ヤマレコ

記録ID: 1199324 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

編笠岳、権現岳 テント泊

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
 sagamirihei(感想)
, その他メンバー2人
天候晴れたりガスッたり
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
タクシー 運良く単独行の方と往復相乗りで、ありがとうございました!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
10分
合計
3時間50分
S観音平10:1011:10雲海11:2012:20押手川14:00青年小屋
2日目
山行
5時間30分
休憩
3時間30分
合計
9時間0分
青年小屋04:5005:00編笠山05:2005:30青年小屋07:0007:50ギボシ08:30権現岳08:5010:00青年小屋11:0012:20押手川12:40雲海13:0013:50観音平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にないがテントを担ぐと辛い
その他周辺情報延命の湯で
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

さよならまた明日
2017年07月15日 14:08撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよならまた明日
テン場〜
2017年07月15日 14:09撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場〜
赤岳方面から御来光の様子
2017年07月16日 05:06撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面から御来光の様子
雲海に浮かぶフジヤマ
2017年07月16日 05:08撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶフジヤマ
1
あみがさ〜って感じ
2017年07月16日 07:11撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あみがさ〜って感じ
ここからみると凄い登りのように見える
2017年07月16日 07:29撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからみると凄い登りのように見える
ギボシ
2017年07月16日 08:15撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシ
かっこいい阿弥陀赤岳
2017年07月16日 08:15撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい阿弥陀赤岳
1
先週は上手く撮れなかったニッコウキスゲ
2017年07月16日 14:04撮影 by FinePix J30 J32 J38, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週は上手く撮れなかったニッコウキスゲ

感想/記録

朝は鈍行に揺られはるばる小淵沢まで。
普段は電車内では寝つけないのだが何故か今回は良く眠れ気付いた時には甲府を過ぎていた。
小淵沢駅は改装オープンされたばかりのようでとても綺麗な駅舎になっていた。
オシャレなお土産屋さんも併設。
またサントリーの白州工場へのシャトルバスが出ているようで、
ロータリーはハイカーと観光客でごった煮かえしていた。
タクシーも供給が追い付かず15分くらい待たされたが先方の単独客がよければどうですかと言ってくれたのでお言葉に甘えて3人で乗車した。
20分ほどで観音平に着き、暑いが登り始める。
途中3回位休憩を挟みつつ、青年小屋に到着した。
久々のテント泊の装備を背負っての登りだったのでとても辛かった。
そしていつもの頭痛が酷くなったのとガスってきたので編笠岳登頂を翌日早朝に回した。
夕飯はNさん得意の海藻サラダ、ビーフンと贅沢に頂いた。
テン場は20時には静かになって、3時位まで良く眠れた。
4時半ごろから編笠岳に向かって登頂開始する。
日の出の逆光で映し出された権現、赤岳が格好良かった。
雲海の上にぽつりと浮かぶ富士山、南アルプスと綺麗に観れた。
またテン場に戻り、朝食の雑炊を頂いた。
ギボシから権現岳は遠くから観ると険しく見えたが雨も無く
風も穏やかだったので厳しくは無かった。
昼は共同食でカレーラーメンを頂く。麺がもちもちしてて美味しかった。
帰りも延命の湯まで行くという単独客にタクシーを同乗させてもらった。
訪問者数:128人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 雲海 ガス テン シャトルバス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ