ヤマレコ

記録ID: 1192852 全員に公開 ハイキング中国山地西部

萩/虎ケ崎より笠山周回軽ハイク

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アクセス
 往路
  下関市内→美祢市内→萩市内→虎ケ崎
 復路
  虎ケ崎→道の駅阿武→松陰神社→絵堂→十文字IC→美祢東JCT→下関IC→
  下関市内
駐車場
  虎ケ崎/つばきの館に了解を頂き停めさせてもらう。
  *近くには梅林公園を散策とした観光用の駐車場があります。
   但し、梅まつり開催時はこの限りではないので注意して下さい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間53分
休憩
43分
合計
2時間36分
Sスタート地点11:4811:53展望台12:09風穴群12:21山頂/明神池分岐12:30笠山山頂12:5313:00明神池分岐13:16風穴13:2513:42自然研究路・虎ケ崎/笠山椿群生林入口13:45離れ岩13:5213:54旧石切り場跡13:58風穴群13:5914:11コウライタチバナ保護地14:1414:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況
 北長門海岸国定公園の中心に位置する笠山には、約10haの椿群生林の他にも、
 明神池、風穴など見どころがいっぱいです。
 虎ケ崎/つばきの館から梅林を過ぎて山頂に向かうルート上には放牧場跡の石
 垣、そして苔むした石畳を進むと風穴群と出合う。
 風穴群では足元から冷気が漂うなど一瞬を味わえることが出来る。
 ここを過ぎると、山頂までの温度差にギャップを感じるが、笠山山頂には立
 派な展望台が完備され、展望台から望む萩の離島などの景観には魅了される。
 時間が取れれば、笠山東側の海岸(自然研究路)を散策され、コウライタチバナ
 の観賞をするなどファミリーハイクに適したコースです。
危険箇所
 ありません
  *但し、苔むした岩場は滑りやすく注意して下さい。
その他周辺情報その他周辺情報
 ・登山ポスト・・・・・ありません
 ・店舗(コンビニ)・・・道の駅萩往還を過ぎてR262入り(萩バイパス)橋本川を
            渡ると左手にローソンがあります。
            *特にここを推奨するわけではないが、利用するには
             利便性がいいです。
 ・トイレ・・・・・・・虎ケ崎/つばきの館での利用は許可が要りるが
            つばきの館手前の駐車場にも立派な公共施設の
            トイレがあります。
 ・温泉・・・・・・・・笠山より、15分ほど益田市側に戻ると道の駅阿武
            鹿島の湯があります。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

虎ケ崎/つばきの館前から笠山椿群生林コースで笠山に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ケ崎/つばきの館前から笠山椿群生林コースで笠山に向かう。
出発後、椿まつり会場となる広場
*椿まつりの時は多くの観光者で賑う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発後、椿まつり会場となる広場
*椿まつりの時は多くの観光者で賑う。
群生林内の道標を見て展望台に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群生林内の道標を見て展望台に進む。
高さ13mの展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高さ13mの展望台
椿群生林を離れ、ここから山頂に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿群生林を離れ、ここから山頂に向かう。
風穴群に続く溶岩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴群に続く溶岩道
風穴群
冷気が足元からじわっと伝わり涼感が漂う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴群
冷気が足元からじわっと伝わり涼感が漂う。
風穴群の溶岩道を進むと石垣の道に出合う、石垣は牛の放牧場の名残を残している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴群の溶岩道を進むと石垣の道に出合う、石垣は牛の放牧場の名残を残している。
笠山山頂・明神池(みょうじんいけ)分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠山山頂・明神池(みょうじんいけ)分岐
分岐から山頂に向かう斜面の道のりで、この辺りが唯一の登山道です(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から山頂に向かう斜面の道のりで、この辺りが唯一の登山道です(^^)
笠山山頂園地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠山山頂園地
日本一低い活火山、笠山噴火口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本一低い活火山、笠山噴火口
笠山山頂三角点
名称:笠山/等級種別:三等三角点/標高:112.2m
注:現在の地形図に表記なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠山山頂三角点
名称:笠山/等級種別:三等三角点/標高:112.2m
注:現在の地形図に表記なし。
1
展望台〜
南西に指月山を望む。
眼下には定期航路が萩港を出発し見島に向かっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台〜
南西に指月山を望む。
眼下には定期航路が萩港を出発し見島に向かっている。
1
展望台〜
北西に左から相島、羽島、尾島、肥島を望み、肥島の左遠望に見島を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台〜
北西に左から相島、羽島、尾島、肥島を望み、肥島の左遠望に見島を望む。
3
展望台〜
北東に大井/串山崎・鵜山岬、更には遠望左奥に奈古の鹿島が望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台〜
北東に大井/串山崎・鵜山岬、更には遠望左奥に奈古の鹿島が望む。
1
分岐に戻り明神池に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に戻り明神池に向かう。
明神池横の厳島神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池横の厳島神社
明神池
明神池は汽水湖で溶岩の隙間を通って日本海の海水や魚が出入りしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池
明神池は汽水湖で溶岩の隙間を通って日本海の海水や魚が出入りしている。
明神池奥の風穴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池奥の風穴
明神池を離れて越ヶ浜浄化センター過ぎから海岸舗道(自然探求路)に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池を離れて越ヶ浜浄化センター過ぎから海岸舗道(自然探求路)に入る。
海岸舗道(自然探求路)取付き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸舗道(自然探求路)取付き。
探求路に入ると右手に出合う離れ岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
探求路に入ると右手に出合う離れ岩。
冬季はシケて岩の突端まで行かれないが、今日は波も穏やかなので寄ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季はシケて岩の突端まで行かれないが、今日は波も穏やかなので寄ってみる。
4
楽しんだ後、探求路に戻り離れ岩を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しんだ後、探求路に戻り離れ岩を振り返る。
1
海岸側の風穴群
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸側の風穴群
コウライタチバナ自生地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウライタチバナ自生地
海岸側 自然探求路から見る
肥島(左)と大島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸側 自然探求路から見る
肥島(左)と大島
3
萩六島の案内板
・相島・羽島・尾島・見島・肥島・櫃島・大島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
萩六島の案内板
・相島・羽島・尾島・見島・肥島・櫃島・大島
笠山ハイクを終え、虎ケ崎/つばきの館に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠山ハイクを終え、虎ケ崎/つばきの館に戻る。
虎ケ崎に置かれいる三角点
名称: 虎ヶ崎/等級種別: 四等三角点/標高: 3.44 m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ケ崎に置かれいる三角点
名称: 虎ヶ崎/等級種別: 四等三角点/標高: 3.44 m

感想/記録

笠山は山口県萩市北側に位置する山で観光地としても有名だが、小生の近々の笠山登山記を調べたところ、去年(2016.09.04)以来再訪となりました。
笠山に登ったといっても胸を張るほどの標高の高い山ではありませんが、登山道(自然研究路)沿いには旧放牧地の痕跡を残す石垣、更には山裾に広がる火山岩の隙間から噴き出す風穴群の冷気に魅了されるなど、低山とは言え山の成り立ちに改めて興味を感じた登山となった。
訪問者数:57人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 イタチ 出合 活火山 道標 自生
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ