また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1197742 全員に公開 ハイキング比良山系

花折峠

日程 2017年07月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平に自転車デポ
花折トンネル近くの空き地に駐車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
36分
休憩
22分
合計
58分
S花折峠バス停12:4412:59花折峠13:2113:41平バス停13:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
近畿自然歩道
http://kinkiwalking.web.fc2.com/fukui/14/index.html
途中側から平側まで舗装されていて歩きやすい道です。
その他周辺情報自然大好きクラブ(NATS)http://www.env.go.jp/nature/nats/shizenhodo/kinki/
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

勝華寺(しょうけじ) ここから、北嶺回峰行者葛川夏安居が始まります。
2017年07月16日 08:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝華寺(しょうけじ) ここから、北嶺回峰行者葛川夏安居が始まります。
花折峠までは、勝華寺の管理を代々任されている宮垣善兵衛氏が案内に当たられます。1153年目の夏安居だそうです。
2017年07月16日 11:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花折峠までは、勝華寺の管理を代々任されている宮垣善兵衛氏が案内に当たられます。1153年目の夏安居だそうです。
6
伊崎の阿闍梨様
2017年07月16日 08:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊崎の阿闍梨様
近畿自然歩道、途中の入り口
2017年07月16日 09:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近畿自然歩道、途中の入り口
平まで舗装されています。
2017年07月16日 09:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平まで舗装されています。
花折峠 ここで、葛野常満・常喜さんに案内が引き継がれます。
2017年07月16日 09:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花折峠 ここで、葛野常満・常喜さんに案内が引き継がれます。
3
ここで樒を手折られたので、「花折峠」と言われるようになったそうだ。
2017年07月16日 09:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで樒を手折られたので、「花折峠」と言われるようになったそうだ。
花折峠より比叡山を望む。花折峠は結界を意味する峠でもあり、花折峠を境に比叡山を望むことはない。
2017年07月16日 10:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花折峠より比叡山を望む。花折峠は結界を意味する峠でもあり、花折峠を境に比叡山を望むことはない。
2
撮影機材:

感想/記録

このあたりでは、16日といえば、京都の祇園さんの宵山です。
浴衣姿で、祇園祭に向かわれる姿がみられます。

葛川明王院の属する延暦寺東塔無動寺や全国の天台宗山門派の行者さまが7月16日から20日まで4泊5日の葛川夏安居に臨まれる初日でもあるのです。
無動寺の阿闍梨さまは、今年は25回目の参籠とおっしゃっていました。
大々先達になられます。
伊崎の阿闍梨さまは、太鼓回しの後、行者がたくさんいる中でのお勤めは迫力がありますよとすすめていただきました。
途中の勝華寺さんでは、この日お堂が開かれて、ご本尊が拝めます。
勝華寺さんと花折峠で葛川夏安居の行者様をお待ちして、お加持をしていただきました。

勝華寺では、行者さんにお斎が振舞われます。このお接待を「宮垣善兵衛」さんが世襲で代々この務めを果たされています。
これは相応和尚の時代から引き継がれ、花折峠まで先達として案内もされます。今年で1153回目になります。花折峠では葛川・葛野家の人が待ち受け、その後を案内されます。

行者さんが勝華寺に着かれたら、行が始まり、お堂には近づけないので、朝のうちにお堂に上がらせていただいて、お参りさせていただきました。
11時ごろより、お勤めが行われました。
先達行者より、次々と新達に指示をされます。新達さんは、短く大きな声で「はぃ」と返事。すでに声がかれてしまった新達もおられて、厳しさがうかがえました。
12時半ごろ、法螺貝が吹かれて、勝華寺を出発されます。
お寺の前に正座してお加持をしていただきました。

花折峠では、比叡山関係の報道の方と葛野常喜さん、葛野常満さんがおられました。
比叡山の方が、カメラマンに、道のまんなかでカメラを構えたり、行者の迷惑になったりすることがないように再度、注意されます。

初めてのことで、どのあたりで待つのが良いかわからないので、常喜・常満さんに尋ねると、「カメラの人の近くが、ええのとちゃうか。」と教えてくださったので、カメラマンの後方で、一行の邪魔にならないよう控えてお待ちしました。

夏安居の一行の法螺貝の音が聞こえてきます。

峠を越えると、比叡山はもう見えません。
葛川に向かって結界を越えることになるのでしょうか。
先達さんが「新達、前へ、わしの横やぁ。」
花折峠から、比叡山を拝まれます。

花折峠と比叡山を拝まれたところのちょうど中間で、座って手を合わせていると、先達が
「お加持〜ぃ。」と、おっしゃてくださいました。
ここでも、お加持していただけました。

峠で、行者さんが善兵衛さんにここまでの案内のお礼を言われて、常喜・常満さんに案内を引き継がれ、峠を下り始められます。

行者一行が通られたあと、報道の方の後ろについて、平へ向かいます。
秘伝とされる行場もあるようで、報道の方がカメラを止めて、手前で待っておられることもありました。当然、さらにその後ろで控えておきます。

平に着くと、杖に付けていた樒を安曇川に投げ入れ、拝まれました。
ここでも、報道の方はカメラを向けられていなかったので、churaの随喜はここまでとしました。

歩くことで、何か感じることができるのではないかと、無動寺谷をはじめ比叡山の三塔十六谷を歩かせていただきました。歩くことだけで、こころが静まり、「一歩」に気持ちが集中していきます。それだけでも、ありがたいことです。
回峰行では、手文に260カ所もの礼拝すべきところを書き写し、先達に一度だけ一緒に歩いてもらい、行にはいられます。
夏安居では、秘所とでもいえばよいのか、お山の方も取材されないところがあり、それこそ大切な「祈り」の場でした。
これからは、自分に許された所で感謝の気持ちをお伝えしていくようにします。
平のバス停にデポしておいた自転車で、途中トンネルを抜けて駐車地へ戻りました。



訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

デポ トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ