また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1193698 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士は日本一の山

日程 2017年07月10日(月) 〜 2017年07月11日(火)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
富士急高速バス(東京駅⇒富士山駅前)
富士急バス(御殿場口新五合目⇒御殿場駅前)
小田急箱根高速バス(御殿場駅⇒新宿駅西口)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
代休を前借り?して作った三連休、上高地行きのバス予約をしていたが北アルプス方面はあいにくの雨模様。
太平洋側の天気は悪くなさそうなので初日午後〜二日目午前 富士山、二日目午後 金時山、二日目夜〜三日目午後 丹沢主脈縦走というちょっとハードでちょっと無理目な計画を立案。
しかしながら富士山下山時の体調不良により二日目午後からの予定は全てキャンセルになった。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

東京駅から高速バスで
2017年07月10日 11:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京駅から高速バスで
富士山駅に到着
2017年07月10日 13:05撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山駅に到着
2
案内所で情報収集
2017年07月10日 13:11撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内所で情報収集
なんとなくイメトレ
2017年07月10日 13:33撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなくイメトレ
金鳥居からスタート
2017年07月10日 13:37撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥居からスタート
4
北口本宮富士浅間神社
2017年07月10日 14:01撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北口本宮富士浅間神社
お守りを購入
2017年07月10日 14:09撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お守りを購入
吉田口遊歩道
2017年07月10日 14:21撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田口遊歩道
痛車も随分一般化した
2017年07月10日 15:14撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛車も随分一般化した
2
中の茶屋で一休み
2017年07月10日 15:14撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の茶屋で一休み
カップうどん
2017年07月10日 15:21撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カップうどん
3
名の知らぬ花
2017年07月10日 16:02撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名の知らぬ花
哀しそうな猿の像
2017年07月10日 16:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
哀しそうな猿の像
3
二合目の廃屋
2017年07月10日 17:19撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目の廃屋
三合目の茶屋跡
2017年07月10日 17:45撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目の茶屋跡
陽が傾いてきた
2017年07月10日 18:00撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が傾いてきた
五合目たばこ屋
2017年07月10日 18:51撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目たばこ屋
夜の帳が下りて
2017年07月10日 19:42撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の帳が下りて
1
街に明かりが灯り始める
2017年07月10日 20:52撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街に明かりが灯り始める
3
七合目 日の出館
2017年07月10日 21:10撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目 日の出館
七合目 トモエ館
2017年07月10日 21:18撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目 トモエ館
七合五勺くらい 東洋館
2017年07月10日 22:07撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合五勺くらい 東洋館
八合目 太子館
2017年07月10日 22:51撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目 太子館
八合目 蓬莱館
2017年07月10日 23:09撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目 蓬莱館
八合目 元祖室
2017年07月11日 00:08撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目 元祖室
このとき気温5℃
2017年07月11日 00:49撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このとき気温5℃
1
だんだん人が増えてきた
2017年07月11日 02:31撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん人が増えてきた
月明かりで歩ける
2017年07月11日 02:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりで歩ける
1
麓から連なるライト
2017年07月11日 03:19撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓から連なるライト
3
日の出までしばらく待機
2017年07月11日 03:30撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出までしばらく待機
1
避難小屋状態のトイレ
2017年07月11日 03:50撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋状態のトイレ
1
日の出を待つ人々
2017年07月11日 04:00撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出を待つ人々
1
登ってくる人々
2017年07月11日 04:14撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってくる人々
1
ご来光あらわる
2017年07月11日 04:31撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光あらわる
4
剣ヶ峰モルゲン
2017年07月11日 04:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰モルゲン
2
お鉢めぐりは出来ないので
2017年07月11日 04:52撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢めぐりは出来ないので
2
時計回りで最高地点へ
2017年07月11日 05:23撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回りで最高地点へ
1
観測所まだあったんだ
2017年07月11日 05:35撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観測所まだあったんだ
最高地点から見る火口
2017年07月11日 05:38撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高地点から見る火口
2
結構雪が残ってる
2017年07月11日 05:38撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構雪が残ってる
1
御殿場口へ下山
2017年07月11日 06:33撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口へ下山
2
体調が悪化し歩けなくなる
2017年07月11日 07:31撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体調が悪化し歩けなくなる
1
少し休んで少し回復
2017年07月11日 07:52撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休んで少し回復
1
眼下に宝永山
2017年07月11日 08:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に宝永山
2
宝永山馬ノ背
2017年07月11日 08:41撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山馬ノ背
2
宝永山山頂より
2017年07月11日 08:53撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山山頂より
5
大砂走りに合流
2017年07月11日 09:03撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砂走りに合流
1
富士山を振り返る
2017年07月11日 09:10撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を振り返る
2
雲の中に突入
2017年07月11日 09:24撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中に突入

感想/記録

東京駅から高速バスに乗って富士急行線の富士山駅に到着。
当初馬返までバスを使うつもりだったが時間があるので駅から歩くことにした。
金鳥居をくぐってまっすぐ富士みちを歩いて突き当り左に大きな神社がある。
この神社は北口本宮富士浅間神社という名で大変由緒あるものらしい。
走って登るわけではないが『完走願い』のお守りを買って登山の無事をお祈りする。
神社を抜けてすぐに大塚丘と呼ばれる祠がありその右手に遊歩道の入り口があった。
この遊歩道はかつてのバス通りが廃道になりかけ近年整備し直したものらしい。
中の茶屋で少し休憩、食べそびれてた吉田うどんを売店のカップうどんで回収。
そんなこんなで富士山駅から3時間ほどかかって馬返バス停に到着。
少し仮眠をとりたいが明るいうちに五合目に着いておきたいのですぐに出発。
このコースはトレランで使う方が多いようで結構多くのランナーとすれ違った。
五合目である佐藤小屋に着いたのはなんとか日が暮れる前の19時。
このままだと山頂に早く着き寒い中ご来光を待つ羽目になるのでペースを落とす。
陽が暮れると急に寒くなる、寒さ対策はしてきたつもりだったが不十分だった。
とはいえノースリーブにスパッツなど異様に薄着の西洋人女性もよく見かける。
というか八割くらいの登山者は外国人観光客で一様に軽装な恰好が目立つ。
身体が冷えすぎない程度にゆっくり歩き、小屋ごとに休憩を交え山頂に到着。
かなり時間調整したつもりだが結局日の出の1時間以上前に山頂に着いてしまった。
山頂トイレは避難小屋状態、用を足す人は寝てる人をかき分けなくてはならない。
外に戻ってカップラーメンで暖をとり明るくなっていく空を眺めご来光を待った。

ご来光のあとはお鉢めぐりと行きたいが北側には立入禁止のロープが張られている。
時計回りに剣ヶ峰に行くとやはりその先では立入禁止のロープが張られていた。
剣ヶ峰の観測所は撤去したという噂を聞いていたのだが健在だった。
陽が出て暖かくなってきたので朝食をとりながら持ってきた缶ビールを頂く。
そのたった一本のビールのせいか頭痛と吐き気と寒気と眠気が一気に襲ってきた。
一歩踏み出すのすら辛く、耐え切れなくなり登山道の端で20分ほど仮眠する。
少しだけ回復し、だましだまし足を踏み出しなんとか大砂走りの入り口に着いた。
そういえば宝永山に行ったことがないな、と思い宝永山の方向に足を向けるが
途中の標識などを見て富士山に初めて登ったときに宝永山に寄った記憶が蘇った。
せっかく途中まできたので宝永山山頂まで行って折り返し、再び大砂走りに合流。
ここまで下りてもやはり体調が優れずせっかくの大砂走りを走ることができない。
個人的には大砂走りの現実離れした風景に冥界との彼岸を連想させられる。
鈴木清純や寺山修二などの映画監督が好んで使いそうなロケーションだと思う。
ここでもトレランなのかマラソン訓練なのか走って登ってくるランナーとすれ違う。
大石茶屋で水を購入して少し休んで御殿場口新五合目には10時を過ぎて到着。
11時発のバスを待っている間もどんどん体調が悪くなり午後の金時山を諦めた。
訪問者数:223人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/29
投稿数: 242
2017/7/16 17:36
 富士山!
富士登山お疲れ様でした!
一合目からのチャレンジすごいですね!富士吉田ルートの渋滞具合がなかなかに伝わりました。

山頂はまだ雪が残ってるんですね。
今月末に富士宮から登りに行きますが若干心配になってきました。
多分登山道は大丈夫だとは思いますが。。。

体調は残念でしたが無事山頂でご来光が見れて良かったですね!
わたしも次こそは晴れを期待してチャレンジしてきたいと思います。
登録日: 2009/12/23
投稿数: 1135
2017/7/16 23:17
 下り御殿場口
monkichikunさん こんばんは

はじめまして、ですmiketamaです。

以前、宝永山を通った時に荒涼と広がる世界に驚き、また行こう、と思っていました。
昨年、わたくしも富士山駅から山頂を目指しましたが五合目着く前に既に漆黒の闇となり、ヘッデンに照らされた昔の富士講方たちの姿の看板を見て、たぶん胃痙攣を起こしたように驚き体調不調のまま山頂まで行き、早く下山したい一心で御殿場口へ下りてみよう、宝永山通ろう、
という考えは全く浮かびませんでした。
monkichikunさんのこのレコを見まして、もったいないことをした、、、

monkichikunさんと似て、この時ばかりはわたしもビールが飲めませんでした。

奥武蔵の蕨山からさわらびの湯へ下りるコースにも寺山修司の映画に出てきそうな風景がありました。
今はもう樹木が生長してその雰囲気は失われたかとは思いますが。

monkichikunさんの掌編小説の趣きのあるレコをいつも楽しんでおります。
気持ちがニアミスしたなぁと勝手に思いまして、明日早いのにコメせずにいられなくてお邪魔しました。

明日から北アルプスへ行って来ます。
登録日: 2014/7/29
投稿数: 206
2017/7/17 13:57
 Re: 富士山!
当初三日間で笹子から三ツ峠を越えて吉田ルートで富士山に登り富士宮口から太平洋まで下るという馬鹿らしくも壮大なる計画を立てのですが、実際に歩くことを想像したら憂鬱になってしまい今回のルートに至りました。
お鉢めぐりは封鎖されてましたが、雪の影響はほとんどなくそろそろ解禁するかと思われます、月末の富士山楽しんできてください。

体調に関しては山登りを始めて以来最も辛いものでしたが、家に着いて2時間ほど仮眠したら夕方飲みに行けるほどまでに回復しました。
登録日: 2014/7/29
投稿数: 206
2017/7/17 14:29
 Re: 下り御殿場口
miketamaさま いつも拙いレコをご覧になっていただきありがとうございます。
五合目には暗くなる前に着きたいと思い、仮眠をとらなかったのが仇となりました。
下りなので何とかなりましたが体調不良状態のときは本当に苦しかったです。

大砂走りの黒い砂漠地帯の雰囲気に70年代のアングラ映画を重ねてしまいます。
最近の映画ですが若松孝二監督の『海燕ホテル・ブルー』でも伊豆大島の三原山火口付近で撮影されたシーンがあり映像的にはかなり似ています。
蕨山には訪れたことがありませんので今度行ってみたいと思います。
北アルプス天気良さそうですね、楽しんできてください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ