また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1196655 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳周回(山頂駅〜北横岳〜三ッ岳〜縞枯山〜大石峠)

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き:茅野駅/07:46着/07:55発(バス)−>北八ヶ岳RW/08:47頃着
帰り:北八ヶ岳RW/16:45発(バス)ー>茅野駅/17:37頃着/19:05発
甲府に前泊し甲府方面からのアクセスです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
39分
合計
6時間32分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:2209:32坪庭09:55三ツ岳分岐10:00北横岳ヒュッテ10:0210:10北横岳(南峰)10:13北横岳10:1810:23北横岳(南峰)10:2410:35北横岳ヒュッテ10:41七ツ池10:4210:48北横岳ヒュッテ10:53三ツ岳分岐10:5411:18三ッ岳11:1912:28雨池山12:40雨池峠12:5013:16縞枯山13:27縞枯山 展望台13:3013:44縞枯茶臼鞍部13:4613:59茶臼山14:0014:22中小場14:2414:34大石峠14:3714:46オトギリ平14:4914:59出逢いの辻15:0315:25五辻(東屋)15:53北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅15:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは良く整備されており道標が多く安心ですが以下注意が必要でしょう。
1. 三ッ岳分岐〜三ッ岳I峰までは岩場が多く鎖場もありそれなりに注意が必要。
2. オトギリ平〜出会いの辻は踏み跡が多く迷い易いのでピンクテープを目標に歩く。
3. 出会いの辻〜五辻までは高原地図のCT15分は厳しく、25分程度は見ておくべき。
その他周辺情報バス利用の場合は日帰り温泉の利用は難しそうです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅、本日は往復RW利用です
9時の便は満員でした
2017年07月16日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅、本日は往復RW利用です
9時の便は満員でした
2
山頂駅を出るとすぐに坪庭、ここからスタートし時計回りの周回コースとします
2017年07月16日 09:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅を出るとすぐに坪庭、ここからスタートし時計回りの周回コースとします
2
山頂駅の向こうに遠く南八ヶ岳が見えましたが、これが見納めでした
2017年07月16日 09:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅の向こうに遠く南八ヶ岳が見えましたが、これが見納めでした
1
まずはハイカーと観光客で賑わう坪庭を歩きます
2017年07月16日 09:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはハイカーと観光客で賑わう坪庭を歩きます
北横岳ヒュッテに到着、たくさんのハイカー
2017年07月16日 09:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテに到着、たくさんのハイカー
1
北横岳南峰に到着、ハイカーで賑わっていますが、生憎ガスで眺望はありません
2017年07月16日 10:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南峰に到着、ハイカーで賑わっていますが、生憎ガスで眺望はありません
1
北峰に到着、到着時は貸し切りでしたが、すぐにハイカーで一杯になりました
2017年07月16日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に到着、到着時は貸し切りでしたが、すぐにハイカーで一杯になりました
2
北横岳北峰の山頂標、本日の最高標高です
2017年07月16日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰の山頂標、本日の最高標高です
1
山頂はガスで覆われていましたが一瞬だけ蓼科山の一部が見えました すごい強風で肌寒く長居出来ません
2017年07月16日 10:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガスで覆われていましたが一瞬だけ蓼科山の一部が見えました すごい強風で肌寒く長居出来ません
2
北横岳ヒュッテに引き返し、七ッ池を往復
2017年07月16日 10:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテに引き返し、七ッ池を往復
1
三ッ岳分岐、三ッ岳方面へ向かいます
2017年07月16日 10:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳分岐、三ッ岳方面へ向かいます
長い岩場歩きが始まります
2017年07月16日 11:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い岩場歩きが始まります
1
シャクナゲも咲いています
2017年07月16日 11:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲも咲いています
3
三ッ岳III峰の山頂直下に到着
ここから急峻な岩場登りで、横歩きの鎖場もあります
2017年07月16日 11:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳III峰の山頂直下に到着
ここから急峻な岩場登りで、横歩きの鎖場もあります
2
三ッ岳III峰に到着、山頂は岩場です
2017年07月16日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳III峰に到着、山頂は岩場です
2
III峰からII峰を見ると、山頂のハイカーが目視できました
2017年07月16日 11:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
III峰からII峰を見ると、山頂のハイカーが目視できました
3
三ッ岳II峰に到着
こちらも岩場の山頂で、岩と岩の間に空隙があり落ち込まないよう注意します
2017年07月16日 11:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳II峰に到着
こちらも岩場の山頂で、岩と岩の間に空隙があり落ち込まないよう注意します
1
II峰からI峰を見下ろします、左手には雨池も見えます
2017年07月16日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
II峰からI峰を見下ろします、左手には雨池も見えます
2
鎖場を下ります、下りた後見上げて撮影しています
2017年07月16日 11:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を下ります、下りた後見上げて撮影しています
2
三ッ岳I峰に到着
ここは足場は大丈夫です
2017年07月16日 11:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ岳I峰に到着
ここは足場は大丈夫です
2
I峰からの視界は相変わらずガスですが、雨池は捉えられました
2017年07月16日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
I峰からの視界は相変わらずガスですが、雨池は捉えられました
2
雨池山
展望も無くピーク感もありません
2017年07月16日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池山
展望も無くピーク感もありません
1
雨池峠
強風が吹き抜けていましたが、ここで昼食休憩
2017年07月16日 12:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠
強風が吹き抜けていましたが、ここで昼食休憩
1
縞枯山へは岩場の急登です
2017年07月16日 13:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山へは岩場の急登です
1
縞枯山山頂
ここも眺望はありません
2017年07月16日 13:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山山頂
ここも眺望はありません
1
縞枯山展望台
ここは岩場で、ガスの中で強風です
2017年07月16日 13:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山展望台
ここは岩場で、ガスの中で強風です
1
茶臼山の展望台全景
天候が良ければここは絶好の展望地でしょう
2017年07月16日 13:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山の展望台全景
天候が良ければここは絶好の展望地でしょう
しかし残念ながらガスの中です
2017年07月16日 13:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし残念ながらガスの中です
展望台からの眺望はありませんが、足元には黄色い花が咲いていました
2017年07月16日 13:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望はありませんが、足元には黄色い花が咲いていました
1
大石峠
このエリアの指導標には全て英語が併記されています
2017年07月16日 14:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠
このエリアの指導標には全て英語が併記されています
オトギリ峠
ここから先はほぼフラットなコースになります
2017年07月16日 14:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリ峠
ここから先はほぼフラットなコースになります
オトギリ峠から出会いの辻までは、踏み跡多く沢に沿ってピンクテープを目印に歩きます
2017年07月16日 14:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリ峠から出会いの辻までは、踏み跡多く沢に沿ってピンクテープを目印に歩きます
出会いの辻
2017年07月16日 14:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会いの辻
苔の道なので沢山苔がありました
2017年07月16日 15:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の道なので沢山苔がありました
1
五辻を過ぎるとほとんど木道で歩きやすいです
2017年07月16日 15:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五辻を過ぎるとほとんど木道で歩きやすいです
1
本日のゴール、スタート地点に戻りました
16時の便で下山出来ました
2017年07月16日 15:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のゴール、スタート地点に戻りました
16時の便で下山出来ました
1
撮影機材:

感想/記録

3連休なので甲府に前泊して北八ヶ岳に行きましたが、大量のガスと強風が思い出に残る山行となりました。いつもは遠くから見ている八ヶ岳に一番近づいたのに眺望できないとはガッカリで、最近は山に行ける日と天候との相性が良くないようです。

朝から八ヶ岳ロープウエイの乗客は満員で、いつもは20分間隔の運転を10分間隔で運行予定とありました。山頂駅では標高2,200mを越えているので涼しく、歩くには絶好の気候でした。しかしどの山頂もガスで覆われ、おまけに強風で、眺望が全く無かったのは残念でした。その中で三ッ岳へのコースは出会ったハイカーは少なかったですが、ちょっとスリルな岩場歩きが楽しめたのは良かったです。

茅野駅から往復バス利用でしたが、人気エリアの割りにはハイカーが少なかったのは意外でした。
訪問者数:337人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ