また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1202318 全員に公開 フリークライミング御在所・鎌ヶ岳

御在所 中尾根マルチピッチ

日程 2017年07月19日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ→くもり→小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

中尾根の前日、伊木山でのセルフレスキュー訓練の模様を少し
懸垂下降のおさらい
2017年07月18日 10:29撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根の前日、伊木山でのセルフレスキュー訓練の模様を少し
懸垂下降のおさらい
七分の一引き揚げシステム
2017年07月18日 10:47撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七分の一引き揚げシステム
1
三分の一引き揚げシステム
2017年07月18日 10:51撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三分の一引き揚げシステム
そして中尾根チャレンジの朝、藤内小屋
アドレナリンが大放出中
2017年07月19日 07:13撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして中尾根チャレンジの朝、藤内小屋
アドレナリンが大放出中
天気はジメジメ系
2017年07月19日 07:39撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はジメジメ系
前尾根を見てしまうと、あのやさしいラインを楽しく登りたくなる
2017年07月19日 08:11撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前尾根を見てしまうと、あのやさしいラインを楽しく登りたくなる
1
いよいよ始まる中尾根1ピッチ目取り付き
ボルトはほとんどない、ナチュラルプロテクションがメインのルートです。山ほどカムをぶらさげての登攀開始です。
2017年07月19日 08:53撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ始まる中尾根1ピッチ目取り付き
ボルトはほとんどない、ナチュラルプロテクションがメインのルートです。山ほどカムをぶらさげての登攀開始です。
1
錆びたハンガーボルトはいくつかありますが、未知数です
2017年07月19日 09:54撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錆びたハンガーボルトはいくつかありますが、未知数です
ダイレクトルートを行きます
アブミを設定して一部人工とします
2017年07月19日 10:56撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイレクトルートを行きます
アブミを設定して一部人工とします
最終ピッチ
登攀開始直後に墜落。唯一かけたカムが効いて、相方のビレイにも助けられ怪我なし
2017年07月19日 14:03撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終ピッチ
登攀開始直後に墜落。唯一かけたカムが効いて、相方のビレイにも助けられ怪我なし
終了点から御在所山上公園にトップアウト。
キケンでした
2017年07月19日 17:11撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点から御在所山上公園にトップアウト。
キケンでした
裏道で下山予定でしたが、精根尽き果てロープウェイにて下山
最終ギリギリです
2017年07月19日 17:21撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏道で下山予定でしたが、精根尽き果てロープウェイにて下山
最終ギリギリです
1
撮影機材:

感想/記録

中尾根チャレンジの前日、伊木山でセルフレスキューの訓練を実施。各種引き揚げシステム、カウンターラッペル、振り分け救助など。アクシデントに対応できるように日々精進です。
 そして、翌日中尾根マルチピッチにチャレンジ。
 中尾根は、セカンドでしか登攀したことがありませんでした。今回リードでの挑戦です。
 感想は、しばらく登りたくない・・・・
 なんとかすべて登り切り、無事に帰れましたが、何度か覚悟を決めて壁にへばりつくという場面がありました。ナチュラルプロテクションを信用しきれていない恐怖感は強烈です。最終ピッチ、一個目のカムを決めた直後にフォールしてしまい、ほぼ地面に身体がついてしまいました。これも初めての経験でした。
 ほかにも各種アクシデントが発生、まだまだ経験を積まなければいけないと気づかされました。
 疲れ切ったので、片道ロープウェイで下山し、本日終了です。
訪問者数:171人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

懸垂下降 ロープウェイ 登攀 ビレイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ