また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1200115 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

アブ大発生で天狗岳を諦め霧ヶ峰をお散歩して翌日は昇仙峡

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
その他周辺情報諏訪 片倉館 千人風呂600円
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

霧が峰は天国みたいに美しいところだった
2017年07月15日 11:04撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が峰は天国みたいに美しいところだった
ニッコウキスゲが満開
2017年07月15日 11:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲが満開
背中に子供を一人ずつ
若いご夫婦
2017年07月15日 12:25撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背中に子供を一人ずつ
若いご夫婦
ソフトクリームが食べたくなるような雲
2017年07月15日 12:31撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソフトクリームが食べたくなるような雲
真澄で日本酒を試飲
2017年07月15日 16:28撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真澄で日本酒を試飲
昇仙峡
岩だらけ
2017年07月16日 10:22撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昇仙峡
岩だらけ
すごいルーフ
チョークの跡が
2017年07月16日 10:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごいルーフ
チョークの跡が
人生初のほうとう
おいしかった
2017年07月16日 11:45撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人生初のほうとう
おいしかった
ここ滑ってみたい
2017年07月16日 12:32撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ滑ってみたい
ボルダー発見
難しそう
2017年07月16日 12:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボルダー発見
難しそう
隣の岩にもチョーク跡
2017年07月16日 12:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の岩にもチョーク跡
関で味噌カツ丼
2017年07月17日 12:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関で味噌カツ丼
うだつの町並み
2017年07月17日 12:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うだつの町並み
晩御飯
2017年07月17日 18:00撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯
撮影機材:

感想/記録

前日から醤油樽の滝を計画していたけど、天気予報はなかなかいい返事をくれなかった。
Hがロープやガチャもザックに入れて名古屋を出発したけど、三連休の2日目の天気がいまいち。
増水や土砂崩れも各地で起こっているし、プチ沢登りは諦める事にした。
バックアップをほとんど考えていなかったので、天狗岳を日帰りピストンする事にし、登山口へ向かった。


着いた途端、そこには恐ろしい光景が広がっていた。
ブンブン虫が無数に飛んでいる。
アブの大群だ。
一人の男性は何匹もたかられ、手で必死に虫を払っている。
登山口に駐車した車にも虫がくっつき、一つのタイヤに5、6匹はいる。
路肩に駐車し、しばらく呆然とするHと私。
その間に到着し、ザックを背負い出発していく登山者を何人も見た。
「いや、無理でしょ」
「無理、無理」
Hと二人でそういい合うと、車を降りることなく撤退決定。
この辺りは梅雨明け間近にアブが大発生するそうだ。


そして霧が峰なら涼しくて虫もいないんじゃないか、ということになり、湿原やら車山山頂を周遊した。
ニッコウキスゲが満開で美しかったが、一部は厳重に柵で囲ってある。
写真を撮るのにどうしても移りこむので少し残念だけど、鹿が食べてしまうのだそう。


その後、諏訪で温泉に入ってから、真澄の酒蔵でHが試飲。
夜は諏訪で3件はしご酒。
どれも良かったけど、3件目の店が怪しかった。
最初、アジアンテイストで薄暗く入りづらかったので、一度通り過ぎたが、気になりすぎて勇気を出して入ってみると、ドレッドヘアの見かけとは裏腹の優しい店長がいて、見たこともないアジアの酒をたくさん紹介してくれた。
あとから来た二人の客も、一度通り過ぎたそうで、地元の人ではなかった。
カウンターでお隣に地元の女子もいて、楽しい時間を過ごせた。


翌日は昇仙峡という、日本一の(自称?)景勝地と呼ばれるところに行って見た。
切り立った渓谷の岩壁や滝は確かにすごかった。
ボルダーもあるそうなので探したが、チョーク跡のついた岩は確かにいくつかあった。
ルーフはかっこ良かったけど、難しそうだった。
しかし、マットを持ち込むには敷居が高すぎる感じだった。


そろそろ登山らしい登山せなかんなあ。
訪問者数:65人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ