ヤマレコ

記録ID: 1195099 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山 鉾立

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
43分
合計
7時間13分
S鉾立09:0510:04賽の河原10:0510:13河原宿11:19御田ヶ原分岐11:37七五三掛12:47御室13:2714:22七五三掛14:38御田ヶ原分岐14:49御田ヶ原15:00御浜小屋15:0115:21賽の河原15:2216:14鉾立16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まだ雪が残っている所も有ります。鳥海湖に下る雪渓で滑落し何んとか岩の所で止めましたが危なかったです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

鉾立からスタート
2017年07月15日 09:02撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立からスタート
登山口
2017年07月15日 09:04撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
展望台から 少し霞がかかった感じです。
2017年07月15日 09:14撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から 少し霞がかかった感じです。
まだ雪がだいぶ残っている所もある
2017年07月15日 09:54撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ雪がだいぶ残っている所もある
1
鳥海湖方面へ向かいます。
2017年07月15日 10:02撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖方面へ向かいます。
鳥海湖へ向かう下り坂も雪がだいぶ残っており、ここで足を滑らしてしまい負傷
2017年07月15日 10:31撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖へ向かう下り坂も雪がだいぶ残っており、ここで足を滑らしてしまい負傷
鳥海湖
2017年07月15日 10:47撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖
3
さっきの傷
風がしみます。
2017年07月15日 10:53撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの傷
風がしみます。
御田ヶ原分岐付近
2017年07月15日 11:20撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田ヶ原分岐付近
七五三掛
2017年07月15日 11:34撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七五三掛
千蛇谷
2017年07月15日 11:47撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷
2
山頂小屋
2017年07月15日 12:51撮影 by D6653, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋

感想/記録
by MAKOT6

鳥海山はジジババの山で平均年齢も高いですが危ないところも多いです。天国に近い?
雪渓は結構固く急な坂は滑落すると止まりません。慎重さが大事だと思いました。
訪問者数:736人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/13
投稿数: 4
2017/7/19 20:49
 助かって良かった
雪渓を渡るか右に直登するか考えながら木道の先を見ていたら、人がもがいて流れていくのが見えた、これは大変と思い木道の端まで走っていって、岩にしがみついているのを見て安心して、直登しました。万が一の時は、携帯電話と発煙筒で対応すると考えていました。昨年滑って遭難した人が、自分の携帯電話で救助要請したが、電池切れで、場所が特定できず、ヘリコプターが2,3日ホバーリングしながら探していた、それから私は予備バッテリと発煙筒を持つように成りました。3日目の捜索中のお巡りさんに聞いたら、まだ見つかってないとの事でした。(7/19)でした
鳥海山に春先スキーを担いで登りたいですね。シールを見たことが無いし良く理解出来ない

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪渓 滑落
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ