また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1202510 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳テント泊

日程 2017年07月19日(水) 〜 2017年07月20日(木)
メンバー
天候曇り時々晴一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大鹿村鳥倉林道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間53分
休憩
31分
合計
3時間24分
Sスタート地点06:4207:17鳥倉林道登山口07:2408:19豊口山のコル08:2609:03水場09:1009:36塩川・鳥倉ルート合流点09:4610:06三伏峠小屋
2日目
山行
8時間41分
休憩
1時間47分
合計
10時間28分
三伏峠小屋04:2304:34三伏山04:3605:22本谷山05:2306:42塩見小屋06:4507:40塩見岳07:4107:44塩見岳東峰08:0908:13塩見岳08:54塩見小屋09:0510:30本谷山10:3211:08三伏山11:17三伏峠小屋12:1112:26塩川・鳥倉ルート合流点12:2913:00水場13:0113:34豊口山のコル14:15鳥倉林道登山口14:1614:48鳥倉林道ゲート(駐車場)14:5114:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初日に往復も考えたが、午後からはガスがかかるので止めて、近くにある烏帽子に上った。そこからの塩見岳がすばらしかった。
コース状況/
危険箇所等
ルート上は良く整備されている。登山口から峠小屋までは1/10のコース案内があるので目安となる。終始林の中なので暑い日差しを受けないのが良い。途中の水場は細い。三伏小屋下に水場がある。
その他周辺情報出来れば午後5時前ビガーランド(道の駅タイプで食事が出来る5時まで)に立ち寄り、横にある観光協会で観光ロードマップを手に入れると良い。5時以降での食事は塩の里。入浴は赤石荘(天然温泉で500円)が近い。ビガーランド近くに大西公園が有り車中泊が可能(水、トイレ)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スリッパ
共同装備 ランタン

写真

早朝の駐車場の風景。前日からの車中泊の車で7〜8割埋まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の駐車場の風景。前日からの車中泊の車で7〜8割埋まっている。
ゲート前の登山届け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート前の登山届け
ゲート。定期バスは通過できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート。定期バスは通過できる。
谷を大きく回り込んで登山口付近から駐車場を撮る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を大きく回り込んで登山口付近から駐車場を撮る
取り付き地点から最初の風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き地点から最初の風景
途中の風景。針葉樹の森を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の風景。針葉樹の森を行く
1/10の標識があり目安となるが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1/10の標識があり目安となるが。
谷間に木道の橋が多くあり滑らないようにゆっくり登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間に木道の橋が多くあり滑らないようにゆっくり登る。
三伏小屋の正面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏小屋の正面。
時間があるので、近くの烏帽子岳に向かうが途中のお花畑がすばらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるので、近くの烏帽子岳に向かうが途中のお花畑がすばらしい。
烏帽子岳からバックに塩見岳。ここからの眺望は絶景である。小河内岳の稜線や避難小屋が遠望できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳からバックに塩見岳。ここからの眺望は絶景である。小河内岳の稜線や避難小屋が遠望できる。
1
すぐ近くに水場があり。癒しの空間もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くに水場があり。癒しの空間もある
早朝のテント場の風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝のテント場の風景
目標の塩見岳が赤く染まり始めた。まだ遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標の塩見岳が赤く染まり始めた。まだ遠い
1
本谷山に着いた。ここから角度を変える。
差し込んでくる朝日もやや斜光となってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山に着いた。ここから角度を変える。
差し込んでくる朝日もやや斜光となってきた。
振り返ると朝日の中に今渡ってきた尾根が明るい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると朝日の中に今渡ってきた尾根が明るい
塩見小屋。小さな小屋は真新しい小屋である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋。小さな小屋は真新しい小屋である。
小屋の上に山頂が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の上に山頂が見える。
登り始めると、大きな音がして振り向くと小屋の上にヘリが荷下ろしをしていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めると、大きな音がして振り向くと小屋の上にヘリが荷下ろしをしていた。
朝日を受けて尾根が輝いてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受けて尾根が輝いてきた。
岩場に掛かると様々な花々が迎えてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に掛かると様々な花々が迎えてくれる
小屋に泊まった先客が下ってくる岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に泊まった先客が下ってくる岩場。
ひときわ目立つ、ハクサンイチゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ目立つ、ハクサンイチゲ
岩場のルートは鮮明で解りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のルートは鮮明で解りやすい。
ガスの向こうに東峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの向こうに東峰
その東峰から振り返る西峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その東峰から振り返る西峰。
東峰3052m。一人で休憩していると小鳥の声がする。すぐ横の絶壁にイワツバメの巣があった。近づくとぴたりとやんだ。静かな山頂のひととき。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰3052m。一人で休憩していると小鳥の声がする。すぐ横の絶壁にイワツバメの巣があった。近づくとぴたりとやんだ。静かな山頂のひととき。
2
後から着いた青年は、山頂を越えて熊ノ平向けて尾根を降っていった。間の岳に向かい仙丈ヶ岳から下山すると言っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後から着いた青年は、山頂を越えて熊ノ平向けて尾根を降っていった。間の岳に向かい仙丈ヶ岳から下山すると言っていた。

感想/記録

林道歩きはつまらない。テント場から約15分程下った先に水場があるので持参する必要なし。時間があれば是非烏帽子に上ることを進める。途中のお花畑がすばらしい。烏帽子からの眺望も良い。
訪問者数:499人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ