ヤマレコ

記録ID: 1197818 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳と御来光

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往路>
20時過ぎ自宅発
東名〜東海環状〜中央〜長野道松本IC〜R158〜県道84号経由で乗鞍観光センター
AM1:30頃 乗鞍観光センター着
仮眠後3:00起床
AM 3:30 発 アルピコ交通 御来光バス
AM4:20頃 県境ゲート着

復路>
AM9:05 発 畳平バス停
AM 10:05頃 乗鞍観光センター着
湯けむり館で入湯後松本市内で昼食、松本市美術館観光し帰宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報温泉: 湯けむり館
http://www.norikura.co.jp/yukemuri/
入湯料 700円
乳白色のお湯、露天風呂もあるが殺風景
休憩所が狭い

食事: 麓庵 かつ玄
http://www15.plala.or.jp/katsugen/humoto.htm
松本に来るとたまに寄るトンカツ屋さん
古民家を使った店で趣も良い
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 行動食 飲料 ガスカートリッジ 調理器具 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル テント テントマット シェラフ

写真

日出前の茜色の景色はいつ見てもよい。
穂高の峰々、八ケ岳、中央、南アルプスの峰々がよく見えた。
2017年07月16日 04:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出前の茜色の景色はいつ見てもよい。
穂高の峰々、八ケ岳、中央、南アルプスの峰々がよく見えた。
なだらかでどっしりした山容が乗鞍の良いところか、
2017年07月16日 05:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかでどっしりした山容が乗鞍の良いところか、
剣ヶ峰からは御嶽山の威容が印象的。
2017年07月16日 06:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰からは御嶽山の威容が印象的。
下山時ガスが出てきた。
穂高にはレンズ雲みたいなのがかかっていた。
2017年07月16日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時ガスが出てきた。
穂高にはレンズ雲みたいなのがかかっていた。
コマクサがこれまで見た中で一番咲いていた。
2017年07月16日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサがこれまで見た中で一番咲いていた。
ハクサンイチゲはよく見る
2017年07月16日 08:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲはよく見る
黒百合は大人びた印象
2017年07月16日 08:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合は大人びた印象
撮影機材:

感想/記録

近場で日帰りが可能な山。
でも、暑い低山ではなく高山ということで選ばれたのが今回の乗鞍岳。
その手軽さからいつでも行けると思っていた選択肢をとうとう使用することに。

ネットで調べると御来光バスというのがあるということで、折角なので御来光を見よう!ということに。
日中あれやこれやしながら結局仮眠もほどほどに午後8時過ぎに自宅を出発。
連休ということもあり深夜の高速もそこそこ車が走っている。
松本ICで降りて上高地方面に走り出すと途端車の数が減った。
結局1回の休みを挟みAM1:30頃に駐車場到着。既に多くの車が車中泊をしていた。

あれやこれや用意し寝始めたのはAM2:00頃、バスがAM3:30発なので、一時間の仮眠。ほとんど寝ずに3000m近くまでバスで向かった。
バスは必ず乗れるとのことだったが、5台ほどやってきて全員乗れたようだ。

バスの車内では畳平は天気が晴れ、風もなしとの案内が流れた。
隣の純粋観光客っぽいおばちゃん達が大はしゃぎ。俄然期待は高まる。
森林限界を抜けた後もなだらかな稜線をぐねぐねと走って高度を上げて行く。
東の空は既に白み始めていたが、なんだか雲が出ている。。。

バスは県境ゲートという臨時バス停に到着し下車。ここから北の大黒岳か、
南の富士見岳に登り御来光を望むのが一般的なようだ。

我々は南の富士見岳の中腹で眺めの良い場所を見つけしばし待機。。。。
。。。。が残念ながら御来光は雲が多く見えず。。。。

気を取り直して富士見岳でもう少し粘る。
予定より20分くらい過ぎて少し太陽らしきものが見えた。。。
あと、風、普通に有るし。。。決して無風ではなかった。。。

その後剣ヶ峰を目指ししばしハイキング。
肩の小屋から剣ヶ峰までの登りは高度もあり慣れるまでは意外と辛い。
呼吸が整うと斜度もそれほどいうこともあり、楽しく登ることができた。
道はざれているので浮き石などには注意が必要。

剣ヶ峰からは御嶽山がどん、と見えたのが印象的だった。

登山は風は強いものの天候も悪くなく剣ヶ峰まで行けた。下山時にガスが出てきたので早く行って正解だった。

下山後も一日を長く使えて充実した一日になった。
訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ