また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1197597 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

雨飾山:キャンプ場にテン泊して鎌池も散策

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候15日:晴れ(鎌池散策)
16日:曇り時々雨(雨飾山)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雨飾高原キャンプ場(登山者用一人\700、炊事場、水等利用料\300)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間5分
休憩
15分
合計
7時間20分
S雨飾山登山口04:5805:51ブナ平05:5606:211500台地06:2206:39荒菅沢08:14笹平08:1508:51雨飾山08:5309:33笹平10:36荒菅沢10:4110:561500台地11:28ブナ平11:2912:17雨飾山登山口12:18ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トイレは登山口にある。携帯トイレの持参が推奨されている(ブース等は無い)。回収箱は登山口から10mぐらいのところにひっそりとある。
登山ポストは登山口のトイレの建物にある。

危険箇所は特に無いが、浮石が多いので落石に注意。
雨が降ると泥や木の根は滑りやすい。
荒菅沢に雪渓あり。踏み抜き、スリップ等、一般的な危機管理が必要。
その他周辺情報雨飾高原露天風呂(寸志、熱いので水で薄める)
雨飾壮、日帰り入浴(\700)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

まずは雨飾高原キャンプ場にテントを張ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは雨飾高原キャンプ場にテントを張ります。
隣にはオートキャンプ場があるので、いろいろと充実しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣にはオートキャンプ場があるので、いろいろと充実しています。
生ビールも売っていた!(缶ビールもあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生ビールも売っていた!(缶ビールもあり)
1
炊事場。とても綺麗。ここの水を頂く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炊事場。とても綺麗。ここの水を頂く。
テントを張ったら鏡池散策へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ったら鏡池散策へ。
1
ウラジロヨウラクが沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラクが沢山咲いていました。
1
ギンリョウソウも沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウも沢山咲いていました。
1
せみの抜け殻。二つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せみの抜け殻。二つ。
ここのギンリョウソウは大きかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのギンリョウソウは大きかったです。
特徴的な花だけど名前は分からない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な花だけど名前は分からない。
1
この花、いつも迷うのだけど葉っぱはミヤマキンバイによく似てる。花びらが微妙に違うような。イワキンバイかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花、いつも迷うのだけど葉っぱはミヤマキンバイによく似てる。花びらが微妙に違うような。イワキンバイかもしれない。
タニウツギの色の薄い品種かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギの色の薄い品種かな?
翌朝。ちょっと雲が多い。雨が心配
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。ちょっと雲が多い。雨が心配
木道の脇では水芭蕉が刈られていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の脇では水芭蕉が刈られていました。
タニウツギ。沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギ。沢山咲いていました。
泥濘もたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥濘もたくさん。
ウラジロヨウラクも沢山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラクも沢山。
レンゲツツジは少しだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジは少しだけ。
梯子。何箇所かあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子。何箇所かあります。
しばらく登った後、少し平坦になるブナ平で休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登った後、少し平坦になるブナ平で休憩。
マイヅルソウ。これも沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ。これも沢山咲いていました。
スダヤクシュ。少しアップ。緑のお皿みたいなのは何?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スダヤクシュ。少しアップ。緑のお皿みたいなのは何?
ミヤマツボスミレ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマツボスミレ?
荒菅沢の雪渓が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒菅沢の雪渓が見えてきました。
オオバミゾホオヅキ、かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバミゾホオヅキ、かな?
ニリンソウでいいのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウでいいのかな?
1
雪渓を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を渡ります。
雪渓から布団菱がよく見える。あそこがゴール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓から布団菱がよく見える。あそこがゴール。
3
シラネアオイ。まだ閉じてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。まだ閉じてました。
ミヤマツボスミレとはちょっと違う種類?
→マルバスミレ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマツボスミレとはちょっと違う種類?
→マルバスミレ?
南に見えるのは高妻山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に見えるのは高妻山。
ミヤマカラマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ。
シラネアオイ。斜面に生えているものをズームで撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。斜面に生えているものをズームで撮影。
→ヨツバヒヨドリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
→ヨツバヒヨドリ
オトギリソウかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウかな?
シモツケソウかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウかな?
ホトトギスのような花だがこれは一体何だ?正解はグンナイフウロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホトトギスのような花だがこれは一体何だ?正解はグンナイフウロ。
アザミ。詳しい種類は分からない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ。詳しい種類は分からない。
オオバギボウシかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバギボウシかな?
ミヤマママコナかな?葉っぱの色が特徴的だけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマママコナかな?葉っぱの色が特徴的だけど。
イブキジャコウソウ。香りはしなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ。香りはしなかった。
2
タテヤマウツボグサ。魚のウツボでは無く、矢を入れる靫に似ているかららしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ。魚のウツボでは無く、矢を入れる靫に似ているかららしい。
ミネズオウのような小さい花。何だろう?
→オオコメツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネズオウのような小さい花。何だろう?
→オオコメツツジ
タカネナデシコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ。
東の天狗原山から金山方向。その奥に見えるのが多分新潟焼山。その向こうの火打山は見えないなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の天狗原山から金山方向。その奥に見えるのが多分新潟焼山。その向こうの火打山は見えないなあ。
こんな岩場を登る。浮石注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩場を登る。浮石注意。
花のように見えるがこれは一体?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花のように見えるがこれは一体?
ハクサンタイゲキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンタイゲキ。
笹平に着くと、目的に雨飾山山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平に着くと、目的に雨飾山山頂が見えてきました。
1
ちょっと小さいけどハクサンチドリでいいのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと小さいけどハクサンチドリでいいのかな?
シシウドのどれか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシウドのどれか。
前回に引き続きウツボグサのアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回に引き続きウツボグサのアップ。
???→テガタチドリの蕾かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
???→テガタチドリの蕾かな?
岩菅沢を上から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅沢を上から。
イワオウギ、タイツリオウギ、シロウマオウギのどれかな?
多分シロウマオウギ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワオウギ、タイツリオウギ、シロウマオウギのどれかな?
多分シロウマオウギ。
ハハコグサだと思って撮ったけど、これはウスユキソウだよね?ミネウスユキソウかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハハコグサだと思って撮ったけど、これはウスユキソウだよね?ミネウスユキソウかな?
1
タカネコウリンカかと思ったけど、花びらが長すぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネコウリンカかと思ったけど、花びらが長すぎる。
1
ミヤママンネングサ。まるで黄色い絨毯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤママンネングサ。まるで黄色い絨毯。
難しいけどハクサンシャジンかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しいけどハクサンシャジンかな?
ミヤママンネングサとイブキジャコウソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤママンネングサとイブキジャコウソウ。
ニッコウキスゲ。一輪だけ見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。一輪だけ見ました。
オオナルコユリ、かな。
→ホウチャクソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオナルコユリ、かな。
→ホウチャクソウ
そういえばギンリョウソウも生えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そういえばギンリョウソウも生えていました。
カエルの卵。登山道脇の水溜りで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエルの卵。登山道脇の水溜りで。
岩魚も。サンショウウオもいるらしいが、見つからなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩魚も。サンショウウオもいるらしいが、見つからなかった。
この巨大な葉っぱが実はあの「可憐」で有名な、ミズバショウであることは皆には内緒。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巨大な葉っぱが実はあの「可憐」で有名な、ミズバショウであることは皆には内緒。
1

感想/記録

雨飾山は、去年9月の連休に企画したけど雨で中止になったところを、海の日連休に再度企画。キャンプ場でテント泊。

土曜日の朝集合し、のんびりと車でキャンプ場へ移動。受付を済ませ、テントを張ったら、まだ夜まで時間があるので、鏡池散策へ。池の畔ではウラジロヨウラクとギンリョウソウが沢山。こんなに沢山のギンリョウソウを見たのは初めて。しかもここのは大きい!池は鏡のようで、水もすんでいてとても綺麗。しかし、散策のGPSログが取れていないことが判明!失敗した(原因はテント泊の長い夜の間に判明)。
無料(寸志)の露天風呂、雨飾高原露天風呂で汗を流し、キャンプ場へ戻る。夕食は白馬のスーパーで買ったご飯とビール。

日曜日、夜中は晴れていて、星が綺麗だった。予報では昼前から雨。ちょっと天気が心配な中登頂を開始。空は明るく、雲の様子を見る限り、あまりひどくはならない予想。
登山道は、思っていたより歩きにくい。特に岩場は浮石が多く、足元に注意しながら登る。楽しみにしていたお花は、ご覧の通り。今回も沢山の種類と量のお花を見ることが出来て楽しい。展望も意外とよく、高妻山と焼山は見ることが出来た。遠くの北アルプスや後立山連峰はさすがに見えなかった。笹平に着く少し前ぐらいから雨が断続的に降り出す。とりあえずザックカバーを装着。
笹平から山頂までのお花畑もすばらしく、その場で名前が分かるのは半分ぐらい。今回も名前を調べるのが大変なぐらい、沢山の種類が見られた。山頂に着いた頃には雨が強くなり、合羽を着る。ガスってはいなかったので、一応景色は堪能。
ちょっと休憩の後、早々に下山開始。下りは雨でぬかるみ始め、足を滑らせないよう注意しながら下る(けど、二回転んだ)。道が狭い中すれ違う人も多く、ちょっと大変だった。

今回、天気は良くなかったものの、土曜日のように晴れていたら体力の消費が激しかったので、条件としては悪くなかったと思う。
お昼に下山、雨飾壮の温泉で汗を流した後、帰途へ。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ