また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1193721 全員に公開 ハイキング甲信越

金峰山(大弛峠から)

日程 2017年07月12日(水) [日帰り]
メンバー
天候 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大弛峠駐車場。平日にもかかわらず、下山した昼過ぎにはほぼ満車。週末には、大混雑と思われる。路駐が前提のようで、「ここには停めないで下さい」という箇所は、道路に斜線が引かれ看板が立っている。

大弛峠までのアクセスは、通常は、山梨側からの林道を行く。林道には、数カ所穴の開いた箇所もあったが、おおむねきれいに舗装されており、曲がりくねってはいるが快適。市街地から約一時間。

私のカーナビは、さかんに長野県側を勧めてくる。帰り道、試しに行ってみた。
結論としては、行けなくはないが、やめておいた方が無難。

全体の(麓から)1/3は舗装されており問題ない。
中盤の1/3は未舗装の林道。これもまぁ、許容範囲。
残りの、(大弛峠からだと最初の)1/3は、大きめの岩がごろごろする、完璧なオフロード。
危険とまでは言わないが、そういう道が好物という変態の皆さん以外には、まったくオススメしない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
8分
合計
4時間34分
S大弛峠07:3507:58朝日峠08:12大ナギ08:26朝日岳09:23金峰山09:2809:45五丈石09:4709:55金峰山11:07朝日岳11:21大ナギ11:39朝日峠12:08大弛峠12:0912:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:33 スタート(0.00km) 07:33 - ゴール(8.13km) 12:09
コース状況/
危険箇所等
特になし。
小さい子連れの親子ともすれ違った。
ただ、ご老人が、やや急な斜面を降りるのにかなり苦労していました。聞くところによると、金峰山を目指すも、朝日岳から下る斜面(わりと急です)を見て、あきらめて、戻る途中とのこと。
山頂目前の岩岩の部分は、ほぼ迷路。行けると思ってよじ登った岩から目的の方面に降りられず、引き返したり。迷っている人は他にも複数。ただ、そこで迷っても困ることはなく、山頂の方向は常に明確なので、少し戻って別の道を探せば良いだけ。天然の迷路として、むしろ楽しめる。
その他周辺情報山梨側に降りれば、何でもある。長い林道の途中は、何もない。
長野県側に降りると、当分何もない。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

スタート地。
金峰山まで3.6kmとある。私のGPSでは4.2kmだった。
2017年07月12日 07:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地。
金峰山まで3.6kmとある。私のGPSでは4.2kmだった。
最初はやや急な登り。
2017年07月12日 07:39撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はやや急な登り。
歩きやすい登山道。
2017年07月12日 07:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい登山道。
ホシガラス。
2017年07月12日 07:53撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラス。
3
朝日峠には、大きなケルン。
2017年07月12日 08:01撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日峠には、大きなケルン。
最初は良いお天気でした。
2017年07月12日 08:17撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は良いお天気でした。
朝日岳への登り。
2017年07月12日 08:18撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳への登り。
2
奇岩。瑞牆山の反対側。名前はなんというのだろう?
2017年07月12日 08:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩。瑞牆山の反対側。名前はなんというのだろう?
1
朝日岳山頂直下
2017年07月12日 08:20撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂直下
朝日岳山頂の標識。帰路、このすぐ近くで「朝日岳って標識ないんですか?」と美人山ガール2人組に声をかけられた。わかりにくい標識。
2017年07月12日 08:26撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂の標識。帰路、このすぐ近くで「朝日岳って標識ないんですか?」と美人山ガール2人組に声をかけられた。わかりにくい標識。
1
朝日岳の休憩所。
2017年07月12日 08:27撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳の休憩所。
1
いよいよ見えてきた金峰山の五条石。
2017年07月12日 08:32撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ見えてきた金峰山の五条石。
1
朝日岳からの下りはわりと急だが、あとはなだらか。
2017年07月12日 09:05撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からの下りはわりと急だが、あとはなだらか。
1
樹林帯が開けて、頂上はすぐそこ。
2017年07月12日 09:09撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が開けて、頂上はすぐそこ。
瑞牆山が見える。
2017年07月12日 09:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山が見える。
1
瑞牆山と同じ山塊の反対側。
2017年07月12日 09:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山と同じ山塊の反対側。
1
瑞牆山荘からの尾根、かな?
2017年07月12日 09:11撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘からの尾根、かな?
最後の岩岩迷路。
2017年07月12日 09:14撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩岩迷路。
1
よじ登った岩から、目的の方向に進めず、振り返ったところ。
2017年07月12日 09:23撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よじ登った岩から、目的の方向に進めず、振り返ったところ。
最後はこんな所を通って、山頂へ。
2017年07月12日 09:27撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はこんな所を通って、山頂へ。
1
金峰山の標識と、五条石。
2017年07月12日 09:27撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の標識と、五条石。
2
五条石。登っている人が!すごい。
2017年07月12日 09:29撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五条石。登っている人が!すごい。
3
五条石全景。
2017年07月12日 09:30撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五条石全景。
1
降りているところ。恐ろしい。
2017年07月12日 09:32撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りているところ。恐ろしい。
2
青いシャツの人が降りると、入れ替わりで黄色いシャツの人が登りはじめる。でもこの2人、友達というわけではなく、山頂で偶然一緒になったんだそう。
2017年07月12日 09:42撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青いシャツの人が降りると、入れ替わりで黄色いシャツの人が登りはじめる。でもこの2人、友達というわけではなく、山頂で偶然一緒になったんだそう。
2
奇岩。カッコイイ。
2017年07月12日 10:04撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩。カッコイイ。
5
ぽつんと奇岩。
2017年07月12日 10:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぽつんと奇岩。
ルリビタキ。雌の成鳥。餌を持って飛び回り、若鳥の自立を促している、んだと思う。
2017年07月12日 10:22撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルリビタキ。雌の成鳥。餌を持って飛び回り、若鳥の自立を促している、んだと思う。
2
望遠レンズを持って行きました。
2017年07月12日 10:22撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズを持って行きました。
4
こちらは、ルリビタキの若鳥。雄は成長すると青く。雌は成長してもこのままの色。
2017年07月12日 10:24撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、ルリビタキの若鳥。雄は成長すると青く。雌は成長してもこのままの色。
2
キクイタダキ。日本最小の鳥のひとつです。
2017年07月12日 10:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクイタダキ。日本最小の鳥のひとつです。
2
鉄山の標識は、登りの時は見落としていた。
2017年07月12日 10:37撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山の標識は、登りの時は見落としていた。
1
センダイムシクイ(たぶん
2017年07月12日 10:38撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センダイムシクイ(たぶん
1
ホシガラス。
2017年07月12日 11:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラス。
6
撮影機材:

感想/記録

金峰山へは二度目。
前回は、米っちょと瑞牆山荘から。
今回は大弛峠から。
国師ヶ岳も、併せて登る予定。
と言うよりも、本当は、一度も登ったことのない国師ヶ岳がメインの予定だった。...
だったのだが、林道を走らせるクルマから五丈石をチラ見するうちに、金峰山に先に登ろう、と。どちらが先だろうが、どっちも登るんだし。
で、金峰山へ。楽なルート。小さい子ども連れの方ともすれ違う。おそらくあの子も山頂に立ったのだろう。
帰路、先日の八ヶ岳周遊で痛めた膝が痛み始める。痛い。大弛峠に帰る頃にはとても我慢できない痛み。
結局、国師ヶ岳には、登れず。
国師ヶ岳のためだけに、再び大弛峠まで来るのはイヤだなぁ。遠い。

トレーニングのつもりで、でかい標準レンズで。望遠レンズも担いでいった。
訪問者数:401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 12
2017/7/14 7:46
 鳥たち
山行お疲れさまでした。
鳥たちがかわいい姿、ナイスショット。
癒された〜。

膝痛はつらいですね。私も北アルプスの下りで痛めて以来、山では恐る恐るといった感じ。
関節自体に問題がなければストレッチがよいと聞き、気休めに続けております。

また素敵な写真を楽しみにしてます。
登録日: 2016/6/16
投稿数: 3
2017/7/14 8:46
 Re: 鳥たち
こんにちは。コメントありがとうございます。

登山はじめる前は鳥撮りが趣味でした。なので、望遠レンズを持って行ってみたんですが…、やはり登山に望遠レンズはなかなかツラかった。

ツライと言えば、膝の痛み。
日常生活ではまったく痛くないので、ついつい放置してしまうのですが、登山で下りになった途端に、痛みがやってきます。
ストレッチ、試してみます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ