また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1202838 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

中蒜山~上蒜山/水分補給と発汗量について

日程 2017年07月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
36分
合計
6時間12分
S中蒜山登山口11:0712:44中蒜山9合目12:4512:54中蒜山13:2314:27上蒜山14:3214:52槍ヶ峰(八合目)16:01上蒜山登山口16:0217:16中蒜山登山口17:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

車で移動中に見えた上蒜山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で移動中に見えた上蒜山
この先足元注意です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先足元注意です
こんな感じの木の根の階段が多かったですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの木の根の階段が多かったですね
風景はあまり変化がないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風景はあまり変化がないです
五合目。蜂が寄ってきてキャー来ないでーといいつつパシャリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目。蜂が寄ってきてキャー来ないでーといいつつパシャリ
このあたりから八合目あたりまでちょっと岩場みたいになってました。手が汚れるのがいやならグローブしておいたら良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから八合目あたりまでちょっと岩場みたいになってました。手が汚れるのがいやならグローブしておいたら良いです。
下蒜山〜中蒜山までの縦走路に中蒜山登山道が合流するようになってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下蒜山〜中蒜山までの縦走路に中蒜山登山道が合流するようになってます。
分岐からみた蒜山高原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からみた蒜山高原
中蒜山山頂の手前に避難小屋。最初見逃しましたが、この手前の立て札が上蒜山への分岐になっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中蒜山山頂の手前に避難小屋。最初見逃しましたが、この手前の立て札が上蒜山への分岐になっています
中蒜山山頂からみた上蒜山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中蒜山山頂からみた上蒜山
このさき下山禁止だそうです。どこから上蒜山に行くんだろうと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このさき下山禁止だそうです。どこから上蒜山に行くんだろうと思いました。
1
最初見逃した分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初見逃した分岐
縦走路を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を振り返る
1
日本海側。右手の方が関金から倉吉中心部方面だと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海側。右手の方が関金から倉吉中心部方面だと思います。
1
また縦走路を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また縦走路を振り返る
1
結構鎖が長いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構鎖が長いです
この辺が鎖の始まり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が鎖の始まり
上蒜山山頂まであとすこしのところから見る中蒜山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上蒜山山頂まであとすこしのところから見る中蒜山
山頂挟んだ向かい側の下山ルートは稜線になってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂挟んだ向かい側の下山ルートは稜線になってます
1
上蒜山から見た中蒜山と下蒜山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上蒜山から見た中蒜山と下蒜山
1
地理院地図だとこっち側(蛇ヶ乢方面)に三角点があるっぽいですけどまた藪漕ぎする勇気がありませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院地図だとこっち側(蛇ヶ乢方面)に三角点があるっぽいですけどまた藪漕ぎする勇気がありませんでした
山頂挟んだ向かい側から見えた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂挟んだ向かい側から見えた稜線
1
槍ヶ峰から振り返って見る上蒜山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰から振り返って見る上蒜山
1
前方で稜線が見えなくなるあたりから下りが少し急になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方で稜線が見えなくなるあたりから下りが少し急になります
よくある樹林帯の登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくある樹林帯の登山道
下って振り返る階段。まっすぐで登るの面倒くさそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って振り返る階段。まっすぐで登るの面倒くさそう
上蒜山登山口周辺は牧場になっているようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上蒜山登山口周辺は牧場になっているようです
牛対策で跨がないと通れません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛対策で跨がないと通れません

感想/記録

夏以外も滝汗で困っているのですが、ドリンク摂取量を適量にすると、発汗量が抑えられ体調に好影響を与えるらしいので、実際どうなんだろうと蒜山にいきました。

体重100kg計算なら500ml/hが適量なんでしょうが、最近行った三瓶や大山で800ml/hでした。夏であることを加味しても600ml/hくらいまででしょうか?スポーツドリンクをメインにして飲む量を500ml程度にセーブしながら進むことにしました。6時間の行動時間の予想で、持参分は余裕を持たせて5ℓです。

序盤の発汗が特にひどいのでまずはアイスノンシャツミストを吹きかけつつ、熱中症対策で首に巻く保冷剤タオルを使ってスタートです。中蒜山登山口からスタートで中蒜山から上蒜山まで縦走し、上蒜山登山口へ下山する計画です。

序盤は体調に問題はありませんでした。一合目の先が渇れた沢みたいなところを通るので雨の日や降雨のあとは大変かもしれないですね。中蒜山登山道は東西に延びた山を真正面から上っていくので、今回通らなかったですが、多分下蒜山よりも急ではないかと思います。

経験上心拍数が上がると発汗量がひどくなるので、ゆっくり目で進んでいきました。傾斜は大山夏山登山道と大差ないですけど、発汗量は抑えられていたように感じます。特に顔が顕著でした。

中蒜山山頂に到着時点で水分消費量は1ℓ、106分経過で上りなら適正の範囲内でしょうか。

中蒜山で30分ほど休憩して上蒜山に向けて出発。上蒜山から来たというシニアのご夫婦に上蒜山の様子を聞いてみると縦走路の上の方は草が刈ってない(半ば藪漕ぎ)が、それ以外は刈ってあって大丈夫との話。上蒜山への分岐を少し進むと別の方とすれ違い、滑りやすい個所があるらしいと聞きました。

鞍部の先まで開けた縦走路で暑いこと以外は楽でしたけど、そのあとの上りが話の通りで、ここを下るのは恐ろしいなという具合でした。そこまでひどい傾斜じゃないですが鎖場になっていて、ところどころ草木が茂って足元が見えづらい状況でした。下りだとほとんど足元見えない箇所が多そうです。(あとで知りましたが下蒜山縦走路の藪漕ぎの方がひどいようですね。覚悟も装備もしてなかったので行かなくてよかった)

お手軽藪漕ぎ体験で最近話題のマダニさんと仲良くなれそうな気がしてましたが、上蒜山で見てみてもくっついていなくて何とかセーフ。勘弁してよ〜と思いつつ突き進んでいたので発汗量が多く水分消費も少し多くなったように思います。休憩と上蒜山までで1ℓ強の消費でした。

上蒜山からの下りはわりと長い間開けた稜線がつづいて、中蒜山ルートより快適です。下蒜山を入れた三座縦走なら下蒜山方面からスタートするのが楽かもしれないです。上蒜山登山口に到着したのはスタートから約5時間経過後でした。下りが楽だったので1時間半で500mlくらい、ここまでのトータルで2.6ℓ消費です。

中蒜山の駐車場までは約6kmで起伏は激しくないだろうし大丈夫だろうと歩きで戻りましたが、舗装路で足の裏が痛かったです(笑) なんとか17時過ぎに駐車場に戻り、塩釜の冷泉で水を汲もうと思ったら水が止まってました。湧き水も営業時間があるんでしょうか。

行動中の水の消費は最終的に3ℓで、時間当たり約500ml。スポーツドリンクと真水の割合は2:1、消費量は目標通りで、体調に特に異変はなく熱中症の兆候もありませんでした。今後も続けて様子を見ようと思います。

今回感じたのはある程度発汗量は抑えられそうということ(最終的に衣服はびちゃびちゃでしたけど)。それと口の中が乾く感覚が出たらセーブせずに早めに水分補給するのが良さそうです。発汗量がコントロールできない状況もあるので、(夏は特に)多めに水分は持っておいた方が安心ですね。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ