また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1199158 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

【北八ヶ岳】蓼科山ー北横岳

日程 2017年07月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大河原峠駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
38分
合計
7時間39分
S大河原峠05:5406:55赤谷の分岐06:5607:06蓼科山荘07:0707:29蓼科山頂ヒュッテ07:3107:37蓼科山07:37蓼科神社奥宮08:24蓼科山荘08:26将軍平09:24天祥寺原09:44亀甲池09:5310:44北横岳11:0111:46亀甲池11:4812:18双子池キャンプ場12:1912:27双子池12:32双子池ヒュッテ12:3312:36双子池12:3713:14双子山13:1713:33大河原峠13:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓼科山の直下の石ゴロ、蓼科山荘から天祥寺原への下りは注意が必要です。
登りよりも下りに注意してください。特に蓼科山荘から天祥寺原への下りは、苔の生えた濡れた浮石だらけで、どれを踏んでも滑るようにしか見えません
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ

写真

大河原峠から、浅間山方面
2017年07月17日 05:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠から、浅間山方面
2
朝はやっぱりガスってますね...
2017年07月17日 05:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はやっぱりガスってますね...
格好いい大河原ヒュッテ
2017年07月17日 05:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
格好いい大河原ヒュッテ
2
北八ヶ岳の雰囲気
2017年07月17日 06:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の雰囲気
1
ゴゼンタチバナ
2017年07月17日 06:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
少し明るくなってきました
2017年07月17日 06:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきました
蓼科山荘
2017年07月17日 07:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘
ここから石ゴロの直登。登りよりも下りのほうが神経使います
2017年07月17日 07:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから石ゴロの直登。登りよりも下りのほうが神経使います
大きな石をえっちらおっちら
2017年07月17日 07:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな石をえっちらおっちら
1
あと5分
2017年07月17日 07:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと5分
下を見るとガスが取れてきそう
2017年07月17日 07:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見るとガスが取れてきそう
蓼科山山頂
2017年07月17日 07:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂
2
見覚えのある風景・・・
2017年07月17日 07:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのある風景・・・
1
蓼科神社にお参り
2017年07月17日 07:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科神社にお参り
1
ガスが・・・
2017年07月17日 07:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが・・・
蓼科山頂ヒュッテ
2017年07月17日 08:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテ
1
蓼科山荘まで下りてきて、天祥寺原へ下ります
2017年07月17日 08:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘まで下りてきて、天祥寺原へ下ります
この道はかなり曲者。苔の生えた濡れた石しかないので、どう見ても滑るようにしか見えません...慎重に下りるのでかなり疲れます
2017年07月17日 09:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はかなり曲者。苔の生えた濡れた石しかないので、どう見ても滑るようにしか見えません...慎重に下りるのでかなり疲れます
下りきった天祥寺原は雰囲気良い感じです
2017年07月17日 09:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった天祥寺原は雰囲気良い感じです
苔の絨毯
2017年07月17日 09:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の絨毯
亀甲池へ
2017年07月17日 09:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀甲池へ
どう見たら亀甲なのかよくわかりませんでした
2017年07月17日 09:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どう見たら亀甲なのかよくわかりませんでした
シャクナゲ
2017年07月17日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
1
北横岳北峰
2017年07月17日 10:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰
2
さっき登った蓼科山のガスも取れました。大河原峠は右下にあって、そこから稜線を登っていきました
2017年07月17日 11:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき登った蓼科山のガスも取れました。大河原峠は右下にあって、そこから稜線を登っていきました
双子池(雌池)
2017年07月17日 12:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雌池)
二子山ヒュッテ、良いロケーションにあります
2017年07月17日 12:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山ヒュッテ、良いロケーションにあります
1
双子池(雄池)水がそのまま飲めます
2017年07月17日 12:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池(雄池)水がそのまま飲めます
2
二子山から、北横岳と蓼科山
2017年07月17日 13:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山から、北横岳と蓼科山
1
二子山山頂。ここも景色良いですね
2017年07月17日 13:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山山頂。ここも景色良いですね
1

感想/記録

蓼科山は高校の時の移動教室というやつで登った記憶のある山でした。石ゴロをえっちらおっちら体育着で登って、すごく疲れた思い出しかありませんでした。が、今回何十年ぶりかにリベンジ?(^^:
 記憶よりも楽に登った感のある石ゴロと、記憶通りの山頂の風景・・・蓼科山荘にも見覚えが・・・朝早く登ったのでガス多めでしたがリベンジ?は完了
 このコースで一番キツかったのは、蓼科山荘から天祥寺原への下りで、浮石・苔の生えた岩・濡れてる。というどう見ても転ぶとしか思えない下りを1時間・・・膝にきます。
 亀甲池から北横岳も結構な急登でキツイ...当初予定は大岳経由で周回するつもりでしたが、途中で会った方からかなりキツイと助言を受けピストンにしましたが、それでもヘロヘロ。ヤマレコの数値以上にスタミナを要求されました
訪問者数:293人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ