ヤマレコ

記録ID: 1200371 全員に公開 ハイキング東北

和賀岳・高下から往復

日程 2017年07月18日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩手県県道1号線から分岐する林道は、全長7.5km。
前半3.5kmは道幅が狭いながらも舗装路。
後半4kmは、あまりひどくはない砂利道。
普通車でも安心して走行できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
がんばって2時間で登頂
コース状況/
危険箇所等
つい先日までは靴を脱がずに徒渉可能だった和賀川は、本日は最大水位50cmほど。
浅い場所を選ぶにしても、靴を脱ぐ必要性があります。
その他周辺情報日帰り入浴は、横手、北上方面に南下すると沢内バーデン(300円)があります。
高下登山口から約20km、30分ほどです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

高下登山口
駐車スペースは林道終点。
7〜8台駐車可能ですが、満車の場合、林道に路駐します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下登山口
駐車スペースは林道終点。
7〜8台駐車可能ですが、満車の場合、林道に路駐します。
1
登り始めから高下分岐までは、風の通らない樹林帯。
ブナの大木が魅力的ではありますが、つら〜い登りが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから高下分岐までは、風の通らない樹林帯。
ブナの大木が魅力的ではありますが、つら〜い登りが続きます。
高下分岐までがんばって登った分をほぼ全部下った先にあるのが和賀川。
写真の大きな岩と岩の間の流れは、水位50cmほど。
浅瀬はあるものの、それでも30cmはあります。
今回は、行き帰りともにこの岩と岩の間をジャンプでクリア。
川幅は2mほどありますので、跳躍力が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高下分岐までがんばって登った分をほぼ全部下った先にあるのが和賀川。
写真の大きな岩と岩の間の流れは、水位50cmほど。
浅瀬はあるものの、それでも30cmはあります。
今回は、行き帰りともにこの岩と岩の間をジャンプでクリア。
川幅は2mほどありますので、跳躍力が必要です。
7
その後は延々と風の通らない、展望のない登り。
しかも急登、急登の連続で休む場所なし。
それをクリアすると、こんな大展望が待っていますのでがんばって!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は延々と風の通らない、展望のない登り。
しかも急登、急登の連続で休む場所なし。
それをクリアすると、こんな大展望が待っていますのでがんばって!!
6
コケ平
和賀岳のピークが見えております。
わーい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平
和賀岳のピークが見えております。
わーい
7
コケ平ですので、コケてみました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ平ですので、コケてみました…
14
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
2
白い雲とこれから歩く道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い雲とこれから歩く道
1
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
ニッコウキスゲと和賀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと和賀岳
8
和賀岳を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳を見上げる
1
和賀岳へ続く道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳へ続く道
4
イワイチョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
ニッコウキスゲたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲたくさん
3
ホントにたくさんのニッコウキスゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントにたくさんのニッコウキスゲ
8
山頂北西の斜面に広がるニッコウキスゲの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北西の斜面に広がるニッコウキスゲの群落
3
チングルマは果穂に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは果穂に
2
今度はあちらも歩きたいねぇ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はあちらも歩きたいねぇ
今日はあの尾根が気持ちよさそうだ
早く道路工事終わりますように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はあの尾根が気持ちよさそうだ
早く道路工事終わりますように。
5
和賀岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和賀岳を振り返る
2
もう一回コケてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一回コケてみた
8

感想/記録

コーヒーを飲みながら「和賀岳はいつがベストですかね?」とcheezeさんと会話したのが6月。
先発のcheezeさんがベストなタイミングに訪れた和賀岳のレコをアップされたその日に報告に来てくれました。
ちょうどその二日後に計画していたこともあり、こちらもタイミングよろしく情報をいただきました。
その時に交わした会話に「2時間で登頂してみせます!」というのがありましたので、疲労はたまっているものの、がんばって登ってみました。
山頂直下のニッコウキスゲ群落に目を奪われ、足止めをくいながらもなんとかギリギリ2時間以内で登頂できましたので、約束は果たせました。

高下登山口からのコースは、コケ平に出るまでは見所なしと言っても過言ではないほど、この時期は面白みに欠けるだけでなく、とにかく暑い。
水分補給に気をつけるとともに、熱中症にも気をつけましょう。
私としては珍しく、今日は水分補給がはかどりました。

和賀川徒渉点は、タイミング次第でどんな状況かは行ってみないとわかりませんが、昨夜の降雨の影響で土日よりは水量が増えました。
土日のレコだとそのまま徒渉可能という状態でしたが、今日は靴を脱がねばならぬ水位。
裸足は痛いし、ケガのリスクもあるので、ビーチサンダルなどを持参するといいでしょう。
ズボンの裾も濡れないようにね。

精神的に辛い山ですし、とにかく体力が必要です。
それでも、東北の山を代表するような景観は素晴らしいの一言。
秋田駒ヶ岳や焼石連峰に挟まれた地味な山域ですが、一見の価値ありです。
訪問者数:430人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/23
投稿数: 680
2017/7/18 20:03
 こけ平
飛んだり、跳ねたり、元気のいいレコですね  普段ゆっくりのお仕事だから、発散しちゃうんでしょう  
こけ平は、特にこの時期は地獄から天国への逆転の場所ですよね、本当に感動的な風景だと、いつも思います。私が行ったとき、ここに折り畳みのデッキチェアだして、眺めている方もいらっしゃいました。
キスゲの季節が一番印象的ですが、和賀川の深い渓谷を染める紅葉の美しさも素晴らしい場所です。そして残雪期も。skimoに向いていると思いますよ。根菅と和賀がつながっていますから、長く歩けます。
登録日: 2016/9/1
投稿数: 67
2017/7/18 22:09
 Re: こけ平
ソロの時くらいは、思い切り山を楽しみたいと思う次第です
あの開放感なくしては、この山の魅力は語れませんね。
ほんの少しの幸福のために費やす努力。
確かに、山頂にいかずにのんびり、ゆっくり眺めたい景色ですね。

沢内バーデンに泊まりながら、ゆっくり冬の和賀岳も楽しめたらいいなと思います。
雪深い地域ですから、春遅くまで楽しめそうですしね。

東北の山は、とにかく紅葉が美しいですね。
和賀岳の紅葉も非常に魅力的で、美しい景観ですよね。
紅葉時期ならあの長い樹林帯も楽しいですしね。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ