ヤマレコ

記録ID: 1199315 全員に公開 フリークライミング奥秩父

小川山2017夏キャンプ

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

感想/記録

3連休の土日に小川山へ。
メンバーは組長、海坊主さん、mepaさん、ハルル。家族キャンプを抜け出してきたMr.STも最後にちょっとだけ参加。

初日はソラマメスラブへ。
全く覚えていないが、以前講習か何かで来たことがあるはず。
お買い得と聞いていた「ソラマメハング」をサクッと登り、「スラブの逆襲」を本命にしようと考えていたが、例によって?思惑通りにいかず。

「ソラマメハング」のオンサイトトライはムーブが分からず、待っている人がいたため、ハングドッグ途中で下ろされるという情けない結果に。
その後上手い人の登りを参考にして、2便目でRP。分かってしまえば、確かにお買い得。
普段滅多にやらないので、キョンという選択肢が思い浮かばなかったのが敗因か?
結局本命を触らずしてこの日は閉店終了ガラガラ。

二日目は水晶スラブへ。
待っている間に、近くの「精神カンテ」というルートをアップで登ってみたところ、核心部のボルトがあまりにも貧弱で、ネジが弛んでいたため、ビビりながらムーブを起こしたら墜ちてしまい、冷や汗をかいた。
幸いにもボルトは無事だったが、それからはもう恐ろしくてムーブを起こせなくなってしまい、A0でトップアウトするハメに。
初めて見たその細いボルトは根元が露出しており、ネジは軽く摘まんで回せるほど弛く、ハンガーが浮いていた。
ムーブを起こす前に手で締めておいたが、墜ちた後に見たら、また弛んでいた。
ボルトがボロい!と言いながらオンサイトした組長は、さすが伝説のクライマー?

この日の本命は「あばたもエクボ」にしようかと考えていたが、次にトライした「越境者」に3便もかかってしまい、またしても思惑通りにいかず。
雨が降ってきたので撤収したらすぐに止んだので、場所をかえて最後に「WAKA」をトップロープにして遊んで終了。
前回は登るラインが分からず敗退したが、今回は大体のムーブが見えてきたので、また機会があれば、次はきちんとトライしたい。

二日目は苦手のスラブで10aに3便も出すという体たらくだったが、組長のアドバイスのおかげで少しは進歩があった。
それは下の手をプッシュの形にするというもので、実際に押せなくても、押す形にすることにより、自然とからだが壁に張りつくというもの。
どスラブは、立ち込むときにからだが壁から離れないようにするのがポイントだと思うので、意識しなくてもそうなる方法として、ありがたくいただいておいた。


登った&登れなかったルート

[初日]ソラマメスラブ
・生木が倒れたよ(5.8) 再登(たぶん)
・三色すみれ(5.9) 再登(たぶん)
・ロングロングアゴー(5.10b) 下部FL/上部OS
・ソラマメハング(5.10c) 2便でRP

[2日目]水晶スラブ〜ただの大岩
・精神カンテ(5.10a) A0TO
・越境者(510a) 3便でRP
・WAKA(5.11b) TRでお遊び
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1183
2017/7/19 14:46
 精神カンテ
小川山は雨降らなかったのか...ちっ...
いえいえ、こっちの話です。

2日間ともスラブだったのですね〜。
どちらもワタシは未訪なのですっ飛ばして読みましたが、
ボルトが緩んで浮いてるなんて、なんと恐ろしい!
そんなルートはごめんですね〜
もしかして緩いボルトは意図的な設定でこれで精神力を試されているのかも?
こんなところをOSする組長はさすが伝説のクライマーですが、もしかして組長のネジもユルんでるとか

あ〜クライミングにしときゃよかったですぜ〜
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1084
2017/7/19 19:01
 そうそう。
組長はネジが1本弛んでるからねー……って、何て恐ろしいことを!
破門になりますよ。

山は天気悪かったんですか?
始めからクライミングにしておけばよかったのにねー。
早めの判断をオススメいたします。

関連する山の用語

ロング キョン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ