ヤマレコ

記録ID: 1201416 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北穂高岳 涸沢テント泊ベース

日程 2017年07月15日(土) 〜 2017年07月18日(火)
メンバー
天候15日:晴れ時々くもり
16日〜17日:小雨のち晴れ、夕方〜朝は雨風強め
18日:小雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
あかんだな駐車場(1日600円)
バス(各時20分と50分出発、往復2050円、7日間有効)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間19分
休憩
3分
合計
1時間22分
S上高地バスターミナル16:0516:08無料トイレ16:13小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)16:1416:47明神館16:4916:52徳本口(徳本峠分岐)17:26徳澤園17:27宿泊地
2日目
山行
4時間15分
休憩
35分
合計
4時間50分
宿泊地07:5408:06新村橋(パノラマ分岐)08:0908:48横尾 (横尾山荘)09:0209:26横尾岩小屋跡10:22本谷橋10:3712:02Sガレ12:0312:41涸沢ヒュッテ12:4312:44涸沢
3日目
山行
4時間27分
休憩
2時間2分
合計
6時間29分
涸沢07:1007:13涸沢小屋07:1809:38北穂高岳・天場09:5510:06北穂高岳(北峰)10:2110:22北穂高小屋11:4511:50北穂高岳・天場13:34涸沢小屋13:3613:39涸沢
4日目
山行
4時間21分
休憩
1時間11分
合計
5時間32分
涸沢07:5808:00涸沢ヒュッテ08:1208:34Sガレ09:13本谷橋09:1909:48横尾岩小屋跡10:00横尾 (横尾山荘)10:2411:05新村橋(パノラマ分岐)11:0611:30徳澤園11:5312:37徳本口(徳本峠分岐)12:3812:42明神館12:4313:16小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)13:1713:23河童橋13:2513:30上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
涸沢ヒュッテ下400m程度に雪渓有るが、踏み跡をたどればアイゼン必須でない。
北穂高岳山頂直下の雪渓は階段になっており、歩きやすい。
その他周辺情報予備日が余ったので下呂温泉に宿泊
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット
備考 耳栓、日焼け止め(ヘルメットは日よけにならず、帰宅後に顔と耳が一皮むけた)

写真

徳沢園で岩魚定食1600円。
2017年07月15日 18:04撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢園で岩魚定食1600円。
改めて徳沢園到着。
2017年07月15日 18:30撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて徳沢園到着。
3連休の初日なのでテントいっぱい。
2017年07月15日 18:31撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3連休の初日なのでテントいっぱい。
未踏の地に足を踏み入れる。
2017年07月16日 07:57撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未踏の地に足を踏み入れる。
新村橋
2017年07月16日 08:08撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋
1
ようやく横尾
2017年07月16日 08:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく横尾
いよいよ登り
2017年07月16日 09:32撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ登り
本谷橋でひと休み
2017年07月16日 10:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋でひと休み
雪渓。上の方は雲の中。
2017年07月16日 11:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓。上の方は雲の中。
とても綺麗な石組みに感謝。
2017年07月16日 11:24撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗な石組みに感謝。
アイゼン無しで雪渓歩き開始。
2017年07月16日 12:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン無しで雪渓歩き開始。
ようやくヒュッテが見えてきた。
2017年07月16日 12:40撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくヒュッテが見えてきた。
テント設営後、遅めのランチ。カレー1000円。
2017年07月16日 13:32撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営後、遅めのランチ。カレー1000円。
改めて涸沢ヒュッテ到着。
2017年07月16日 13:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて涸沢ヒュッテ到着。
テントは雪の上に設置せざるを得ず。
2017年07月16日 13:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントは雪の上に設置せざるを得ず。
1
手書きの地図。
2017年07月16日 13:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きの地図。
テントは雪渓の崖の上。雨で雪が溶けて翌日崖崩れ、石が落ちてテント傾く。
2017年07月16日 13:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントは雪渓の崖の上。雨で雪が溶けて翌日崖崩れ、石が落ちてテント傾く。
目覚めると目指す北穂高岳は雲の中。どうしようか悩む。(写真にムレ感出ちゃってます。)
2017年07月17日 04:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目覚めると目指す北穂高岳は雲の中。どうしようか悩む。(写真にムレ感出ちゃってます。)
予報では回復するとのことで、いざ出発。
2017年07月17日 07:07撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報では回復するとのことで、いざ出発。
雪の階段と鎖場でちょっと渋滞中。
2017年07月17日 08:22撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の階段と鎖場でちょっと渋滞中。
梯子はちょっと寝ているので恐怖感なし。
2017年07月17日 08:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子はちょっと寝ているので恐怖感なし。
花。後ろは黒百合と教えてもらった。
2017年07月17日 08:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花。後ろは黒百合と教えてもらった。
花その2。色々咲いてる。
2017年07月17日 08:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花その2。色々咲いてる。
奥穂高岳。
2017年07月17日 09:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳。
花と小さいヒュッテ。
2017年07月17日 09:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花と小さいヒュッテ。
長い岩場。浮石に気をつけねば。
2017年07月17日 09:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い岩場。浮石に気をつけねば。
前穂高岳。
2017年07月17日 09:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳。
1
やっと小屋が少し見えた。
2017年07月17日 09:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと小屋が少し見えた。
涸沢岳。
2017年07月17日 09:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳。
奥穂高岳その2。
2017年07月17日 09:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳その2。
テン場と風よけ。かなり厳しい体験ができそう。
2017年07月17日 09:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場と風よけ。かなり厳しい体験ができそう。
やっと北穂分岐。
2017年07月17日 09:59撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと北穂分岐。
雪の階段に感謝。
2017年07月17日 10:02撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の階段に感謝。
北穂高岳山頂到着。登り終了。
2017年07月17日 10:14撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高岳山頂到着。登り終了。
3
槍も見えた。今日登って良かった。
2017年07月17日 10:19撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も見えた。今日登って良かった。
2
北穂高小屋
2017年07月17日 10:20撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋
1
牛丼にした。
2017年07月17日 11:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛丼にした。
ランチは11時から。
2017年07月17日 11:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチは11時から。
小屋から直接涸沢が見えた。
2017年07月17日 11:45撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から直接涸沢が見えた。
階段の整備ありがとうございます。
2017年07月17日 11:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の整備ありがとうございます。
涸沢到着後、青空見えたけど、この後また朝まで雨。
2017年07月17日 15:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢到着後、青空見えたけど、この後また朝まで雨。
1
雪の上は寒く結露もひどかったので、岩場にお引っ越し。雪上より水平にはならないがやむを得ず。
2017年07月17日 15:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上は寒く結露もひどかったので、岩場にお引っ越し。雪上より水平にはならないがやむを得ず。
横尾にて雨仕様から晴仕様に変更のため、久しぶりの撮影。あ〜涼し〜。
2017年07月18日 10:26撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾にて雨仕様から晴仕様に変更のため、久しぶりの撮影。あ〜涼し〜。
雨に洗われて輝く緑。
2017年07月18日 10:39撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に洗われて輝く緑。
苔に癒やされる。
2017年07月18日 11:10撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔に癒やされる。
徳沢園でカレーそば800円。
2017年07月18日 11:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢園でカレーそば800円。
昼なのに夜の雰囲気。
2017年07月18日 11:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼なのに夜の雰囲気。
明神通過。
2017年07月18日 12:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神通過。
雨降ったはずなのに全く濁りなし。天然フィルター凄い。
2017年07月18日 13:15撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降ったはずなのに全く濁りなし。天然フィルター凄い。
河童橋到着。無事帰って来れて感謝。
2017年07月18日 13:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋到着。無事帰って来れて感謝。

感想/記録

今年からテント泊登山を始めようと思い、用具を買い揃えましたが、予行演習は地元でのテント泊のみで、テン泊装備での登山どころか水平歩行もできないまま、ぶっつけ本番になってしまいました。よって、余裕を持った日程を計画することにしましたが、やはりかなりきつかったです。
初日は17時迄に徳沢園に入って、夕食を予約するつもりでしたが、道路渋滞等で上高地BTに着いたのが16時前。ダメ元で電話し、18時無条件膳出しを了承して予約させてもらいました。その後早足で歩き出したのですが、始めてのテン泊装備での長距離歩行のため、いつもは何ともない足の付け根が張ってきて、かなりしんどかったです。何とか17時半に到着し、テント設営後、食事に有りつけました。(本来は17時迄に現地で予約、18時食事開始というルールです。)
2日目(涸沢移動)は時間に余裕があったので、休憩を多めにとって、ザックの重みを味わいながら、ゆっくり登りました。正確には、ゆっくりでしか登れませんでした。テント設営とランチ後しばらくして雨が本降りになりました。
3日目(北穂アタック)の朝、雨はほぼ止んでいるものの岩が滑りやすい状況。でも昼には晴れる予報。悩みましたが登ることにしました。実際すぐに乾いて、殆ど滑りませんでした。前日に比べればずいぶん軽いアタックザックでの登山ですが、急な登りと空気も薄いのでゆっくり登りました。カッパを脱ぐと降られそうな気がして、暑いけどカッパを着たまま。山頂到着後しばらくは槍ヶ岳が見えていたのですが、すぐに雲に隠れてしまいました。もっと撮っておくんだった、と後悔しても時既に遅し。岩場、鎖場、梯子の難易度は普段登っている地元の山とそれほど変わらず(高度は違うものの)、着実に登れば問題ありませんでした。下山後、異常に喉が乾き、頭痛もひどい。水分はこまめに取っていたつもりでしたが、脱水症状だったかもしれません。今後はもっと気をつけないと。
4日目も雨風でなかなかテント撤収する気になれず、少し止んだ瞬間に無造作に丸めてザックのネットに押し込んで、カッパ着て下山しました。横尾からの平地も長くてしんどかったです。
涸沢でのテント内の最低気温は8度くらいでモンベルのシュラフ#3とスウェット上下で快適でした。(ただし、風雨がテントを揺らず度に起こされましたが…)
今回北穂高岳には登れましたが、雨具が大活躍する事になってしまい、モルゲンロートと星空を全く見れなかったので、また9月にでも再チャレンジしたいです。
訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ