また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1200650 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

黒部五郎岳 新穂高温泉から往復

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月17日(月)
メンバー
天候曇・雨
アクセス
利用交通機関
バス
新穂高温泉までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間25分
休憩
55分
合計
7時間20分
S新穂高温泉駅06:0007:15小池新道入口07:2010:25鏡平山荘10:3511:35弓折乗越11:4012:05くろゆりベンチ12:4013:20双六小屋
2日目
山行
7時間55分
休憩
25分
合計
8時間20分
双六小屋05:4507:30三俣蓮華岳07:4008:20三俣蓮華岳巻道分岐09:15黒部五郎小舎09:2011:25黒部五郎の肩11:40黒部五郎岳11:50黒部五郎の肩12:0014:05黒部五郎小舎
3日目
山行
8時間45分
休憩
45分
合計
9時間30分
黒部五郎小舎05:0506:35三俣蓮華岳巻道分岐06:4007:20三俣蓮華岳09:05双六小屋09:3010:30弓折乗越10:3511:10鏡平山荘11:1513:15小池新道入口13:2014:35新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り口から黒部五郎山頂まで雪渓はちょくちょくありました。あまり斜度がない所に溜まっているという感じなので危険ではありませんが、標高が低い所はズルズルなのでちょいとやっかい。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

新穂高温泉から出発!
2017年07月15日 06:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高温泉から出発!
登り始めます
うーん、気持ちいい
2017年07月15日 07:33撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めます
うーん、気持ちいい
沢もきれいです
2017年07月15日 08:16撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢もきれいです
雪渓もちょくちょく
2017年07月15日 08:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓もちょくちょく
穂高も見えてきました
2017年07月15日 08:23撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高も見えてきました
鏡平から定番の槍
2017年07月15日 10:15撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平から定番の槍
鏡平山荘で一休み
2017年07月15日 10:22撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘で一休み
さて、登りますよ
2017年07月15日 10:34撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、登りますよ
結構長い雪上、平らなので問題なし
2017年07月15日 11:08撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構長い雪上、平らなので問題なし
双六方面に尾根を行きます
2017年07月15日 11:57撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六方面に尾根を行きます
くろゆりベンチで
まだつぼみが多かったです
2017年07月15日 12:42撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろゆりベンチで
まだつぼみが多かったです
双六への直登は雪のため通行止め
中道の途中から山頂へ行けます
2017年07月15日 13:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六への直登は雪のため通行止め
中道の途中から山頂へ行けます
足がつり気味なので、今日は双六小屋にお泊り
2017年07月15日 13:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足がつり気味なので、今日は双六小屋にお泊り
正面に鷲羽
水晶方面から見るより、こちらから見る方がかっこいい
2017年07月15日 13:19撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に鷲羽
水晶方面から見るより、こちらから見る方がかっこいい
2
おはようございます
中道を行きます
2017年07月16日 05:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます
中道を行きます
少し上がると槍も見えてきます
2017年07月16日 06:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上がると槍も見えてきます
三俣蓮華へ向かいます
2017年07月16日 06:29撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華へ向かいます
赤牛方面
2017年07月16日 07:33撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛方面
目標の黒部五郎が見えてきました
2017年07月16日 07:34撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標の黒部五郎が見えてきました
1
こっちも雪が残ってますね
2017年07月16日 08:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも雪が残ってますね
黒部五郎小舎で一休みして
2017年07月16日 09:15撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎で一休みして
2
カールルートへ
2017年07月16日 09:19撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールルートへ
1
庭園みたいですがガスガス
2017年07月16日 10:14撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庭園みたいですがガスガス
2
幽玄な風景を楽しみましょう
2017年07月16日 10:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽玄な風景を楽しみましょう
1
長い雪渓過ぎて
2017年07月16日 10:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い雪渓過ぎて
1
登りに取り掛かります
2017年07月16日 11:04撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りに取り掛かります
1
尾根にでたら風が冷たいし、前が全然見えない
2017年07月16日 11:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にでたら風が冷たいし、前が全然見えない
1
黒部五郎到着!
山頂票を見落とすところでした
風がすごいので早々に退散
2017年07月16日 11:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎到着!
山頂票を見落とすところでした
風がすごいので早々に退散
2
雷鳥いた!
オスですね
2017年07月16日 11:44撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥いた!
オスですね
3
カールの底は雪だらけですが、斜面はお花畑
2017年07月16日 12:23撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールの底は雪だらけですが、斜面はお花畑
1
ほとんど真っ白ですが、雪の上に道しるべが置いてあるので大丈夫
2017年07月16日 13:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど真っ白ですが、雪の上に道しるべが置いてあるので大丈夫
1
鞍部に戻ってきました
2017年07月16日 13:21撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に戻ってきました
1
黒部五郎小舎にお泊り
少ししたら豪雨になりました
2017年07月16日 14:04撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎にお泊り
少ししたら豪雨になりました
2
おはようございます
雨の中を出発
2017年07月17日 05:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます
雨の中を出発
結構な登りです
おまけに道は沢みたいになってます
2017年07月17日 05:11撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な登りです
おまけに道は沢みたいになってます
風雨が強い中
2017年07月17日 06:49撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雨が強い中
三俣蓮華でも真っ白
2017年07月17日 07:20撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華でも真っ白
1
少し視界が良くなってきました
2017年07月17日 07:56撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し視界が良くなってきました
中道ではシャクナゲ満開
2017年07月17日 08:32撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道ではシャクナゲ満開
双六小屋で一息
2017年07月17日 09:06撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋で一息
段々と晴れてきた中を下山方向へ
2017年07月17日 09:29撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と晴れてきた中を下山方向へ
尾根の向こうに笠ヶ岳も見えてますね
2017年07月17日 09:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の向こうに笠ヶ岳も見えてますね
2
朝からこの天気だったら良かったのに〜
2017年07月17日 10:26撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝からこの天気だったら良かったのに〜
弓折乗越から降下
2017年07月17日 10:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越から降下
鏡平山荘で一休み
2017年07月17日 11:12撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘で一休み
かなり暑いので雪渓はじゅるじゅる滑る
2017年07月17日 11:44撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり暑いので雪渓はじゅるじゅる滑る
秩父沢は涼しい
2017年07月17日 12:31撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢は涼しい
登山口に到着
2017年07月17日 13:18撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着
撮影機材:

感想/記録

海の日なので山に行かなきゃ、ということで黒部五郎に行ってきました。

1日目、深夜バスで新穂高温泉に到着し、左俣を行きました。雪渓が残っている箇所が度々出てきますが、緩い斜面なので問題ありません。のぼりは段々ときつくなっていきますが、この時点では快晴だったので汗だくでした。鏡平で休憩して尾根への急登へ取り掛かり、弓折乗越に上がったら槍・穂高が目の前に。この光景だけでも登った甲斐がありますね。
かなり汗をかいたせいか、尾根道を進んでいる途中で足がつり気味になってきたので、くろゆりベンチでゆっくり。今日は双六小屋に泊まることにしました。

2日目、どうも天気が怪しい。鷲羽を眺め、中道を行きました。双六への直登路は通行止めで、山頂へは中道の途中から春道で行けますよ。三俣蓮華に到着した頃はかなり天気が悪くなってきて雨が降らないことを祈るばかり。ここまで来ると見える山が変わってきて、薬師、黒部五郎がどどんと現れます。
黒部五郎小舎に着いたら少し休んで、カールルートを黒部五郎に向けて出発。きれいな沢をいくつも過ぎて庭園のような広場をゆっくりと上がっていきます。雪が結構残ってますが、道しるべが置いてあるので大丈夫。稜線への登りにとりかかると、ここらあたりは花が咲いていました。稜線に出たらあらら強風です。ガスで前が良く見えないので、置いてあるだけの山頂標を見逃すところでした。
風がすごいのでさっさと退散し、稜線から降りている途中で雷鳥発見。ガスで全然回りが見えない中で、手前にひょいと現れました。白くけぶるカールの中をゆっくり歩いて黒部五郎小舎に戻りました。少し経ったら豪雨になってきて、明日はどうなるんだろう。

3日目、雨が降っている中を出発。沢のように水が流れる急坂を長いこと登り、三俣蓮華への尾根に出たら今度は風が強くて顔に雨がビチビチと当たり、風景を眺めるどころではなく悲しい気分。でも、三俣蓮華を超えたあたりから雲も薄くなり双六小屋に着く頃には周りの山も見えてきました。ここで雨具を脱いで尾根道を行くと向こうに笠ヶ岳も見えました。弓折乗越で槍ヶ岳を正面に見てから下山開始。もうすっかり晴れて暑いくらい、もっと早く天気が良くなっていればなぁ。下山も汗かきながら登山口に着きました。

海の日の三連休っていつも雨降りますよね。メインの黒部五郎の風景が楽しめなかったのが心残り。またいつか来ます。
訪問者数:421人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ