また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192652 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

コマクサを愛でる蔵王山・熊野岳(大黒天Pから)

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蔵王エコーラインの途中の大黒天に、広い無料駐車スペースがあります。トイレ等はありませんが、少し下にある駐車スペースのものが使用できるようでした。

ちなみにわざわざ大黒天から登らなくても、刈田岳の山頂すぐ近くまで車で行けます。営業時間外なら蔵王ハイラインの通行料も無料だったりします。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
11分
合計
3時間1分
S大黒天登山口06:1506:43剣ヶ峯06:4406:54刈田岳避難小屋06:5506:58刈田岳07:18馬の背07:35馬の背分岐07:42大高山分岐07:46熊野岳避難小屋07:53蔵王山07:5908:00熊野岳08:02蔵王山08:11熊野十字路分岐08:16馬の背分岐08:1708:25馬の背08:39蔵王レストハウス内避難小屋08:44刈田岳08:4508:52剣ヶ峯09:15大黒天登山口09:1609:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
体感グレーディング:1A
非常に良く整備されたコースです。
大黒天Pから登っても短め。刈田岳近くの駐車場から歩けばさらに楽。
熊野岳付近は少しザレていますが、問題になるようなレベルではありません。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

広い大黒天駐車場からスタート。登山っぽい人は他にだれもいません。
トイレ等はないので準備には注意が必要です。
2017年07月09日 06:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い大黒天駐車場からスタート。登山っぽい人は他にだれもいません。
トイレ等はないので準備には注意が必要です。
登山口やあちらこちらに、火山である危険を知らせる看板が立っています。
2017年07月09日 06:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口やあちらこちらに、火山である危険を知らせる看板が立っています。
1
すごく良く整備された道を登っていくと、刈田岳が見えてきます。
2017年07月09日 06:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごく良く整備された道を登っていくと、刈田岳が見えてきます。
1
いかにも火山といった景色です。こういうの大好き。
2017年07月09日 06:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも火山といった景色です。こういうの大好き。
1
紫色でトゲトゲした感じの何かの花があちこちに咲いていました。
2017年07月09日 06:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紫色でトゲトゲした感じの何かの花があちこちに咲いていました。
広い刈田岳山頂に到着。下山時にはドライブ散歩勢が多かったですが、この時間ならまだ人は少ないです。
2017年07月09日 07:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い刈田岳山頂に到着。下山時にはドライブ散歩勢が多かったですが、この時間ならまだ人は少ないです。
ここから御釜の左の稜線を歩いていきます。
2017年07月09日 07:04撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから御釜の左の稜線を歩いていきます。
1
ブラブラ歩いていると、あちこちにコマクサが咲いていました。いつもどの山に登っても微妙にシーズンを外していることが多かったので、実はきちんと見るのは初めてかも。
2017年07月09日 07:28撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラブラ歩いていると、あちこちにコマクサが咲いていました。いつもどの山に登っても微妙にシーズンを外していることが多かったので、実はきちんと見るのは初めてかも。
2
あちこちにいっぱい咲いています。このパセリっぽい葉は全部コマクサですし。
2017年07月09日 07:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちにいっぱい咲いています。このパセリっぽい葉は全部コマクサですし。
御釜を見下ろしながら最後の登り。まぁ最後も何も、大して登ってはいませんが。
2017年07月09日 07:39撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御釜を見下ろしながら最後の登り。まぁ最後も何も、大して登ってはいませんが。
1
その登りの途中にもコマクサが群生しています。
2017年07月09日 07:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その登りの途中にもコマクサが群生しています。
熊野岳の山頂付近の登山道脇にもコマクサがいっぱいです。
2017年07月09日 07:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳の山頂付近の登山道脇にもコマクサがいっぱいです。
熊野岳に到着。霞んでいて眺望はいまひとつ。雪の山脈が薄っすらと見えます。
2017年07月09日 08:01撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳に到着。霞んでいて眺望はいまひとつ。雪の山脈が薄っすらと見えます。
8月1日〜2日はインターハイがこのあたりで行われるらしいです。高校の登山競技って、細々と採点されたり、筆記試験もあったりするらしくて、かなり謎。
2017年07月09日 08:09撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月1日〜2日はインターハイがこのあたりで行われるらしいです。高校の登山競技って、細々と採点されたり、筆記試験もあったりするらしくて、かなり謎。
熊野岳のコマクサ。こうやって撮ると、本当にいっぱい咲いている感が出ています。
2017年07月09日 08:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳のコマクサ。こうやって撮ると、本当にいっぱい咲いている感が出ています。
下山していくと、駐車場に車が増えています。でももう9時は暑すぎるので、すれ違って登っていく人みんなキツそう。
2017年07月09日 09:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山していくと、駐車場に車が増えています。でももう9時は暑すぎるので、すれ違って登っていく人みんなキツそう。

感想/記録
by tris

東北でも平地は35℃を超える猛暑の中、蔵王山の熊野岳に登ってきました。朝6時ならまだ20℃くらいだったので登っているときは良かったのですが、9時にもなると照り付ける太陽で焼かれ、下山していても汗が吹き出てきます。東北なのに全然涼しくない……。
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コマクサ ザレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ