ヤマレコ

記録ID: 1197827 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

前穂高岳 北尾根 奥又白経由

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
天候晴れ、曇り、雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡バスターミナル駐車場1日600円。乗り合いタクシーは上高地バスターミナルまで4人以上乗り合いで1100円、バスだと1250円、どちらも片道料金。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間26分
休憩
1時間11分
合計
11時間37分
S河童橋05:2905:36小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)05:3706:14明神館06:2507:20徳澤園07:4708:06新村橋(パノラマ分岐)09:09中畠新道分岐09:4117:06宿泊地
2日目
山行
4時間49分
休憩
1時間23分
合計
6時間12分
前穂高岳08:5009:14紀美子平09:3111:24岳沢小屋12:1113:457番標識13:5214:17岳沢湿原・岳沢登山口14:1814:29日本山岳会上高地山岳研究所14:41河童橋14:4814:50無料トイレ14:58上高地バスターミナル15:0215:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目は4時にアタック開始しました。ログ取り忘れました。
※前穂高岳山頂で声を掛けて頂き、水まで別けていただき大変有り難う御座いました。
コース状況/
危険箇所等
奥又白池迄は問題はありません。そこから5・6のコル及び北尾根はバリエーションルートです。経験無き人は立ち入らないようにお願い致します。
池の手前100m位に
分岐があり、そこを右へ行くとガレ沢にに出ます。そこをトラバースすると樹林帯に入って行くのですが同じ高度で樹林帯に入ると踏み跡が有りますが途中で無くなります。その偽の入り口から高度を下げていくと本当の樹林帯の入口が有ります。そこは、かなりの勾配でザレた斜面を激下ります。100m程高度を下げると本谷にピョンと出ます。この日は雪渓がタップリあり、ここを水平にトラバースします。雪が緩んでるので要注意、かなりの斜度がありスリップしたら命の危険があります。シュルンドを避けて岩場に上がり、5・6のコルの谷を詰めます。雪渓がタップリあってコルの直下まで登れそうでしたが、結果的には登りきった先の処理がとても危険です。なので雪渓を登っていって→のマークの所から右の支尾根に取り付きます。なんとなくある踏み跡をたどりますが、数ヶ所とても悪い場所があります。支尾根を詰めると5峰の壁を右へトラバースしますがここが日中も夜も何度も何度も落石が起きてました。とても注意しないと駄目ですし、落石のせいでトラバース道が外傾したザレタ状態で5峰の壁もボロボロでとても危険です。しかも直ぐ後ろにシュルンドが口を空けていてスリップしたら吸い込まれます。
ここには2ヶ所新しいピトンがありました。5・6のコルは先客が居て焦りましたが、ギリギリ2張り幕営出来ました。結果的には5峰山頂にも1張スペースがありました。2日目の天気が悪いのでここで幕営は正解でした。しかし体力的には1日で20kgオーバーのザックでここまで登って来るのは限界でした。
北尾根は特に問題はないと思いますが、基本は尾根を忠実に行くのが良いと思います、下手にトラバースするとザレていて危ないです。特に4峰の大岩を左へトラバースするところはどうもずっとトラバース出来るみたいな、それらしい踏み跡も有りますが、トラバース中に垂れたシュリンゲが見えたらそこを登り、その先に懸垂用の支点がありますが、そこの凹角は難しいのでそこへは行かずに右へ行くとルートがあります。兎に角全体を通して基本的に尾根を通します。北尾根を登っている最中にザレた道が続いたらルートミスだと思います。人が余り歩いてないところは物凄くザレてました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック アイゼン 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) トポ 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル テント テントマット ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング ナッツキー ハンマーバイル アングルハーケン ジャンピングキット アイスアックス
備考 9Lも水を揚げましたが、兎に角水が足りませんでした。奥又白池で水を更に3L補給しましたがそれでも足りませんでした。(原因はポカリの飲みすぎ?)コルの直下の雪渓のトラバースの時に雪を持って上がるべきでした。また、この時期虫やブヨが物凄く虫除けジェルだけでは役不足でした。蚊取り線香持ってくるべきでした。

写真

さぁ出発。地図で確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ出発。地図で確認
1
こんな快適な道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな快適な道を進みます
1
カッパに到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッパに到着
2
普通に猿が共存してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通に猿が共存してます。
2
川の水が綺麗です。帰りに喉が乾いて飲みましたがうめかったw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の水が綺麗です。帰りに喉が乾いて飲みましたがうめかったw
1
またまた猿の群れに遭遇。皆おとなしくて可愛い(´・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた猿の群れに遭遇。皆おとなしくて可愛い(´・∀・)
1
ここで吊り橋にて対岸へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで吊り橋にて対岸へ
1
吊り橋の名前は新村橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋の名前は新村橋
1
屏風のコル方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風のコル方向へ
1
作業道から左に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道から左に入ります
1
しばらく行くと堰が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと堰が
1
こんな橋も渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな橋も渡ります
1
ニッコウキスゲ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ?
1
ルンゼが見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼが見えてきました
2
ルンゼの右の尾根の入口に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼの右の尾根の入口に
1
ここから尾根の樹林帯に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根の樹林帯に入ります。
1
樹林帯入り口から振り返って徳沢方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯入り口から振り返って徳沢方面
1
かなり激登りが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり激登りが続きます
1
道はしっかりわかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はしっかりわかります
1
樹林帯で日陰ですが、激登りなので汗が止まらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯で日陰ですが、激登りなので汗が止まらない
1
まだまだ先は長い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ先は長い
1
途中にある枝沢。間違わないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にある枝沢。間違わないように
1
いくつも出てきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつも出てきます
1
樹林帯を抜けると突然目の前に北尾根が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると突然目の前に北尾根が
3
北尾根東壁のB沢、C沢がハッキリわかります。ここの偵察も今回の目的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根東壁のB沢、C沢がハッキリわかります。ここの偵察も今回の目的
2
本谷をトラバース。その前の樹林帯激下りは余裕なく写真撮ってなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷をトラバース。その前の樹林帯激下りは余裕なく写真撮ってなかった
1
かなりの傾斜&雪が緩んでてアイゼン+ピッケルで通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの傾斜&雪が緩んでてアイゼン+ピッケルで通過
2
滑ったらこの滑り台を何処までも滑ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑ったらこの滑り台を何処までも滑ります
1
5・6のコルの沢を暫く詰めると写真のもう少し先から右の尾根へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5・6のコルの沢を暫く詰めると写真のもう少し先から右の尾根へ
2
ちょっと雲ってきたかな。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと雲ってきたかな。。。
1
徐々に傾斜がましてきたなー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に傾斜がましてきたなー
1
5峰の登り。普通の登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰の登り。普通の登山道です。
2
4峰が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰が見えてきました
1
基本的に尾根にそって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的に尾根にそって
1
3峰が見えてきました。核心部は右のチムニーから行きましたがチョックストーンの上に越えてからが手と足が無くなり難しい。その後の凹角も少しクラックに手を突っ込んでステミングで通過。やっぱりフラットソール持ってくなくて良かったなーって印象。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰が見えてきました。核心部は右のチムニーから行きましたがチョックストーンの上に越えてからが手と足が無くなり難しい。その後の凹角も少しクラックに手を突っ込んでステミングで通過。やっぱりフラットソール持ってくなくて良かったなーって印象。
2
めっちゃ快適なクライミングです。高度感もあって最高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めっちゃ快適なクライミングです。高度感もあって最高
2
3峰も基本は尾根にそって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3峰も基本は尾根にそって
1
もう発狂しそうな位に楽しいw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう発狂しそうな位に楽しいw
3
ちょっと雲ってきました。やだな。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと雲ってきました。やだな。。。
1
2峰から3峰方向。ガスってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰から3峰方向。ガスってきました
1
重太郎新道へ向けて一般登山道を下降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道へ向けて一般登山道を下降
1
紀美子平。貴重なお水をわけていただいた親切な方、大変有り難う御座いました。岳沢小屋迄の間に戴きました。有り難う御座いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平。貴重なお水をわけていただいた親切な方、大変有り難う御座いました。岳沢小屋迄の間に戴きました。有り難う御座いました。
2
お腹ペコペコ&喉カラカラでここでお世話になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹ペコペコ&喉カラカラでここでお世話になりました。
2
少し雨が降り始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雨が降り始めました
1
無事に生還です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に生還です。
1

感想/記録

アタック日に余裕で準備してたら涸沢側から人が上がってきて焦って準備、出発したら、ログを途中まで取り忘れました。。。正直言って北尾根より、25kgのザックで奥又から5・6のコルへのアプローチの方が断然きつかったし、危なかった。池で水を補給しても尚、水も足りなくなるし、もう2度とフル装備で奥又側から登りたくないと思った。東壁へ登る人たちはここを下ってアプローチしてたんだなーって思うと凄いなーって思いました。でも、前穂高岳東壁の偵察にはなりましたが、やはり岩がとてつもなく脆く、不安定だなって感じがしました。いつか行きたいけどな。。。体力的にも技術的にも、もっと頑張らないと駄目だなって思いました。
訪問者数:853人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ