車場に到着。薬師の湯から駐車場まで、google検索だとなぜか「1時間半」と算出されたのですが、30分強で到着しました。
駐車場から50mくらい戻って登山道入り口。
2017年07月09日 06:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から50mくらい戻って登山道入り口。
1つめの道標。西岳方面、東岳方面との四つ角だが、まっすぐ坂本方面へ。
2017年07月09日 06:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つめの道標。西岳方面、東岳方面との四つ角だが、まっすぐ坂本方面へ。
次の道標。ローソク岩方面へ。
2017年07月09日 06:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の道標。ローソク岩方面へ。
道なり、踏み跡をたどる。岩壁に近づいたけどスルーで。
2017年07月09日 06:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なり、踏み跡をたどる。岩壁に近づいたけどスルーで。
踏み跡分岐っぽいところを気に掛けて歩いたのだけど、次の道標に来てしまった。
2017年07月09日 06:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡分岐っぽいところを気に掛けて歩いたのだけど、次の道標に来てしまった。
「ローソク岩に至る」という道標。うーん、来すぎた感じだけど、戻らず、ここを右に登っていくことにした。
2017年07月09日 06:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ローソク岩に至る」という道標。うーん、来すぎた感じだけど、戻らず、ここを右に登っていくことにした。
ちょっと無理矢理登ったら、赤いものが目に入った。
2017年07月09日 06:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと無理矢理登ったら、赤いものが目に入った。
どうやらドラム缶らしい。取り付きだと信じてめざしてみる。
2017年07月09日 06:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらドラム缶らしい。取り付きだと信じてめざしてみる。
到着。写真と照らし合わせて、取り付きと確認。
2017年07月09日 06:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。写真と照らし合わせて、取り付きと確認。
1P目。今日もまた練習てことで?主にわたくしがリードやらせてもらえることになりました。朝イチは常に怖いが。
2017年07月09日 06:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目。今日もまた練習てことで?主にわたくしがリードやらせてもらえることになりました。朝イチは常に怖いが。
二人のギアを持ち寄り、カムは#0.25〜#3一揃え、クイックドローは8本くらい。
2017年07月09日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人のギアを持ち寄り、カムは#0.25〜#3一揃え、クイックドローは8本くらい。
怖いよ怖いよ、どういくの!と大騒ぎしながらかなり時間をかけて1p登ったYO!
2017年07月09日 07:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖いよ怖いよ、どういくの!と大騒ぎしながらかなり時間をかけて1p登ったYO!
師匠がフォローで登るのはあっという間だ。
2017年07月09日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
師匠がフォローで登るのはあっという間だ。
天気がよくてうれしい。まだ涼しいし。二子山を眺めて気持ちを落ち着かせる。
2017年07月09日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がよくてうれしい。まだ涼しいし。二子山を眺めて気持ちを落ち着かせる。
つるべでいかず、2Pもわたくしリードで。途中、ルート間違え(右に登りすぎ)ぬんちゃく掴んで降られながらトラバース、怖かった・・・
2017年07月09日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つるべでいかず、2Pもわたくしリードで。途中、ルート間違え(右に登りすぎ)ぬんちゃく掴んで降られながらトラバース、怖かった・・・
景色を眺めて気持ちを落ち着かせる。いちいち気持ちを落ち着かせないといけないというのに苦笑気味で。
2017年07月09日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を眺めて気持ちを落ち着かせる。いちいち気持ちを落ち着かせないといけないというのに苦笑気味で。
ほんと、師匠は一瞬で登ってくる。
2017年07月09日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと、師匠は一瞬で登ってくる。
核心といわれる3P目は、どうぞどうぞ、と師匠リードで。
2017年07月09日 08:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心といわれる3P目は、どうぞどうぞ、と師匠リードで。
レイバックせずに正対&ジャミングで突破する力技の師匠。すげ。わたくしはフォローで安心のレイバック。やー、フォローて楽だわ!
2017年07月09日 08:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レイバックせずに正対&ジャミングで突破する力技の師匠。すげ。わたくしはフォローで安心のレイバック。やー、フォローて楽だわ!
出口では師匠もちょっと困ってた。ここ、リードだとめちゃ怖いすわー。
2017年07月09日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口では師匠もちょっと困ってた。ここ、リードだとめちゃ怖いすわー。
続いて、4Pは私リード。ロープがまだあるって言うから5Pもつなげてしまおうと思ったのだけど、そこでルート選択間違えて難しい右側直上系に進んでしまた。窮まって、とったランニング解除してのクライムダウンは恐怖に涙しました。で、この5Pは心折れて師匠にリードを託したのでした。
2017年07月09日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、4Pは私リード。ロープがまだあるって言うから5Pもつなげてしまおうと思ったのだけど、そこでルート選択間違えて難しい右側直上系に進んでしまた。窮まって、とったランニング解除してのクライムダウンは恐怖に涙しました。で、この5Pは心折れて師匠にリードを託したのでした。
で、6Pはまた私リードして、7Pは歩きリード師匠に任せて、クライミング完了。午前中にゴールできてよかった。
2017年07月09日 11:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、6Pはまた私リードして、7Pは歩きリード師匠に任せて、クライミング完了。午前中にゴールできてよかった。
せっかくなので、太陽ギラギラの中、装備解除して二子山西岳ピーク踏みに行きました。
2017年07月09日 11:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので、太陽ギラギラの中、装備解除して二子山西岳ピーク踏みに行きました。
2
下山は一般道で。といっても、適当にくだったらなんかルート間違えて、クライマー道に入り込んだみたい。
2017年07月09日 11:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は一般道で。といっても、適当にくだったらなんかルート間違えて、クライマー道に入り込んだみたい。
とりあえず踏み跡追ったら下れたみたい。
2017年07月09日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず踏み跡追ったら下れたみたい。
朝、通過した分岐まで戻ってきた。
2017年07月09日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、通過した分岐まで戻ってきた。
駐車場にはたくさん車が増えてたYO!中央稜は、声からさっすりに、ガイドパーティなのかと思われる1パーティが後続してたみたいだけど。
2017年07月09日 12:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にはたくさん車が増えてたYO!中央稜は、声からさっすりに、ガイドパーティなのかと思われる1パーティが後続してたみたいだけど。
気づいたら、なんと靴が割れてしまってた。メインの靴ではないけど、軽くてアプローチでよく履いていたものだけど、2年半でおだぶつだ。
2017年07月09日 12:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気づいたら、なんと靴が割れてしまってた。メインの靴ではないけど、軽くてアプローチでよく履いていたものだけど、2年半でおだぶつだ。

感想/記録
by hnhn

今日は二子山中央稜へ。朝イチでとりついたので待ちなし、待たせなしで、午前中に完了。
今日も教育モードで主にわたくしがリードさせてもらえることになっており、結果、わたくしは1,2,4,6ピッチをリード。3ピッチ目は最初から師匠にリードを任せることを決めていたが、5ピッチ目はルート間違えて涙のクライムダウンの後、心が折れパス。

1P目は、1つめのペツル終了点までは容易に(といっても朝イチで恐怖心をもちながらだけど)登りながら、そこから右上するところで一回目の試練。えー、手が、足が、ないよお、と大騒ぎしながら、時間を掛けて決意して進んだ。すでに腕に力入りすぎて疲れ始めてしまったよ・・・。ランニング取った後、掴んでレストしながらなーんとか突破、ふぅ。だいぶ時間かけてしまってスマセン、という感じでした。

2P目も、つるべにせずワタクシリードで。直上したら、古いさびたハーケンがあり、そこでランニング取ったけど次が進めず。左をのぞいたらピカピカのペツルがあり、ルートミスしたことに気づいた。が、左に移動できず、ガクブル。なんとかペツルにヌンチャクを掛け、ぬんちゃく掴みながら「ふられたら止めてくださ〜い」と叫びながらなんとかルート回復。そこからはガバで安心して登れました。

3P目、核心といわれる逆Y字クラックルートは、もとより私は無理だろうと思っていたので師匠にリードをお任せ。師匠の登りをガン見してたけど、正対、ジャミングで登る師匠。私はレイバックで行くとよい、という事前情報を学習していたので、フォローで安心のレイバックでY字クラックは突破。疲れるレイバックだが、確かに安心。しかしその後のY字上部の真の核心部は、やはり手足がなく怖かった。右外側のガビガビ壁にスメアを効かせたら足が確保できたので、なんとか上にあるガバを掴むことができ、突破。フォローってラクチンだわー、と実感しました。いや、実感している場合じゃない、いつかリードできるようにならないと。

4P目は、被ったところがあったけど、確かにガバだらけで、エイヤの腕だのみで突破できた。上がった先はテラスだが、まだロープがあるということで、5Pをつなげることにしてみた。ところが、1つめはピカピカハーケンにランニング取った次に、無理して登ってまたも古いハーケンにランニングを取ってしまった。「もしやここも間違い?」と思ったときにはすでに時遅し。また左を見るとピカピカのペツルがある。その時点で「ロープ後10m」と声が・・・。そして登ることも横移動することもできず、「ルート間違えたのでクライムダウンしま〜す!」と叫んでみた。しかし、とったランニングを外してからの恐怖心がハンパない。涙しながら、なんとかクライムダウン。結果、4P終了点のテラスに支点を作って、師匠に登ってきてもらった。

5p目は、そういう訳で心が折れたワタクシ、リードはパスして師匠にお任せ。先ほど私がとった1つめのランニングを経由しながら、左上方面へフレーク越えて登ってもらった。フレークは、確かに「ここ行くの?」な感じの難しさだったけど、かぶり気味を外側に体出して登る感じ。ていっても、フォローだからこういう感想になるけど、リードだとめっちゃ怖いっす。

6P目はまたもわたくしリードですが、またもルート間違えてもうた。というか、ランニング取りに失敗。ボルトだけ使えばよかったのだけど、ちょっと左に登りすぎたところで無駄にカムでランニングを取ったら、それが後々、仇になり。くの字にしてしまったせいでロープが出ないこと出ないこと。上部は容易なので、ロープをぐーっとひっぱりながら恐怖なく登れたのでよかったが、良い勉強になりました。

7P目はほぼ歩き登りだが、時間短縮のためつるべで師匠に先に行ってもらった。ランニング取ることもなくゴールへ。

上に上がったあと、日差しをさけるべく小さな木陰に移動して装備解除。せっかくなので、てことで西岳ピークを踏みにいって、記念撮影して下山しました。下山は30分かからない感じで、12時少し過ぎに駐車場に戻ることができました。

反省点は:
・リードの恐怖心と如何に闘うか、まだまだダメやなあ
・リードに求められるルーファイ力、わたくしまだまだです。全体を見通す前に、とりあえず安心を得るために目の前のピトンをめざしてしまうダメっぷり。
・ランニングの取り方。ロープ交差させたり、屈曲させたり、ダメダメ事例をやりまくりました。

もっと外岩いって、経験重ねないと、すわ。

ちなみに、クライミングはノー渋滞だけど、関越では激しく渋滞…w
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/21
投稿数: 273
2017/7/10 22:55
 おめでとう!
完登おめでとう!お疲れ様。
子どもの頃、9年買っていたセキセイインコを写真で思いだし、
やってきました。二子山は関西からは遠いのでなかなか行けませんが、
「朝イチからのリードはこわい・・」の言葉、選んだギアの写真から緊張が
伝わってきました。いつか行って見たいです。
登録日: 2014/6/23
投稿数: 107
2017/7/11 8:40
 Re: おめでとう!
pahottiさん
コメントありがとうございました。まだまだ外岩マルチ経験が浅いもので、恐怖心との戦いがいちばんの課題です。特にリードだと・・・。
来られることがあったら、楽しいルートですよ。初心者向きとか言うけど、リードだとそんなこと感じていられない感じです。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ